Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

川崎

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、個別指導(1:2)の学習塾です。創立から53年を迎え、地域で最も老舗であり、小学生から高校生を対象に指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

3月から新年度授業が始まります


本日は、神奈川県公立高校の合格発表の日。生徒たちよりも緊張しています。
受験生からの連絡を待っています。

さて、ウェブサイトにもある通り、3月から新年度授業が始まります。

小学生は新学年の内容を、中学生も現在の学年内容を終了次第、次年度の学習を先取り致します。

無料体験は随時です。

興味がある方、是非一度、英数学院の授業を体感してみてください!

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

高校入試まで後2日!

いよいよ、残り2日となり、本日が3年生最後の授業です。

001小学校の低学年から通ってくれた生徒もいて、感慨深いものがあります。よくここまで成長してくれました。

今まで学んだ経験をすべて出し切ってくれることを祈っています。

話は変わりますが、中学1・2年生は現在学年末テスト前。明日は、「学年末テスト対策講習」を行います。


一切の油断を廃して、全力で取り組もう! 最後の一瞬まで戦い抜こう!!

神奈川県公立高校 志願倍率確定 2015 2/6


鶴見 1.21
横浜翠嵐 2.01
港北 1.20
市ヶ尾 1.49
川和 1.82
柏陽 1.35

新城 1.51
住吉 1.17
川崎北 1.19
多摩 1.72
生田 1.31
百合丘 1.14
生田東 1.20
菅 1.10
麻生 1.04

市立川崎 0.91 生活科学 0.97 福祉 1.00
市立橘 1.25 国際 1.82 スポーツ 1.33
市立高津 1.08

川崎工科 総合技術 1.12
向の丘工業 機械 1.31 電気 1.26 建設 1.26

川崎市立商業 ビジネス教養 1.07
川崎総合科学 情報工学 1.15 総合電気 0.82 電子機械 1.03 建設工学 1.15 デザイン 1.36 科学 1.21

神奈川総合 個性化 1.62 国際文化 1.76
県立川崎 1.14
鶴見総合 1.04
大師 1.16
麻生総合 1.10
横浜サイエンスフロンティア 1.70
横浜国際 1.75

入試直前対策講習スタート!

00217日から受験生たちの最後の闘いが始まります。

入試直前対策講習!!

本番同様の予想問題を制限時間内で解いて頂き、解説・解答の授業を行います。
最後の仕上げを行います。

来週は私立高の受験があります。現在、面接の練習も行っております。

本日は、神奈川県公立高校入試・学力検査のちょうど1ヶ月前。

体調を崩さぬよう、規則正しい生活を心がけよう!

冬季休業のお知らせ「よいお年を!」(新城・英数学院)

29日(月)で2014年内の冬期講習も終了。塾は、1月3日までお休みとなります。(^○^)/

024私は、中学2年生の英語を担当。多くの子供たちが「難しい」と感じている助動詞や不定詞を、時間数が多かったので分かりやすく説明・演習を行ったつもりでしたが、いかがだったでしょうか??

特に受験生は、生活リズムを崩さないように過ごしてください。
寒いので、体調管理も怠らないでくださいネ。

では、よいお年を!
来年は、さらに良い1年になることを祈ります!see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


算数・数学検定実施!(公立受験に強い塾 武蔵新城・英数学院)

本日、算数・数学検定英数学院で行われました!
002下は小学3年生から上は中3まで頑張りました。

別の教室では、2年生が中間テストのために対策授業を受けております。私も、先ほど、英語の授業を終えたところです。

さて、24日(月)は勤労感謝の日の振替休日で塾はお休みです
宜しくお願い致します。よい連休をお過ごしください!!

かな理(神奈川入試対策講座 理科) FINAL

今回の「かな理」の授業で扱う「化学変化とイオン」「化学電池とエネルギー」の分野は、第5〜7回や中学2年で学んだ化学変化の分野の応用となっています。

原子の構造や電気分解、化学電池の問題は非常に抽象的で、昨年の受験生の多くが苦手とした範囲です。
冬期講習で理解するにも多くの時間数を必要とするので、今回4時間をかけて、しっかりと対策を行います。
logo_colorこれまで入試にあまり出題されてこなかった範囲であり、現在国内でエネルギー問題に関する議論が活発に行われております。その意味でも、是非理解を深めておきたいものです。

第1期(6/23〜7/14)、第2期(9/20〜10/11)に参加されなかった生徒の皆さんも、毎回単元ごとの授業ですので、参加に支障はありません。
第1期・2期に参加され今回も受講される皆さんは、前回のテキスト(教材費は必要ありません)とノートを持参してください。

ご希望の回のみの参加でも結構です。今回が「かな理」最終回の予定です。

第9回  11月29日(土)  18:45〜20:45 化学変化とイオン
第10回 12月6日(土) 18:45〜20:45 化学電池とエネルギー


詳しくは、英数学院のウェブサイトをご覧下さい。奮ってお申込ください(^▽^)/。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

算数・数学検定のお申込受付中です [武蔵新城・英数学院]

11月22日(土)の午後に「実用数学技能検定」を英数学院で開催致します。受検を希望される方は、お申込書に受検料を添えて、お申込ください。締切りは10月17日(金)です。

受検料、試験の概要については、日本数学技能検定のホームページをご覧ください。

話は変わりますが、前期期末テスト前日、中2クラスのほとんどが私が担当する英語の試験を終えていたため、急遽授業を数学に切り替えました。

連立方程式の応用(文章題)が中心でした。私は、普段数学を指導していないのですが、「分からなかったら、何でも質問していいよ!」と発したところ、かなりの質問が!

事前に用意したプリントがあったのですが、ほぼ初見で、一瞬自身でも大丈夫だろうか?と思いましたが(笑)、子どもたちには説明が分かりやすかったようで、

ある生徒から「師匠と呼んでいいですか?」と(笑)。呼び方は、お好きなようにと普段から伝えております(笑)。

食塩水や距離と道のりの問題など、多くのパターンを解いて頂きました。

今年の神奈川の入試問題でも連立方程式の記述(マニアック!)が出題されたので、各中学でも手の込んだ問題が出されたと推察致します。

私でよければ、数学でも何でも、子どもたち目線で分かりやすく伝えます。解らないから、塾に来て頂いている訳ですから、徹底的に「なぜ解らないのか」を共に悩み、考えながら、指導致します。退屈しない生徒がいないよう、超少人数クラスに分けております。

大丈夫です。私も、数学は苦手でしたからw。

数検、多くのお申込をお待ちしております(外部生の受検も受け付けております)。
上は、準1級まで受けられます。

ヾ(^_^)BYE

文武両道 ー黒か白かグレーかー(再掲)


川崎市は、中3生の引退時期が秋なども含め、とても部活動がさかんな地域です。

勉強との両立は、多くの子どもたちの悩みです。

2012年度から学習指導要領の項目が増え、学校の授業時間数も増加(かつては土曜日で補っていたのですが)。家に帰っても学習する「気力」がない…という子どもたちが増えていることに危惧しています。

いわゆる「文武両道」ができる子とできない子は何が違うのか。この前のセミナーで「時間の使い方が上手な子とそうでない子の違い」だという話を伺いました。

「塾」は、通うまでがつらいと思いますが、学習する環境ができていますので、時間の使い方を学ぶ絶好のアイテムだと思います。

昨日、このような悩みをもつ生徒と面談をし、「週間スケジュール」を作成してもらいました。

「塾に来るだけで成績が上がる?!」、初めのうちは効果がありますが、次第にこれは幻想だと気づきます。塾でも、新学習指導要領をしっかり理解して頂くには、週に2回程度の通塾では演習量が足りません。どこかで補って頂かなければなりません。

001その時間を、塾に来ていない時の過ごし方を中心に、スケジュールを作成してもらいました。
目標はこの通りの実践であり、できれば「何をやるか」という詳しいところまで綿密に記入して頂きます。


002
実際に作ってもらったところ、彼女にはほとんどその「時間」がありませんでした。朝練もあり、就寝時間も削れません。部活動は全国レベルであり、役職もあります。土日は遠くまで遠征します。

そこで、一緒に「グレーゾーン」「黒」にする作業をしました。

私も、かつては「部活」命の少年でした。部活動の後は、重い防具を担いで道場に通い、夜遅くまで他中の強い子たちと稽古に励みました。自宅でも、筋トレやなわとび、ランニングなど黙々と自主練をしました。

この時、私は「強くなりたい」「もっと上手くなりたい」という「黒」です。
(高校進学後、川崎市の生徒だけ秋まで部活動をしていることを知りました)

一方、塾の授業は全身を耳にして真剣に聞きました。毎日コツコツやっていたかというと疑問ですが(笑)、試験前には道場に通う日を減らし、勉強に充てました。
もちろん、剣道で飯を食っていけるとも思っていなかったので、部活と同じくらいの情熱で取り組みました。これも「黒」です。

一方、休養も必要です。身体も心も休ませてあげないとメリハリがつきません。いわゆるオフの時間、これを「白」とします。勉強しているうちにウトウトしてしまっては勿体ないです。時間を決めて休む時は休みましょう。

一日の生活の中で、「黒か白か」を明確にし、そのどちらでもない、もしくはどちらも混ざってしまっている「グレー」の時間を少なくすることで、部活でも勉強でも最高の結果を出せると自分の体験も混ぜて話しました。

この日は、本来補習を行う予定でしたが、こういう時間に多くを費やし(これこそグレーゾーンですね…)、その後、目標(例えば志望校や内申)を設定して、学習に取り組んでもらいました。

003後は、強いて言うなら、携帯(スマホ)を気にしている時。何をやってもグレーです(笑)。
そういう便利な時代に生まれ育たなかった私は幸運でした。LINEなど、かなりの子たちが翻弄されています。自己管理をするには、ある子にはまだ早すぎると思います。

「勉強するときは電源を切る」くらいの覚悟があれば、「真っ黒」です(笑)。人間関係がぎくしゃくしないよう、前もって「ちょっと勉強に集中するから、返事できないけど」あるいは「親に言われたから」などの理由でも伝えておけば、相手も遠慮し、返信を気にしなくなると思います。

現代の子どもたちを支配するグレーゾーン、強敵ですが、肝心なのは心の強さです。

こういう相談があれば、いくらでもお話したいと思っています。私からも、積極的にコミュニケーションをとってまいる所存です。いやがられるかもしれませんが(-。−;)。

英検を取得したほうがいいですか?(中3)

今回も、実際に頂いたご質問にお答えします。

神奈川(川崎市)の中3生、次回の10月受検ということで、本来なら個々の状況を踏まえてアドヴァイスするべきですが、ここでは一般論(個人的見解)だけ書かせてください。


まず、受験生の状況として、以下の重要ポイントが挙げられます。

/斉狎邯公立入試では、資格取得は点数化されない(国際科などの特殊な学校も同様)
(ただし、面接時の自己PRでは生かせる)

∋篶高校では、優遇措置(内申点に加算等)のある高校が多い(級はさまざま)

10月受検の場合、2次試験(3級以上)の日程が後期中間テスト前


まずは複数あると思われる、受験する可能性がある私立高校の情報を調べてみましょう。

後は、個々の置かれたスケジュールにおいて、英検の学習に割く時間をとれるか(=学校や入試の英語とは言い切れませんので)。


もちろん、塾で学習した範囲で、自分の力を試したいと気軽に受け頂いても構いません。

英語が好きな人、得意な生徒には資格取得を促したいです。英語力を伸ばすいい機会だと思います。


もし、他教科の学力アップ・復習を急がなければならない状況でしたら、英検よりもそちらを優先してください。


18日から英数学院は授業が再開します。迷っている方がいましたら、声をかけてください。相談にのります。

002受験生でない方、是非挑戦してみてください。時期的には余裕があります。
最初の受検で不合格になると、以後受検に後ろ向きになる子どもたちを多数見てきたので、無理のない受検を。受検級でお悩みの場合は、遠慮なく相談してください。


合格できれば自信になりますし、形として残ると嬉しいものです。一つの成功体験として、その後の学習姿勢に良い影響が現れるでしょう。そういう意味では、取得できるものなら、してほしいです。

教科書から飛び出してほしいという願いもあります。


英語は、もはや教科の枠に収まりきらない、コミュニケーションのツールとして不可欠な学びなのです。そこから、他者・他文化(翻って自己・自国の文化)、人とのつながりや人間関係の築き方に至るまで深く学べます。

ですので、「英語で苦しんでいる」と感じる人がいたら、肩の荷をおろしてあげたいです。英語で悩んでいる方。私に声をかけてください。

悪者がいるとしたら、それは英語でも、もちろん君でもなく、指導者です。


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪
プロフィール

Hiro

livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「モブログ」は提供を終了しました。
ギャラリー
  • 英数学院のコロナウイルス対策について
  • 英数学院のコロナウイルス対策について
  • ドラゴンENGLISH 31
  • ドラゴンENGLISH 31
  • 来年度入試説明会
  • 来年度入試説明会
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ