Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

西中原中

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

英検開催!

001

003

テストで高得点をとる方法

テストで高得点をとる方法を教えます。



答えは、ただ一つ…。



見直しをすることです!


006

もちろん、学力は必要です。日々の鍛錬は不可欠です。
見直しをする時間をつくるために「速く解く」ことも必要です。


しかし、これらは日々の学びの中で、力がついてくるものです



今日の中3クラスで「(数学)100点がとれた」と聞き、写真を撮らせて頂きました。顔はNGです。



しかし、後で判明しましたが、他の中3クラスにも満点の生徒がいました。



二人とも淡々としていて、「すごいなあ。成長しているなぁ」と思いました。



二人とも、入塾したのは最近なので、



英数学院に入ってから、急速に力をつけました。



この二人なら、勝って兜の緒を締めてくれるでしょう。

自習室の神

028
自習室、どんどん活用してくださいネ。

前期期末対策講習

楽しかった夏休みも終わりですネ。
明日から、英数学院では、学校別の前期期末対策講習を行います。

002試験範囲を復習して、期末試験で高得点を狙う講習です。

明日は、西中原中生が対象です。西中原中生は、期末が終わったらすぐ体育祭です。スケジュールが大変ですが、夏バテしないようにしよう!

我々は全力で生徒たちをサポートします!!

自分に負けるな!!

夏期講習 後半戦がスタート


003
今日から、夏期講習の後半戦が始まりました。

さて、中学生は夏休み明けに前期期末テストがあります。
後半戦では、期末に向けた対策も含めて、授業を行ってまいります。

私は中2の英語を担当しております。

夏休みも残りわずかとなってきました。まずは、宿題を終えていない生徒は、早めに終わらせましょう。そして、試験勉強に突入しましょう!!

夏期講習、始まる


今週から、小学生の夏期講習が始まりました。

006

私は、小6クラスの国語を担当しています。



英数学院の夏期講習は、昼間に授業があり、夕方以降も通常授業があります。



国語では、教科書から離れた読解問題を中心に練習しています。



来週からは、いよいよ中学生の講習が始まります。



8月9日〜15日は、講習・通常授業ともお休みとなります。

中間テスト対策講習

先週の西中原中の対策授業に続き、

明日3日は、東高津中・宮内中の中間テスト対策講習を行います。
003
私は、英語を担当致します。各科目のスペシャリストが授業を行います!

そして来週は、橘中の中間テスト対策講習です。まだまだお申込をお待ちしております。

あきらめるな! 最後の最後まで気を抜かずに勉強しよう!

非中学受験の小学生のモチベーション



小学生は月例テストです。
教室へ試験監督に入ると、子どもたちは試験開始ギリギリまで算数のノートを手放さずに睨みつけています。
002英数学院の小学生クラスは、子どもたち目線で言うと、高校受験が目標というより、「中学受験をしない」子たちです。

彼らが、常日頃から緊張感をもって授業に臨めるのは、毎月行われるこの「テスト」の影響が大きいと思います。

小4〜小6の生徒は、その月に習った単元を中心にしたテストを月末に行います。 年に12回です。

作成するほうも、採点するほうも、受けて頂く子どもたちも大変ですが、英数学院の小学生たちのモチベーション維持の源の一つであると思います。

学年で上位5名は掲示され、頑張った生徒にはおもしろ消しゴムや「フロンターレ」グッズなどの景品を贈呈します。

それだけではなく、テスト結果(塾内順位・偏差値等)が毎月ご家庭に郵送されます。

私どもにとっては、単元を理解できたかを把握する材料になる訳ですが、子どもたちにはそれ以上の意味があるようです。

「月に1度」の一大イベントです。試験前には、範囲や日程を予告致しますし、もはや意識しない子どもはいません。

学習内容ですが、教科書をはみ出したいのはやまやまなのですが(笑)、塾に通っているのに学校の成績が上がらないという保護者の皆様の期待は最低限裏切らないよう、
学校の教科書内容はきちんと指導させて頂きます。

しかし、贔屓目に見ても、英数学院の算数は難しいです…。私は4年生以上は担当していませんが、
試験直前までノートを必死に見ている気持ちが分かります(笑)。

しかしながら、英数学院のテストは、真面目に授業を受けている生徒は80点以上はとれるようになっています。

「試験」がモチベーション低下という逆効果にならない為です。

私たちが彼らに求めているのは、満点です。

満点は、年間に2,3回しか生まれません。テストは、生徒が「完結」しないよう巧妙に作られています。

子どもたちが目指しているのは。「満点」なのです。 近いようで届かない…。

テストの日は、国語・算数両方終了時点で帰宅して頂きます。月に一度のボーナスと思われるかも知れません。

しかし、早く帰りたいがため見直しをしない=点数が落ちると、子どもたち自身が一番理解しています。

回を重ねるにつれ、学年が上がるにつれ、皆時間ギリギリまで粘るようになります。時間との闘いも生まれます。こういう習性が、小学生の頃から自然と身につくようになります。

粘っただけ、果実が実る。

彼らに数年先の高校受験が如何に困難かを話すより先に、彼らはすでに実践しています。

「あの問題、解った?」 「全然解らなかったよ」
テスト終了後の子どもたちの会話は、難しかった問題についてです。

さりげなく耳に入るときが、我々のテスト作成冥利です。

次の授業では、間違えた問題のおさらいです。中学進学後、内申5をとらせてあげたいんです。その薫陶を行っております。

これが、受験がない小学生たちの躍動の「リズム」です。

学年末対策講習!

002
今週土曜日11日は、中1・中2の学年末対策講習です。

また12日(日)は13:30〜17:00の間、自習室を開放いたします。
家で集中できない人は、勉強道具を持って塾に来て下さい。

さあ、頑張ろう!

自習室 奮闘篇7

003
プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 塾の日シンポジウム
  • 英検開催!
  • 英検開催!
  • 部活動引退後、もしくは今すぐに取り組むべき事
  • 英数学院通信 学は光なり
  • 英数学院通信 学は光なり
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ