Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

個別

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

卒業生の来訪

先日、大学に進学することが決まった卒業生が、顔を出しに来てくれました。(^○^)
026「お世話になったので、感謝の気持ちを伝えにきました。これからがスタートです」と語ってくれました。

卒業生が来てくれるのは、本当にうれしいですね。
またいつでも遊びにきてください。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

秋の職員研修会

13日、講師全員の意識統一、指導方針の確認、来年で3回目を迎える共通選抜(神奈川県高校入試)問題の分析・検証と対策について、さまざまな意見交換を行いました。また個人情報の取り扱いについても徹底致しました。
002「かな理」でコラボさせて頂いている中村先生(川崎区・中村学院)にも参加して頂き、貴重なご意見を伺いました。

子供たちから「勉強のしかたが分からない」という声を最近よく耳にします(主に受験勉強)。そこで、各教科のエキスパートから多くの「しかた」を聞きました。後日改めてご紹介させてください。

あくまできっかけとして、参考にして頂けると幸いです。人はそれぞれ、自身に合ったスタイルがあるはずです。次第に「自分のやり方」を見つけていくことができると思います。それが、将来的に「仕事への取り組み方」にもつながっていくはずです。

005子どもたちの自立を促し、サポートしていくことができればと思います。

最後に、私から「英数学院に通うようになって、家で自ら勉強できるようになった」こういう塾にしたい。
「子どもたちには、無限の可能性がある。それを開発できるかどうかは、努力。塾を卒業した後も、彼らの人生は続く。生涯努力する人に育てたい。私も含め講師全員が、『努力する人』を育てる人間に!との念いを指導の根底に置いて欲しい」と伝えました。

この第1部で白熱した議論となり、予定より大幅に時間超過…。第2部には、個別指導を専門とされる渡辺塾(東京都・北区板橋区)の渡邊浩塾長にお話を伺いました。
010近年、個別指導の塾が増えております。英数学院でも個別指導を受講する生徒の割合が増えております。地域で英数学院は個別指導では実は老舗です(当時「個別」という言葉自体がなかったため、現在も「個人指導」と呼んでいます)。指導法やスタイルなど、時代やニーズに合わせて進化する必要があると考え、渡辺塾での取り組みを紹介して頂きました。

講師一同、大きな刺激となりました。明日からの授業に生かしてまいりたいと思います。


※9月15日(月)は敬老の日ですが、通常通り授業があります。
see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

神奈川県公立入試2014 志願変更後の倍率 2/8(確定)



・志願変更で、確定した倍率(主な全日制高校)

新城 1.21
住吉 1,32
川崎北 1,10
多摩 1,44
生田 1,45 自然科学 1,87
百合丘 1,06
生田東 1,06
 1,03
麻生 1,03

市立川崎 1,23 生活科学 1,41 福祉 1,00
 1,51 国際 1,49 スポーツ 1,54
高津 1,13

川崎工科 総合技術 1,06
向の岡工 機械 1,24 電気 1,29 建設 1,14
川崎総合科学 情報工学 1,31 総合電気 1,05 電子機械 1,51 建設工学 1,18 デザイン 1,49 科学 1,56

川崎市立商 ビジネス教養 1,04
県立川崎 1,13
大師 1,17
麻生総合 1,08

横浜翠嵐 2,23
市ヶ尾 1,41
川和 1,49
港北 1,24
柏陽 1,44
湘南 1,68
横浜サイエンスフロンティア 1,55
神奈川総合 個性化 1,70 国際文化 1,23

支えてくれた人へ感謝の念を抱こう


IMG_0372昨年から2階の踊り場に、ブラックボードを立て、さまざまなメッセージを書いています。
学力検査まで2週間となった昨日は、こんなことを書きました。

先週も、3人の受験生の個人面談を致しました。受験前で、緊急を要するものでした。

1名は、「進路について、相談がある」と、授業後、夜遅くまで語り明かしました(家が近所だったため、長くなりました)。進学後のこと、大学受験のこと、親の願い、本当にこの高校でいいのか…。
「説明会へ行っただけでは、その学校のことは分からない。もう一度(学習時間が削がれるのを承知の上で)自分の目で、平日の高校を見に行ってみたらどうかと提案させて頂きました。

1名は、担当講師から、「授業態度に緊張感が見られないので、本人と話をしてほしい」とのことでした。生徒の置かれている状況は把握しておりましたので、環境に左右されないこと、目の前の壁から逃げないこと、受験を乗り越えた経験は、今後も襲ってくるであろう困難に直面した際、必ず「財産」になるという旨を伝えました。

1名は、自転車整理をしていた折、声をかけられ、「先生、何点とったら、入れますか?」と聞かれましたので、調べて明日にでも教えるよと…。「5教科で○点」「得意教科はさらに伸ばすこと」「限られた時間で、効果的な学習」について伝えると、モチベーションも上がったようです。
003
保護者面談に加え、このような個人面談は、できるだけ行ってまいりました。

後は、本番で、いかに自分がやってきたことを出し切れるか。メンタル面のサポートを重視して取り組んで参ります。

本日も、明日も、入試対策講習があります。
長丁場となってまいりましたが、彼らの心が折れないよう、細心のケアを期しています。

クラス(小学生) 壇上にいない講師 クラスなのに個別指導!?



受験生の皆さん、出願お疲れ様でした!!
020教室の授業風景を撮影するのは、多くの生徒の皆さんにご迷惑をかけます。

今日は小学生のクラスについて、です。

英数学院のクラスは、多くても10人以内という、[超]少人数が特徴です。

つまり、「一人一人に指導が行き届く」というモットーが昔から在り、これが15人、20人となると、学校とあまり変わらないのです。約分のし忘れ、符号ミス、文章題のポイントやキーセンテンスのヒント等、巡回しながら、一人ひとりきめ細やかなチェックができます。

031英数学院の授業は、説明で板書が必要な時を除いて、先生が黒板の前に立ちっぱなしということが稀なのです。「超少人数制」とはこのことです。学習内容と進度が同じ「1:10の個別指導」と言っても過言ではないと思います。


よく聞かれる時間割ですが、


小3 週2回 国語1時限 算数1時限(4:05〜4:55 月・火、木・金)

小4 週2回 国語2時限 算数2時限(4:10〜5:40 月・火、木・金)

小5 週2回 国語2時限 算数2時限(4:55〜6:25 月・火、木・金)

小6 週2回 国語2時限 算数2時限(5:40〜7:10 月・火、木・金)


となっています。

皆さん、習い事をされているので、月・木で来られている方、月・金で来られている方と様々です。
月・火は同じ内容の授業です。木・金も同様です。

つまり、週2回・4通りの通塾が可能です!(月・木、月・金、火・木、火・金)

例えば、月曜日に体調が悪くなった生徒さんは、火曜日に体調が回復したら月曜日に受ける予定だった授業を火曜日に受けて頂いて結構です。その逆も然りです。学校行事も重なることがあるでしょう。
092内容は、基本的に教科書に沿っていますが、国語ですと教科書ではそれほど扱っていない「文法」に力を入れたり、中学進学に際し、スムーズに授業に対応できるよう計算して、計画的に進めています。算数も同様です。

つまり、小学生のときから、高校受験に矢印を向けています!

そして、毎月月末に、テストを行い、偏差値・相対評価(学校は絶対評価なので、賛否あるかと思いますが、提出物などの評価なしの塾内における実力だけの評価とご理解ください)・順位などを、毎月ご家庭に送付しています。

学年上位5位は、塾舎に掲載されます! 上位者には、「おもしろ消しゴム」等の景品をプレゼント! 子どもたちの励みとなっております。

月例テストは、私どもにとっても、その月に習った単元が理解できているか、毎月把握ができるメリットがあり、まだ理解度が足りないと思われる場合は、月をまたがって復習します。

中学に入ると「数学」になりますが、算数の延長です。中学生で数学が不得意な生徒は、小学内容に戻らないと取り返しがつきません。通分や約分、分数・小数や難しい筆算などの理解・定着のためには、「しつけ」が不可欠です。同じミスをして叱られると、子どもたちの意識付けも変わるのです。
(かつては、小学校の先生方も「居残り」等の補習をしてくれましたが、現在は業務多忙でなかなか難しく、分からなかった単元も置き去りにされがちです。妹が教員なので、よく存じています)


国語は、読書習慣がない場合、短期間では力がつきません。小さい頃の読解力や想像力の欠如は、中学時には取り返しがつかないこともあります。長い目で見ると、小学生のころから通ってくださる生徒は、文章読解にほとんど困りません。

中学に入ると、本格的に英語も学びますが、基礎は「国語」なので、英数学院ではそれも考慮に入れて、小学生の国語の授業を展開しています。

英文法、英作文、長文読解…。国語でできないと、英語でも難しいです…。
文章題然り、すべての教科は国語力に直結していると、入試を控え、改めて痛感します。

現在の小学生の教科書は、古典や敬語、豊富な語彙など、かなり中学内容を助ける項目を幅広く扱っています。英数学院では、学校では一見(授業時間の関係で)流されそうな単元も、高校入試を見据え、しっかり定着して頂くよう努力しております(竹取物語、枕草子、漢詩、短歌・俳句、尊敬語と謙譲語、日本古来の風習・文化や伝統など、5年生を機に盛りだくさんです)。

昔なら、漢字や指示語、内容吟味・心情理解などで点数がとれましたが、新高校入試では、作文能力や要約能力・語彙力も問われます(字数制限あり)。

小学生から、学んでいる子たちは、違和感なく溶け込めると思います。漢字の書き取りも、高校入試に出る問題は、小学生時代に学ぶものがほとんどです(毎回、漢字練習の宿題、小テストを繰り返しています)。

そして、クラスには「競争」や「ライバル意識」といった、自らを向上させるアイテムもあります。もちろん、過剰に他人を意識する必要もありません。ただし、授業は皆さん真剣です。授業後には、学校の違うお友達と仲良くしている光景も見られます。

テストは良いときも悪いときもありますから(笑)。子どもたちには、人と比べないこと(比べるのは前回の自分)、あまり一喜一憂しないよう伝えています。「頑張って結果が出なかったときの心の持ちようが大事だよ」とは伝えてまいりたいです。
002
小学生の「英語」クラスもあります(選択制)。学校で英語の雰囲気は把握していると思いますが、英数学院の小学生英語は、単語・文法といった「書く・読める」、中学生が勉強するような中身ですので、これを受講して頂くお子様は、中学に入って英語が得意になる子が多いです。将来の選択肢として、これをきっかけに語学を選ばれるお子さんもたくさんおられます。

小学校の勉強は、ややもすれば担任教師の力量にかかっています。40人をまとめ、どれだけ目を光らせるかといった…。その教師が理系か文系かにも依るところがあるでしょう。

自画自賛になりそうですが、英数学院の(高校受験を視野に入れた)小学生クラスは、他の追従を許しません。

算数のレベルに関しても、教科書内容以上です! (「学校より難しい」と子どもたちから専らの声です)教科書内容さえ定着すれば、どんどん伸びしろを伸ばします。

クラス授業は一ヶ月無料で体験を受けられますので、是非体感して頂きたいですね! 国語の教科書、漢字練習ノートと算数のノートをご用意頂ければ、雰囲気や合う・合わないも実感できるのではと思います。
(前学年内容の理解が不十分で、クラス授業の内容についていけない場合は、別途相談させて頂きます)

何が素敵かというと、子どもたちがみんな「塾が愉しい」と言ってくれていることです。(^▽^)/ 清々しく、塾を後にする子どもたちの姿ほど、嬉しいものはありません。

これは、教えている私たちにとっても「愉しい」です。その相互作用が、お互いの切磋琢磨となり、学力向上につながっているのではと、勝手に分析しています。(^▽^)/

質問にお答えします! 中学生クラス



英数学院の中学生クラスについては、書こう書こうと思って参りましたが、受験があり、学年末テストがあり、とてもではありませんが、授業風景を撮影するという雰囲気ではありませんでしたポリポリ (・・*)ゞ。

私が指導する授業も同様です。

というのも、昨年から神奈川県は前後期選抜が廃止され、「共通選抜」というシステムに変わりました。
017昨年までは、内申点と面接で約半数の生徒が進学が決まり、不合格の生徒は学力検査によって2度目のチャンスを得られた訳です。

現在、全員が学力検査と面接を受けることになり、さらに1教科50点満点が100点満点となり、試験問題も記述形式が中心の、昨年とは趣向の異なる難度の高い問題になりました。

昨年の過去問が参考になると思います。

つまり、内申(学校の試験及び提出物や授業態度)を上げる授業及び対策と並行して学力検査でも得点を獲れる授業を、特に3年生は行って参りました。

クラス授業のメリットですが、一言で言えば「刺激」です。入試前の「緊張感」は、私たちも久しぶりの体験でした。
(これまでは、前期で合格した生徒、後期に賭ける生徒が混在しており、やりづらさはありました)

私どもは、人と比べるより、昨日の自分と今日の自分を比べようと言い聞かせますが、

クラス授業では、自然と意識する「ライバル」が生まれ、それが子どもたちの成長につながっているようです。

「クラス」についてですが、英数学院のホームページにも書いてある通り、超少人数です。

基本、教室に10名以下です。一人一人に目が行き届く範囲という観点から、採算度外視で全員のミスや理解度を把握するよう徹底しています。

011これ以上増えたら、「馴れ合い」が生まれかねません。一人のクエスチョンが他の生徒の疑問でもあったら、きちんと説明できます。

狭い教室ですが、生徒が問題を解いている時は、巡回しながら各生徒の細かな間違いをアドヴァイスできる、最良の人数構成をしています。

川崎市の中学校は、部活動の引退が秋という特殊な地域です。部活動引退後の夕方の時間を活用して、

3年生は、学費を据え置きのまま、夕方に2時限を追加するという改革も行いました。部活終了後、夕方の時間を活用しきれていない(昨年までの先輩を見ているので仕方ないですが)、生徒たちの意識改革でもありました。

主人公は生徒であり、彼らが主体者です。その意識を徹底して植え付けました。
007
英数学院に通う生徒の95%は、公立高校進学を目標にしています(小学生から在籍している子どもたちもです)。

もちろん、3年時の内申が上がったことで、途中で私立推薦など進路変更をする方もいますが、それはそれで、徹底的に高校受験指導の一貫性が統一され、授業自体も効率良く、リズムやテンポが生まれます。

このゴール地点が定まっていることで、受験が遠い先の小学生の授業にも、逆算した指導ができます
(結果としてですが、私立・国立の進学校にも、過去に何人もの生徒を輩出してきました)

子どもたちは、やはりどこかでご自身の家庭や経済状況のことを考えています。それは頭の下がる思いです。

だから、私たちは、全力で学習面・メンタル面のサポートをします。子どもたちの思いを何としてもという思いです。

27日が合格発表です。全員の合格を祈っている毎日です。
(中学生の授業風景の撮影は何度もトライしましたが、このような状況ですので、また改めて!)

時々、解らない問題を質問できますか?というお問い合わせもありますが(子どもたちの性格なども含め)、超少人数ですので、授業中にしづらい場合は、授業の後、どんどん聞きに来てください。

納得されるまで、説明致します(^▽^)/。学校の授業で解らないから、塾に来て頂いているのです。当然の権利です。質問を受けることは、講師陣にとって、すごく嬉しいことなんですよ!!

中学準備講座のお知らせ



昼夜の寒暖差が、出てまいりました。またインフルエンザやノロウイルスも流行っております。

万全の体調管理をお願い致します。

英数学院のウェブサイトにもありますが、4月から中学に進学されるお子様を対象に、「中学準備講座」を開講致します。

実は、今月に入りまして(もうすぐ2月ですが)、塾についてのお問い合わせが多く、実際に体験授業を受けて入塾される方が、多くいらっしゃいました。
015
「学校の勉強が分からない」という声を多く耳にしました。中1後半以降の方がほとんどです。

近年は「個別指導」を志望されるお子様が多いというのも理由ですが、

分からないところまで戻って復習する必要があるケースがほとんどでしたので、今月入塾された方の多くは、個人指導(1:2)で学習されています。

今回の「中学準備講座」は、現在英数学院で学ばれている6年生と同じ状況まで、できるだけ学力の底上げを図り、

仮に入塾される場合には、クラス授業にも参加できるように、という願いもあります。

短い期間ではありますが、英数学院の超少人数クラス授業を体験できるきっかけの一つとして、ご利用頂けると幸いです。

教材費1,050円のみで受講できます。
(お申込〆切は2月8日となっておりますが、1クラスで行うため、定員になり次第締め切らせて頂きます。ご了承ください)
008
もちろん授業を受けてみて「合わないなぁ」とお感じになるのも、結構です。

詳細は、英数学院HPをご覧ください(^○^)/。

ホームページをご覧になったり、実際に通われているお友達から聞いたり、塾を知る手段はいくらでもありますが(このブログもその役割の一端を担っております)、

お子様ご自身で感じて頂くことが、方法としては最良かと存じます。それゆえ、お気軽に受けて頂けるよう、受講費に関しては無料にて設定させて頂きました。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

英数学院の個人指導はここが違う!

003



英数学院の個人指導担当者は、ベテラン揃いです。





私よりはるかに経験豊富な講師陣が、「担任制」で年間を通して指導致しております。





この地域で個別指導を最も早く始めたのは、英数学院です。





個別に学ばせたいという保護者の方、子どもたちのニーズは近年増えています。





クラスではできないきめ細やかな対応を英数学院ではさせて頂いています。



013

 嶇⇒輊次廚如∨莢麒欷郤圓諒に、行った授業、次回までの宿題等をお知らせします。





遅刻で10分経っても来ない場合は、ご家庭にお電話差し上げます。近頃は5分経過したらでもと考えております。
(クラスでは、授業の関係で不可能です)




(学校の)授業の進度を常に確認し、定期テストから逆算して、試験対策を十分行えるよう、時間配分を行います。(クラスも同じです)





っ楼荵情に精通している講師が多いので、子どもたちの状況(部活動等)や悩みも共有します。





イ笋笋發垢襪函▲泪ぅ據璽垢亡戮辰燭蝓◆峭峪佞砲戮辰燭蝓廚箸いΥ鼎┐生じるので、学問を通して「精神的自立」を促します。


018


κ孫圓靴董∩択クラス(理科・社会・国語・英語数学特訓クラス)を受講できます。前回も書いた通り、テストも受けられます。





Ц朕融愼魁瓮ラスについていけない子供たちが受けるというのは、違います。昨年、多摩、神奈川総合に合格した生徒は個人指導生です。分からない問題を直接持ってきたり、選択クラスを有効に活用したりして、これまで多くの進学校に合格してきました。

今年度は、選抜機会が一度という厳しい入試でしたが、全員志望校に合格しました



さて、現場で指導する講師の皆さんに「英数学院の個人指導」は他とどこが違うか?という質問をさせて頂きました。


A講師(理系)

英数学院の良さは「生徒との近さ」にあると僕は考えています。
長い期間にわたってこの地域全体の指導をしてきた英数学院の売りである「地域密着の指導」はもちろんのこと、個人指導では英数学院では最大でも2人の生徒しか同時にみることがないことが、生徒一人一人へのしっかりとした指導を可能にしています。このことで、生徒一人一人へ割り当てられる時間というのは相対的に大きくなります。授業内で生徒の心境面の話をできる時間が多く持て、生徒からの要望や悩みなどをより多く汲み取ることができます。そのために、他の塾と違い、生徒の状況に合った勉強やメンタル面でのサポートがより多くできます。僕は個人的にこうした生徒密着型の指導ができることを非常に嬉しく思っていて、他の近隣に構えている大手の塾よりも遥かに自信を持って生徒への受講をお勧めすることができます。



B講師(文系)

1…家庭的、居心地がいい、ホットできる雰囲気、どんな生徒さんもご指導します

2…全ての先生は優しい、丁寧な指導します

3…講師は生徒をお客様、として接してます

4…勉強を通して、精神的な自立を早くさせます

5…話せるだけで認めてあげる、褒める

6…文法はもちろん話せる英語も教える


こちらも、是非体験してみてください
プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 夏期講習、始まる
  • 保護者面談を終えて
  • 七夕の願い事
  • 努力ノート 英数学院のオリジナルノート
  • 努力ノート 英数学院のオリジナルノート
  • 努力ノート 英数学院のオリジナルノート
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ