Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、個別指導(1:2)の学習塾です。創立から53年を迎え、地域で最も老舗であり、小学生から高校生を対象に指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

オススメの本ご紹介5「青くて痛くて脆い」


「青くて痛くて脆い」
著:住野 よる 出版:KADOKAWA 角川文庫

・あらすじ
秋好寿乃に出会って、僕は変わった。誰よりも理想と情熱にあふれた彼女と立ち上げた秘密結社、『モアイ』。夢を語り合った、楽しい日々。
……それから三年、あの時の彼女はもういない。
それなのに、未だ彼女の言葉が、嘘が、心に刺さり続ける。
そうして僕は、ある一つの決意をした——。

・オススメの人
「君の膵臓を食べたい」を読んだ、または見たことがある人には是非読んでほしい。同じ作者による、「君すい」とは全く違う青春小説。傷つくことの痛み、青春の残酷さ。「君の膵臓を食べたい」と見たことがある人もない人も、等しく読んで後悔はない。すべての人に薦めたい。

青くて痛くて脆い (角川文庫)
住野 よる
KADOKAWA
2020-06-12

オススメの本ご紹介4「余命10年」


「余命10年」
著:小坂流加 出版:文芸社 文芸社文庫NEO

・あらすじ
二十歳の茉莉は、治療法が確立していない不治の病に倒れた。余命は十年。「死ぬ前って、もっとワガママできると思ってた」
残された十年という、長いようであまりにも短い歳月の中、茉莉はなにを思い、どう生き、そしてどう変化していくのか。一人の人間の十年間。濃縮された『一生』が、詰まっている。

・オススメの人
人間の心情の変化だとか、人の一生のようなヒューマンドラマが好きな人には是非読んでほしい。人が死ぬのは、なにも病気だけじゃない。これまで、そしてこれからの自分の生き方、在り方を考えたい人にオススメ。


余命10年 (文芸社文庫NEO)
小坂 流加
文芸社
2019-03-22

オススメの本ご紹介3「夜が明けたら、いちばんに君に会いに行く」


「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」
著:汐見 夏衛 出版:スターツ出版株式会社 スターツ出版文庫

・あらすじ
自分を偽り、人に好かれるよう本心を封じ込めてしまう少女が、ある日言いたいことははっきり言うのに、なぜかクラスの人気者である少年と出会う。
二人の秘密、行動の理由……絵を通じて繋がる二人の、とても綺麗な物語。

・オススメの人
恋愛漫画とか、恋愛系が好きな人は楽しめると思います。また、『マスク依存症』というものが軸として描かれている作品なので、マスクが日常に溶け込んだ今このご時世だからこそいろんな人に読んでほしい。度々出てくる空の描写がとても綺麗なので、空や綺麗な景色が好きな人にもオススメの一作です。

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく
汐見夏衛
スターツ出版
2017-06-01

オススメの本ご紹介1「西由比ヶ浜駅の神様」


塾生で読書家のT・Mさんにオススメの本をいくつか紹介してもらいました。



春休み中に挑戦してみてはいかがでしょうか。



004
「西由比ヶ浜駅の神様」著:村瀬 健 出版:KADOKAWA メディアワークス文庫

・あらすじ
大勢の犠牲者を出した快速電車の脱線事故。嘆き悲しむ遺族たちは、ある噂を耳にする。
事故現場の最寄り駅、西由比ヶ浜駅には女性の幽霊がいる。彼女に頼むと、過去に戻って事故当日の電車に乗り、死んでしまった人々と話すことができる——。

・オススメの人
大まかな繋がりはあるものの、基本は四つの短編から成る物語なので、あまり読書に親しみがない人でも比較的読みやすいと思います。短編だとさくさくと手軽に読めるし、読むペースも掴みやすいと思うので、普段読書をしない人でもあまり気負わず手が出せるかと。




<つづく>

中3になる時、決意したこと


もうすぐ中3になるなぁ…。受験もあるし、これまでのままでは不安だし、何かを変えないとなぁ…と14歳の私は漠然と考え、
本を読もう!と決意しました。

それまで、読んでいなかった訳ではないのですが、ミステリーなど享楽的な本ばかりだったので、今の時代にも引き継がれている名作(文学)に挑戦しようと思ったのです。

すぐに国語力に反映するとは思いませんでしたが、1年後に何かしら良い影響を及ぼせたらと、家にある本を、なるべく薄いものから読み始めました(中学に進学するときに、親が買ってくれた名作全集が本棚にあった)。
002私の中学時代は、現在ほど児童文学作品が少なかったと思います。読んでみて難しい本もありましたが、「ともかく最後まで読もう」とだけ決意しました。

「車輪の下」(ヘルマン・ヘッセ)、「路傍の石」(山本有三)、「友情」(武者小路実篤)、「伊豆の踊子」(川端康成)、「野菊の墓」(伊藤左千夫)…。他にも森鴎外、菊池寛、芥川龍之介、宮沢賢治、井上靖など。明治から昭和の作家が多く、表記や難しい語彙など多くの壁がありましたが、登山だと思って頂上まで登ることを目標に課しました。

現在は多くの児童文学の旗手がおられますから、普段読書に慣れていない方は、森絵都(代表作「カラフル」)、重松清(同「とんび」)、あさのあつこ(同「バッテリー」)、梨木香歩(同「西の魔女が死んだ」)各氏の現代作品をお薦めします!(私が子どもの頃には、ありませんでした…。あったら、こっちを読んだでしょう。大人でも愉しめます)

001読み方は、人それぞれですが、1日の中の5分でも10分でも読める時間があれば充分だと思います。つづきから読めばいいのですから
私の始めた良書への挑戦は、夏を過ぎた頃まででした。本を読む時間さえなくなったからです。結果として、受験には好影響でした。名作とよばれるものは、古くから読み継がれているだけあり、心情描写が巧みで、登場人物に感情移入さえできれば愉しかったのです。入試問題をたくさん解くことになりますが、読解問題は全く苦になりませんでした。いつの間にか漢字やいろいろな知識も身につきましたし。国語には絶対の自信さえ生まれました。

この、ふとした決意は、思いもよらぬ結果にもなりました。受験が目的で始めた読書が、趣味になったことです。読んだ本の数だけ自分の知らない世界を知り、視野が広がりました。1冊読み終えた後のすがすがしさや達成感は、やみつきになりました。今も時間を見つけては読んでいます。
本を読む時間は、皆さんと同じで、ありません。自分で時間を作るのです。

落ち込んでいる時や、悩んでいる時にも、読書のお世話になりました。誰にも相談できないことも、本にはできました。まだ読んでいない名作や話題になっている本はたくさんあるので、残りの人生でいったい何冊読めるだろうという挑戦は今も続いています(新作も次々に生まれますし)。

以下は、近年生徒たちに薦めた作品で好評だった本です。参考になれば幸いです。

「キッチン」(吉本ばなな)
「夜のピクニック」(恩田陸)
「博士の愛した数式」(小川洋子)
「オルゴール」(中園直樹)
「蝉(せみ)しぐれ」(藤沢周平)
「神様のカルテ」シリーズ(夏川草介)
「ボッコちゃん」(星新一)
プロフィール

Hiro

QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 自分を輝かせていくのは“粘り”
  • 前期中間テスト対策講習!
  • オススメの本ご紹介1「西由比ヶ浜駅の神様」
  • 中学準備講座開講!のお知らせ
  • 冬期講習2020〜2021のご案内
  • 自習室の鬼たち
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ