Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

受験

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、個別指導(1:2)の学習塾です。創立から53年を迎え、地域で最も老舗であり、小学生から高校生を対象に指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

かな理 きてます

007「神奈川県入試対策講座 理科」第2回は、30日(月)です。
前回は私も授業の冒頭に、生徒の一人として参加させて頂きました(^○^)/。

大きな視野でみると、学んだ内容が将来役に立つかどうかはさほど大きな問題ではなく、目の前の障壁を乗り越えようと行動に移したこと自体こそ大切だと思います。

それを繰り返してほしいと思います。
今、皆さんが取り組んでいるやり方が、そのまま将来「仕事の取り組み方」に結びつくと考えてください!

サイエンス新時代へ、レッツゴー!(随分古くさい表現…)

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

かな理(神奈川県入試対策講座・理科)

○ 平成26年度の神奈川公立入試問題・平均点 ( )は前年

英語 59,6 (54,8) 数学 51,7 (65,5) 国語 60,8 (67,8) 理科 38,6 (68,9) 社会 49,5 (51,1)

○ 解説 英語、国語は前年度並。数学は、連立方程式の記述問題で多くの受験生を困惑させた。前年サプライズを起こした社会は、昨年ほど難しい問題は出ないと言われていたが、同レベル。理科の、これほどまでの難化は誰しもが想定外で、ほぼ全受験生が大幅失点したため、逆に合否に直結することはなかった…。前年の社会の例をみるまでもなく、理科も今年度レベルの対策が必要であり、特に部活動引退時期が秋の川崎市生徒には、大きく不利である。


○ 何故、今年の理科の問題は皆、点数を取れなかったのか?

問題の形式が例年と変わっていたので、過去問や同様の演習問題を中心に受験に備えていた生徒がほとんどだったことが原因と思われる。特に、電気、地震の設問の中での計算問題が使用する頻度が少ないものであったり、三平方の定理(中3数学で学習)を使用する問題があったりと、戸惑わせる問題が多かった。


今回企画する講座は受験生を対象に、暗記で対応できる分野を除いた、1・2年の基礎及び応用中心に行います。
logo_color各回によって、扱う単元が異なるので、ご希望の回のみの参加でも結構です(教材費は初回のみ3,000円)。ただし、時間数が足りないため、同じ単元の学習(復習)はその回のみになります。ご了承ください。なお、第5回以降は、追ってご案内申し上げます(夏期講習・前期期末テスト後を予定)。

また、教務面においては、川崎区の中村学院と協力し、入試問題の研究・対策を行ってまいります。

第1回 6月23日(月) 19:30〜21:30 電流回路・電流と発熱(回路と電流・電圧、電力と電力量他)
第2回 6月30日(月) 19:30〜21:30 電流のはたらき(電流と磁界・直流と交流他)
第3回 7月 7日(月) 19:30〜21:30 空気中の水蒸気(気象の観測・湿度他)
第4回 7月14日(月) 19:30〜21:30 気圧・季節と天気(気圧と天気、前線と天気の変化、四季他)
014
詳細は、英数学院のウェブサイトをご覧ください。

私の高校受験体験


私の受験時と現在では、時代背景も入試制度も異なるので、あくまで参考になれば幸いです。

公立受験は、現在と同じ「一発」勝負でした。併願(優遇)という制度がなく、私立は「滑り止め」といって、学力検査で点数をしっかり獲れないと合格できませんでした。
002私は公立志望でした。4人兄弟の長男で、親に経済的な負担をかけたくないという思いからでした。

中3の夏。髄膜炎という病気に罹り、約2週間入院しました。その後も頭痛や吐き気といった症状は続きました(高校時代まで悩まされました)。ただ言い訳にしたくないので、夏に勉強できなかった分を取り返そうと必死に頑張りました。

迎えた2学期の期末テスト(現在でいうと後期中間テスト)。気持ちは集中していたので、症状は気になりませんでしたが、得意の英語のテストで異変が起こりました。試験中、突然、腹痛に襲われたのです。

プレッシャーではなかったと思いますが、想定外の問題が出て、手が止まり、思考が停止してしまったのです。頭の中が混乱してくるうちにお腹が痛くなった、のだと思います(今考えると、後回しにすれば良かったのですが)。腹痛は我慢できなくなり、途中退席してトイレに行きました。3分の1が空白という状況で、不本意な形で答案を返却しました。

技能教科の不出来もあり、これまでの私には考えられない内申点(当時は相対評価)で、公立受験には大きく不利な状況となりました。あまりの急落に、担任の先生から「何があったんだ?」と三者面談で言われ、母がそこで夏に入院していたことなどを話しました(それは関係ないので、言って欲しくなかったのですが)。

志望校選びは、難航しました。当時は学区制があり、自分の「内申点と、入試(例え満点近くとれても)」でどれだけ頑張っても、行きたい高校は無理があり、学区外の受験しかありませんでした(学区内の生徒より、ハードルは高いです)。

いくつか学校見学をした中で、S高校さんが、突然の訪問にも関わらず見たい施設等を案内してくれ、部活動の様子も見学させてくれ(剣道部。正直、強くありませんでしたw)、その後「校長先生に会わないか」と言われ、何が気に入られたのかVIP待遇をされました。
終わったことは仕方がない、この高校を受験しよう。ここで頑張って、志望する大学進学を目指そうと自ら言い聞かせて、受験勉強に励みました。
004滑り止め(私立・現在では主に併願推薦)の話です。前述の通り、普通は少しランクを落として受験するのが常です。ただ、私は公立受験に関しては、内申点が低いだけで筆記試験では負けない自信があったので、自分よりランクの高い高校を2校受験することにしました。

私立は、英数国のみで、私の苦手な理科がありません。その時の自身の学力では合格は難しかったですが、難問に挑戦するたびに、モチベーションが上がってきました。並行して第一志望の公立受験の勉強をする逆転現象になってきました。私にとって私立受験は、滑り止めではなかった、ということです。

私立の1校目の受験。その日、今度は熱を出し、受験会場には赴きましたが、力を発揮できずに帰ってきました。しかし、試練は私を鍛えてくれました。

私立2校目。会心の出来でした。その時、私の心はとても強くなっていました。自分でも成長しているのが感じ取れました。これが受験というものか、と感じました。結果、合格を勝ち取ることができました。

しかし、この私立受験はいわゆる記念受験。入るつもりはありませんでした。経済的な問題で親に迷惑をかけることはできません。

ところが、親がこの私立校に入るよう勧めたのです。心は揺れました。内心、入りたい気持ちはありました。公立高に行くよりも、目標の大学進学に近いからです。結果的に、出願していた公立S高校を棄権するというウルトラCで、私立高校に進学しました(現在の制度でいうと、第一志望公立・私立併願なし・一般受験(オープン入試)2校で、決して真似はしないでください)。

この時ほど、両親に感謝の念を抱いたことはありません。私立は学費以外にも費用がかかります。私の将来を考え、経済的な援助をしてくれた父、毎日お弁当をつくって明るく送り出してくれた母。病気になった時も、どれほど心配をかけたことでしょう。弟・妹にも、私の我が儘を許してくれたことに感謝しなければなりません。

受験は、試練です。勿論、勝算があるかどうか判断することは重要です。100%負けると分かっている戦には出陣するべきではありません。不合格の傷はそう簡単に癒えるものではありませんし、その後の学習姿勢にも影響を及ぼす可能性があちます。
しかし、大切なことは自身に立ちはだかる壁に立ち向かうか否かです。この受験体験は、今も自分の財産です。
勝つよりも、負けないこと。受験生たちに伝えたいことです。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

自転車での通塾を控えて!



本日、通常通り、授業を行います。今日、明日来られる生徒の皆さん、自転車は控えてください。
歩くときは、スマホ(携帯)見ながらや、ポケットに手を入れながら、をしないように。

特に明日は、路面が凍結する可能性もあります。頭部を保護する帽子などの着用も促させてください!

受験生、雪の中、本当にお疲れ様でした!!

001

おんがく♪


私立受験日が目前です。

嬉しい人、悲しいひと。すぐに切り替えられる子もいれば、そうでない子もいるでしょう。多くの人にとっては、初めての受験ですから、仕方がありません。

なかなか机に向かうことができない皆さん!

How about listening to music?

私は連日10時間くらい職場にいると、忙しい時期には精神状態を良好に保つのが難しいので、
(皆さんも10時間も勉強すると、同じですよね

デスクワークをしているときは極力音楽を聴いています。(^-^)/

私のi podの中には、約2500曲以上入っています!

最近は、クラシックばかり聴いていますが、Mr. Childrenはほぼすべて入っていますし、佐野元春も網羅しています。サザンやビートルズももれなく入っています。

中学時代にはまった、Bon JoviやBOOWY(当時はお金がなくて購入できませんでした)…。映画のサウンドトラックもあれば、落語もあり、洋楽もたくさんあります。

最近は、自分が生まれる前や幼い頃に活躍した山口百恵やさだまさし、吉田拓郎など…。そのうち演歌にいくのは必至です(笑)。

気を紛らわすときに聞く曲や、授業の前にモチベーションを高めるものまで、用途はさまざまですが、
ひどく疲れて、癒されたいと思っているとき、よく聞いている曲があります。

つらい状況にいるみんな! 勝たなくてもいいんです。負けないで!!

小学時代に培われた基礎が高校受験に直結! 小3・小5・中2




高校受験まで1週間を切りました。全受験生の合格を祈ります。

この時期になると、多くの生徒はメンタル面の調整が第一です。選抜機会は一度になりますから、以前より重要であり、これこそ講師の最たる役目であると思います。

今年中学を卒業する予定の生徒は、昨年より約1,600人増えたため(神奈川県内主に都市部)、今年度は各校定員を増やしたために低倍率の高校が増えました。

来年も同じ状況になるとは考えられません。来年度以降の受験生たちは、決して油断しないで頂きたいと思います。

さて、英数学院に在籍する小学生の多くは将来公立中学に通う、「未来の高校受験組」ですが、小学生時代の鍛錬さえあれば、中学でのつまづきも最小限に抑えられます。新しい高校受験では、特に

小学生時代の基礎が大きな飛躍を生みます。中学で内申5をとれる生徒をとの思いで、英数学院では小学生の時から訓練を重ねさせて頂いています。

一つの例が、数学です。塾で小学校時代に通っていた生徒と、そうでない生徒では、「導入部」の時間のかかり方に大きな差が出ます。

学校でしっかり授業を受けていれば充分かもしれませんが、小学校の教師にも文系や理系などタイプがいろいろです。誰が担任の先生になるか、こればかりは選べませんが

塾は選べます!!。

この度、脱「ゆとり」による学習指導要領項目の増加・新しい入試制度や新傾向問題と対峙した1年間の経験を元に、

在塾生の保護者の皆様にお手紙を送りました。現場リポートのようなものです。前もって知って頂きたかったからです。

そこで、最重要学年として、「小3」、「小5」、「中2」を挙げさせて頂きました

この3つの学年の学習項目いずれもが、高校入試に直結すると、大胆に提言させて頂きました。

高校受験という一つのゴール、また社会で必須とされるに違いない大切な内容の多くは、この3年間の学習の充実にかかっており、

例えばのお話です。受験前に駆け込みで来て頂くのも構いません。しかし、例えば小5の1年間を一緒に過ごさせて頂くだけで、そこからしばらく学習と離れても、思い出して頂ければ、指導内容がすーっと入ります。

算数と言語学習の基礎という意味で書きましたが、私は、この2年間、小3の算数を受け持って改めて実感致しました。003鍛錬という言葉を使いましたが、できる喜びを植え付ける作業でもありました。今の小学3年生は、「算数の宿題を出してくれ」とうるさいです(笑)。

漢字練習の宿題をあまりやっていないようなので、「それができたら、算数も出してあげるから」ともったいぶり(笑)、「その代わり、全員やって来ないと、もう2度と出さないから」と約束し、本日がその算数の宿題提出日です(笑)。

支えてくれた人へ感謝の念を抱こう


IMG_0372昨年から2階の踊り場に、ブラックボードを立て、さまざまなメッセージを書いています。
学力検査まで2週間となった昨日は、こんなことを書きました。

先週も、3人の受験生の個人面談を致しました。受験前で、緊急を要するものでした。

1名は、「進路について、相談がある」と、授業後、夜遅くまで語り明かしました(家が近所だったため、長くなりました)。進学後のこと、大学受験のこと、親の願い、本当にこの高校でいいのか…。
「説明会へ行っただけでは、その学校のことは分からない。もう一度(学習時間が削がれるのを承知の上で)自分の目で、平日の高校を見に行ってみたらどうかと提案させて頂きました。

1名は、担当講師から、「授業態度に緊張感が見られないので、本人と話をしてほしい」とのことでした。生徒の置かれている状況は把握しておりましたので、環境に左右されないこと、目の前の壁から逃げないこと、受験を乗り越えた経験は、今後も襲ってくるであろう困難に直面した際、必ず「財産」になるという旨を伝えました。

1名は、自転車整理をしていた折、声をかけられ、「先生、何点とったら、入れますか?」と聞かれましたので、調べて明日にでも教えるよと…。「5教科で○点」「得意教科はさらに伸ばすこと」「限られた時間で、効果的な学習」について伝えると、モチベーションも上がったようです。
003
保護者面談に加え、このような個人面談は、できるだけ行ってまいりました。

後は、本番で、いかに自分がやってきたことを出し切れるか。メンタル面のサポートを重視して取り組んで参ります。

本日も、明日も、入試対策講習があります。
長丁場となってまいりましたが、彼らの心が折れないよう、細心のケアを期しています。

平成26年度神奈川県公立高等学校入学者選抜 志願のてびき



2月14日に学力検査が行われる、「公立高等学校の志願のてびき」です。




詳しくは、上記をクリックの上、ご参照ください。




気になる2月14日の試験科目の時間ですが、




9:20〜10:10 英語(外国語)

10:25〜11:15 国語

11:30〜12:20 数学

(昼食)

13:10〜14:20 理科

14:15〜15:05 社会


となっております。



5教科の勝負となりますから、各教科の間の時間、如何に切り替えられるか、




12日の模試は、本番を想定した最後の機会になります。




see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

残り2ヶ月。カウントダウンが始まります



2月14日の高校入試まで、残り2ヶ月です。




受験生の皆様へ。




前年度、初めての「共通選抜」に臨んだ生徒たちを見ているので、もし皆さんのスタイルに良い影響を及ぼすなら、参考にしてください。

015


<12月中に取り組んで欲しいこと>

仝民は、自分で先取りして学習して、地理・歴史の復習を終わらせましょう!



⇒科も同様に範囲が広く、昨年の3年生は、学校においても教科書内容が完全に定着しませんでした(その割に満遍なく、出題されました)。



自分で学習できる分野に関しては、学校どころか塾よりも先取りして、終わらせてください。



8贏辰龍化を!



もう一度、1・2年で学習して忘れてしまっている分野を復習しましょう。




さ述対策。何でもいいので、書いて書きまくりましょう!




個人面談でもお話させて頂いておりますが、




1回しかない本番では、何が起こるか分かりません。緊張も当然するでしょう。学習したはずの問題を当日、力が発揮できず、出し切れなかったというのは、誰にでもあります。




それを補って余りあるモノが、「自信」です。




自分は、これだけ勉強した。この学校の受験者には、誰にも負けない自信がある…。




2月14日は、体調はもちろんのこと、そういうメンタル状態で、臨んで頂きたいです。




故に、12月が勝負です。




1月は細かな調整です。皆さんが思っているより、慌ただしいです。併願校の準備も必要でしょう。




私は、これから、このブログを初めとして、励まし続けます!




5教科、バランスよく、自身でルーティンワークを作り、気分がのらなくても机に向かうリズムを作りましょう!!




詳しくは、個人的にお話しましょう。see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


保護者面談を終え…。

005



本日は、数学検定が行われます。受検者はしっかり、見直しを!




私は、保護者面談を終え、それを見届けた後、全日本私塾教育ネットワークの研修会で山口へ向かいます。




「学ぶ」とは自分を磨くことです。




私も、この1年、たくさん学んできました。今回も「学び」の旅です。全国各地の塾の先生方と交流をし、英数学院に良い部分を還元できればと、考えております。




受験生の皆さん、志望校合格は当然の目標として、この機会は、自身を磨く絶好のチャンスだと捉えてください。




もう学歴社会は終わりました。これから、どのような人材が社会で求められているのか。自分は、何をしたいのか。自分の使命とは何か。




全力でぶつからないと、答えは出ません。




私でよければ、個々に、ご相談に応じたいと思っております。




来週月曜日まで、留守にしております。




遠慮せず、どんどん相談に来てくださいね!!



see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


プロフィール

Hiro

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「モブログ」は提供を終了しました。
ギャラリー
  • ルーティン
  • ルーティン
  • 個人面談 なぜ歴史を学ぶのか
  • 個人面談 なぜ歴史を学ぶのか
  • 模擬テスト(Wもぎ)のご案内
  • 入試対策講座! 英語 長文読解2
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ