Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

私塾ネット

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

全日本私塾教育ネットワーク 全国塾長職員研修大会

4月22日、大井町きゅりあんにて、英数学院が所属する全日本私塾教育ネットワークの「全国塾長職員研修大会」に参加致しました。


006
基調講演は、拉致被害者の蓮池薫さん。拉致されたときの状況、26年間の北朝鮮での暮らしぶり、日本に戻られてからのこと…。日本人として、改めて知らなければならないと思いました。


この会には、全国からの旧知の先生方が参加し、旧交を深めました。


今後ともさまざまな研修に参加して、塾生に還元できるよう活動してまいります。

私塾ネット・エリア東北研修会&前期期末対策講習のお知らせ

本日、途中から声が出なくなり(風邪)、生徒の皆さんにはご迷惑をおかけ致しました。こどもたちには、いろいろと気を遣ってもらい、心から感謝しております。

次回は、パワー全開で挽回させてください!

8月31日、英数学院が所属する全日本私塾教育ネットワーク(以下、私塾ネット)・エリア東北研修会に参加すため、初めて青森を訪れました。
001「被災地の復興は教育から」とのテーマで、現場でのご苦労やこれからの課題についての講演。また、個人情報の取り扱いや大手予備校「代ゼミ」の縮小等、現在学習塾が直面する課題などの意見交換も行うことができ、大変有意義な研修となりました。

未来を担うこどもたちにバトンを託すしかないのですから、「人財」育成という形で我々学習塾が共に力を合わせ、甚大な被害をうけられました東北(復興への道のりはまだこれからです)に、これからも関心を示し注視し続けてまいらねばならないと感じました。自塾に通う生徒たちへも、この点訴えてまいりたいと決意しております。

今は、中学生が前期期末テスト前で必死に勉学に取り組んでおります。大半はテストのための学習ですが、今の努力は将来必ず人の為に役に立ちます。そのための学びです。

広いビジョンを忘れないで、今を全力で駆け抜けて欲しいと伝えたかったのですが、途中から声が出なくなり(-。-;)、中学生は試験前なので授業の演習自体にはそれほど支障は来さなかったとは思いますが、もし遠慮して質問ができなかった生徒の方、おりましたらできるだけ早くお知らせください。

次回の前期期末対策講習(西中原中・橘中生他対象)は、9月7日の日曜日です(任意参加)。いつもは土曜日に行っておりましたので、ご注意ください。

023最後に、東北の先生方に大変お世話になりました。また、新たなご縁も生まれました。距離は離れておりますが今後とも連携をとらせて頂けると幸いです。再びお会い出来る日を愉しみにしております。

※宿泊先であるアップルパレス青森のスタッフの方々にも、さまざまなアクシデントに対応して頂き、この場を借りて心からお礼申し上げます。

すべて、勉強になりました! see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


塾見学 埼玉 彩北進学塾(深谷市)・向学館(行田市)

全日本私塾教育ネットワーク・エリア関東の定例研修会が13日に行われ、埼玉県北部まで足を運びました。033今回は、塾舎訪問。最初に向かったのは深谷市にある彩北進学塾。渋沢栄一氏の生誕地です。塾長のH先生は、(小さいお子様がいらっしゃるというご事情もありますが)平均睡眠時間が3時間だとか。ブログもほぼ毎日更新。これは、凄いの一言に尽きます(私も頑張ります)。

041教室をご覧下さい。天井まで子どもたちの写真で彩られています。保護者面談に来て頂いた方はお気づきだと思いますが、英数学院も彩り豊かに装飾しておりますが、私は四十肩で天井まで腕が上がりません(笑)。母の日や生徒の誕生日にメッセージカードを贈ったり、卒業式等には電報を贈られたり、「なかなかここまではできない」と多くの先生方が脱帽していました。

044教務面も、かつて教員を目指していた経歴もあり、並々ならぬ情熱の持ち主です。定期テスト前は早朝特訓(登校前)を毎日行っており、生徒たちにも好評だそうです。教材にもこだわりが強く、学年や教科によって毎年採用する教材を決めているそうです。


続いて、行田市にある向学館を訪問させて頂きました。こちらの塾も、英数学院にさまざまな面で似ており(集団授業、創立年数、公立高校受験に特化)、参考になりました。
IMG_1101階段には、吉田松陰の名言がありました。

これまでの集団授業に加え、今年からe-learningを用いた集団個別型自立演習を取り入れたそうで、導入のいきさつやご苦労を伺いました。人口の減少や近隣に塾が増えるという切実な問題を抱え、思いきった改革に着手されたそうです。M先生は、卒業生の学生講師の力を、違う形で生かしたいと仰っておりました。

埼玉県は、神奈川県の共通選抜(前後期選抜の廃止、一発学力検査)の先を行っており、入試問題も神奈川より難問(良い訓練になりますから、受験生の皆さん、購入の価値があります)。両先生とも、私も、できるだけ小学生段階から入塾して欲しいという思いは共通でした。

IMG_1106自分の塾から、日本の教育、地域社会を変えていきたいという意気込みは並々ならぬものでした。両先生とも、つまびらかに自塾の取り組みを紹介して頂き、心から感謝しております。

この日は、埼玉をはじめ神奈川・東京・千葉・群馬から塾の先生が見学に訪れました。後半は、国語指導について活発な議論が交わされました。各先生から、さまざまな取り組みも紹介されました。今後とも、相互に情報交換しながら、子どもたちにより良い授業を行えるよう勉強してまいりましょう、とお約束しました。

この日は日曜日とあって、夏期講習前の大事な時期ではありましたが、終始リラックスしたムードでした。今後とも、更なる研鑽を積んでまいりたいと思います。(^○^)/ 想いだけは、負けないよう頑張ります!

ちなみに、英語の問題で数字が8つ並んでいたので、M先生に「これは、9つのうちから8つを並び替えるのですか?」と質問したら、ビンゴでした! 国語の記述問題に至っては、神奈川の比ではありません(汗)。
(前年のは持っていますが、今年度の埼玉入試問題も手に入れることを決めました)

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


私塾ネット・エリア四国 春の研修会

IMG_0640前回の記事にもありましたが、私塾ネット(全日本私塾教育ネットワーク)は地方(エリア)ごとに研修活動が行われております。

私は、エリア関東所属ですが、エリア四国以外の塾の先生も参加できる。任意団体である私塾ネットの魅力の一つです。

ということで、5月11日に香川県・観音寺で行われた「私塾ネット・エリア四国 春の研修会」に参加してまいりました。

「新しいコミュニケーションの方法 コーチングを使っての対話とは?」で講演をされたのは仲野十和田先生(ナカジュク 東京・埼玉)。自塾で取り入れられている教育コーチングについての講演。すべては書ききれませんので、保護者の皆様にお役に立ちそうなお子様とのコミュニケーションをご紹介いたします。

・一緒にいる
「なぜこんな成績なの?」 「どうして、しっかり勉強しないの?」 「それで成績が上がると思っているの?」 例えば、長時間ゲームをやっている子に、ついこんな言葉を発してしまいがちです(笑)。これで子供たちが勉強を始めたとしても、おそらく身の入らないものとなるでしょう。

そこで、ワンテンポ置く→俯瞰する→(言葉を)選択する。できるだけ未来志向・プラス的な言葉に置き換えることで、ご家庭での関係も円滑になり、子供たちも素直に受け入れられるようになります。ここからは、私の言葉とお考え下さい。
「ふーん。ゲームをしているんだ。」 「……」
「もうすぐテスト前だけど、もう、何分くらいやっているの?」 「……」
「楽しい?」 「……」
「じゃあ、このあと集中して、勉強できるね」

・褒め方について
「すごいね」 → 「先生、うれしいよ」 「お母さん、元気が出てくるよ」 「お父さん、感動したよ」
このように、主語に"I"を入れてあげることで、子供たちの受け取り方も大きく変わります。

・フィードバック
「70点だったの」 → 「70点取ったね」 「約束を守ったね」 「2時間、机に向かったね」 「宿題、提出したね」
こういった言葉をかけてあげることで、承認されていると感じ、信頼関係を築けます。


これは、ほんの一端だけです。今回の学びを英数学院の研修会でさっそく実践してまいりたいと思います。ナカジュクの先生方の仲の良さやチームワークの理由が分かりました。

IMG_0677この後は、湯口塾を訪問させて頂きました。教室の掲示物、机の配置・空間、飾り付け、整理整頓、色の使い方、塾長先生とスタッフとの関係性、塾長先生のお人柄、・お心配りetc. 大変勉強になりました。湯口塾の先生方、ありがとうございました。

その後、懇親会に参加し、たくさんの全国の塾人たちと親交を深め、意見交換をし、新しくお友達もできました。今後とも、お互いの自塾にとってプラスな連携をさせて頂けたら幸いです。

<エピローグ>
翌日の月曜日。珍しく寝起きが良く(笑)、ロビーに居たところ、湯口兼司先生(全日本私塾教育ネットワーク・理事長)から、せっかく来てくれたのだから観光案内を、とのお言葉を頂きました。香川県です。うどんを食べることを忘れておりました(笑)。

特に、善通寺の「戒壇めぐり」。暗闇・閉所恐怖症の私にとって、人生でこれ以上ない恐怖体験でした(笑)。
IMG_0738プライベートの私は、こんな感じです。初公開(笑)。お気づきだと思いますが、川崎フロンターレのサポーターです。大久保選手、代表選出おめでとうございます。

不在の間、英数学院を守ってくれたスタッフの皆さん、今回もありがとうございます!!(^▽^)/

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


全国塾長・職員研修大会(全日本私塾教育ネットワーク)

4月13日、アルカディア市ヶ谷にて行われました。昨年に引き続き、参加させて頂きました。

IMG_0561全国から、塾の先生・私学の先生方が参加されました。昨年とは違い、今回は知っている先生のほうが多く、普段お会いできない遠方からいらした方々との再会は嬉しかったです。

基調講演をされたのは、ミャンマーを中心にアジア各地で15年医療活動をされている吉岡秀人氏(小児外科医)。自身の医療活動の紹介。お金もなく、病院へ行くこともできない貧しい人たちのために、氏は働いていらっしゃいます。

講演で印象に残った言葉を以下に書き記します。

「自分の長所を伸ばせば、世界は認めてくれる」
「人間は死に向かって生きている。今日よりいい日は一日も来ない」
「現状維持は緩やかな衰退」
「人間の世界観は言語力に固定される」「イメージを言語化すること。『何となく分かった』と、イメージを『言語化する』のとでは、結果が全く異なる」
「若い人に伝えたいのは、とにかく本を読んでボキャブラリーを増やすこと。ネイティブの語彙数は10万語」
「知識も教養もアウトプットしないと価値がない。アウトプットを意識してインプットを」
「今日の努力はすぐには現れない。血肉となるには、タイムラグがある。今からやっておかないと、3年後の成果はないかもしれない」
「僕も10代の頃から、40代頃に成果が出るはずだと思って頑張ってきた。今のうちから、自分がやるべきと思うことは全部やってほしい。躊躇せずに」
「今の子供たちが社会に出る頃には、職場には3割の外国人がいる。アジア人がたくさん来る。アジアの教育熱は高い。実力本位の時代になる」
「今日、明日と詰めてチャレンジを!」
(談)

また、人身売買をなくしたいとの思いから、Dream Trainという住宅を設営。自身の直感を信じる強さ、判断の速さ、迷わない強さと行動力に敬服致しました。

日本の子供たちに対しては、「世界(アジア)で活躍してほしい」と期待されました。
グローバル化の波は、目前です。私も、アウトプットしていきます!

これまで同様、自己の研鑽に努めてまいります。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

お久しぶりです!

hiro本日は、船橋までセミナーに行っておりました。以前からお会いしたかったアンドー塾の塾長先生とお会いでき、内容も素晴らしく、是非自塾に還元したいと思いました。

武蔵小杉から一本で行けるというのは、本当に便利になりましたね(南武線のホームからはだいぶ歩きますが)。

千葉なので、知っている方とは会わないだろうと思っていたところ、私塾ネット(全日本私塾教育ネットワーク)で顔なじみのY先生(日米文化学院)とN先生(中村学院)がおりました。いや〜、向上心の塊ですw。

004なので、昼間は不在にしておりましたが、その間、なんと私の同級生が英数学院に! 彼も英数出身で、小学生のお子様を無料体験授業に受けさせたいとのこと。お名前を聞いて、分かりました。私も新城小出身です!

「白、ピンク、赤、橙、黄色、緑、青、紫〜!」 同じ世代の新城小出身の方なら、ご存じかと思います。懐かしいですねー。

ということで、私の画像が一面でした(笑)。

3月から、新年度授業が始まりますので、是非!! 

皆さん、お元気ですかー!

BMW (Brush up Myself & Win the Final) 感謝



塾の講師は、ややもすると、塾の中にこもり、視野が狭くなりがちです。




未来ある子どもたちを指導する上で、学びや人間的成長をはかることは不可欠です。




そのため私どもは、研修活動を中心に行う団体に加盟し、他の塾関係者や時には異業種の方とも交流をしております。




全国規模で最も活動が盛んな「全日本私塾教育ネットワーク」が主催する、「BMW」」に参加するため、東京都北区まで足を運びました。

IMG_0361



車の名前ではありません(笑 記事の題名の略です)。塾代表者の研修会は多いですが、職員が自ら企画し学び合う場がもてないかということで始まりました。小野田光伸先生(ナカジュク)を中心に行われ、今回がファイナルです。





テーマは「感謝」。

・株式会社SRJ
・森塾
・生命の森リゾート
・ナカジュク
・開倫塾
・林歯科クリニック
・中村学院
・成基学園


上記の代表者の方々がプレゼンテーションし、参加者が討論するという形式です。

IMG_0351




さまざまな気づきを得ることが出来ました。感謝の念は、行動や言葉でどのように伝えているか等の実践例。




当たり前だと思えることに、どこまで感謝を抱くことが出来るか。





討議の中で、英数学院でのお話もさせて頂きました。




行き・帰りの挨拶は必ず心がけておりますが、授業を終えた生徒から「ありがとうございます」とよく言われます。




私どもの方こそ、「ありがとうございます」なのです。学んでくれている生徒の皆さんがいなければ、私どもも在りません。




この言葉を聞く度に、次回も「来て良かった」と思える授業をしなければと、胸に刻んでいます。

003



いずれ社会に出る子どもたちをお預かりする以上、学習面だけでなく、人間的成長も共々にしてまいりたいと決意しております。




その第一歩は「感謝」ではないでしょうか。




以前に、「ありがとう」という記事を書きました。ご覧頂けると幸いです。





もっと沢山、「ありがとう」を伝えてまいりたいと思います。




塾の先生は、今が最も忙しい時期です。このような研修会を企画・準備してくださり、招いて頂いた方々に御礼申し上げます。




有り難うございました。



see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

保護者面談を終え…。

005



本日は、数学検定が行われます。受検者はしっかり、見直しを!




私は、保護者面談を終え、それを見届けた後、全日本私塾教育ネットワークの研修会で山口へ向かいます。




「学ぶ」とは自分を磨くことです。




私も、この1年、たくさん学んできました。今回も「学び」の旅です。全国各地の塾の先生方と交流をし、英数学院に良い部分を還元できればと、考えております。




受験生の皆さん、志望校合格は当然の目標として、この機会は、自身を磨く絶好のチャンスだと捉えてください。




もう学歴社会は終わりました。これから、どのような人材が社会で求められているのか。自分は、何をしたいのか。自分の使命とは何か。




全力でぶつからないと、答えは出ません。




私でよければ、個々に、ご相談に応じたいと思っております。




来週月曜日まで、留守にしております。




遠慮せず、どんどん相談に来てくださいね!!



see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


プロフィール

Hiro

livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 英語・数学特訓クラス
  • かがみの孤城
  • 全日本私塾教育ネットワーク 全国塾長職員研修大会
  • 新入生の皆さん、入学おめでとう
  • 新入生の皆さん、入学おめでとう
  • 春期講習、始まる
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ