Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

保護者面談

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

受験生の皆さんへ 前篇「人間の脳は穴のいくつか空いたバケツです」(武蔵新城・英数学院)

受験生の皆さんへ、メッセージを書きました。
伝えたいことはたくさんあります。長いので、抜粋を掲載いたします。(^○^)/

------------------------------------------------------------------

027個人的に受験は、人生の中で最も自分を鍛えられた経験の一つです。志望校合格という目標は勿論重要ですが、そこへ至る過程の中でどれだけ自身の壁や限界を打ち破れたか。そういった人間的成長こそ実は大事ではないか、その経験がこれからの人生で起こるさまざまな問題を乗り越え強さとなるのではないかと考えています。

・受験勉強について

学校の定期テストは範囲が決まっており、多くの人は試験範囲の発表から短期間で猛烈に取り組んだと思います。入試は小学校6年・中学3年間で学習したすべてが範囲であり、これまでの取り組み方とは変えなければならないのはお分かりでしょう。学習した内容がピンポイントで出る確率は少ないです。しかし、学んだことからしか答えは出せません。出来る限り多くの知識をインプット(読む、知る、考える)し、アウトプット(まとめる、書き出す、図や自分の言葉にする)するというサイクルを増やしましょう。


・人間は忘れる生き物です

皆さんは若いのであまり自覚していないと思います。例えて言うなら人間の脳は「穴がいくつか空いたバケツ」です。2時間学習してバケツをいっぱいにしたとしましょう。翌日には、バケツの中に入っていた水が少なくなっています。翌々日には、さらに水は減っているでしょう。なくなった水を常に補充しながら、さらに多くのバケツに水を入れていくことが勉強です。「反復」・「継続」こそ、膨大な範囲を定着させるのに必要な作業なのです。「1度やったから大丈夫」というのは妄想です(笑)。根気の要る作業ですが、これに尽きると思います。


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

保護者面談が始まります

今週末から、中3対象の保護者面談が始まります。
ご家庭・学校での様子や、ご要望、また今年の入試状況などさまざまな意見交換やお話を伺えると幸いです。

025また本日から、夏以降の学校説明会等のスケジュール冊子をお配り致しました。21日には、神奈川の私立校相談会がパシフィコで行われます。そちらのご案内も生徒たちに配布差し上げました。


話は変わりますが、大型台風の接近が予報されております。逐次、英数学院のウェブサイトやこちらのブログにて、情報を更新させて頂きます。情報収集の気づきや速度で言えば、Twitterでフォローして頂けると幸いです(純粋に、便利です)。

本日も、小学6年生のクラスで、無理のない通塾を訴えさせて頂きました。台風の進度やどういう状況になるかは未知数ですが、お住まいの地域で物が飛んだりする状況でしたら、ご無理をさせないで下さい。

異常気象が続く昨今です。細かな、災害時のガイドラインの作成を急ぎたいと思います(今週には間に合いませんが…)。

まずは、今週のさまざまな考えられる範囲を想定して、本日にもスタッフと協議致します(中学生の多くはテストなので、いつ来て頂いても受検できる態勢を整えたいと思います)。

お気を付けて!


保護者面談を行っております、プラスα





今週、中3生の保護者の方と、大事な進路について、面談を行っております。




志望校についてのお話がメインなのですが、




塾での学習の様子や、入試対策について、時間の使い方、各校の情報など話題はさまざまで、




本当に、毎回時間を圧してしまい、お待たせしてしまうお時間を何とかできないかと考え、




教室に、「勉強のしかた」プリントをご用意させて頂きました。



001



以前から「勉強のしかた」を教えて欲しいとの声がございましたので、




特に、この時期にピッタリのものを各教科、ご用意致しました。(^○^)/




例えば、理科は範囲が広いので、どこから手を付ければいいのか等。家庭学習でできるものを具体的に優先順位をつけて、どのように勉強すればいいのか。





そして、これも毎回ご相談を受ける、「国語の勉強のしかた」については、私が執筆させて頂きました。




多くのお子様が苦手意識をもたれる「古文」(平成25年度の入試)を例にあげ、「読解力を短期間で身につける」をテーマに書きましたので、是非お手にとって頂ければ幸いです。





ただし、これは1,2年生には、今はお渡ししたくないというのが、本音です。読書の時間もないというシチュエーションで書いた技術論です。




「想像力で背景に想いをはせるだけで、答えが大きく変わる」「台詞を鵜呑みにせずに、少し疑ってみる」等、




神奈川の古文は、小説文と設問はほとんど変わらないので、古語のとっつきづらささえ克服すれば、




現代文と同じです、というメッセージを込めました。

003



これは、先日のクラス授業でもお話させて頂きましたが、すでに過去問を解いた生徒とそうでない子で少し温度差がありましたので、




国語に関しては、まずは過去問を解いて、出題傾向を把握してくださいというお話はさせて頂きました。




A4プリント1枚でまとめたので、想いをすべて伝えきることはできませんでしたが、




想像力は、心を豊かにします。問題も愉しむ気持ちで読んで頂ければと願って、書きました。




想像は人それぞれです。答えは自分の中にしかありません。決して縛られるものではありません。しかしながら、テストでは正解が求められます。




そこで、小説と同様、古文も「設定(登場人物、舞台など)の把握」、主人公は誰か、心情の移り変わりに着目すること、(多くの場合、主語がないので)この台詞は誰が言ったのか、




現代文を解くのと同じ気持ちで読んで欲しいということが、入試問題を例に書かれています。




背景に想いを馳せないと、「一語」の解釈で、全く異なる答えが出てきます。




副題として、ーいつの世も人は普遍ですーと付けました。




「義経記」に描かれている武蔵坊弁慶のようなキャラクターも、現代にいてもおかしくありません。



P2230023



他の都道府県には見られない、ほとんど文脈解釈の問題なので、傾向を知る上では「過去問」が最も役に立ちますが、




まずは、易しいもので、結構ですので、いろいろな古文の問題をチャレンジして頂ければ、と存じます。




古文が好きではない人がたくさんいるとしたら、それはチャンスだと思ってください。




そういうメッセージをたくさん書いております。





「どんな鳥だって想像力より高くは飛ぶことはできないだろう」(寺山修司)





寒い中、当学院まで足を運んでくださる、保護者様へのお手土産に各種参考になる「勉強法」をご用意しておりますので、




お待たせしてしまっている方に、せめてもの償いというか、プレゼントとして、準備しましたので、ぜひお手にとって頂けると幸いです。


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

平成26年度神奈川県公立高校募集定員

007


平成26年3月の県内公立中学校卒業予定者数が70,491人(前年より1,522人増 前年度実績68,969人)という結果が発表されました。

平成26年度全日制高校の募集定員も28学級増[公立38校33学級増 5学級減となりました。

卒業予定者の人口増加は、川崎・横浜といった都市部がほとんどなので、今回の募集定員では、主に都市部で〜芦鵝倍率が高かった学校(特に偏差値60以上の高校)が1クラス分定員増 倍率が低すぎた学校は定員減となっております。

英数学院の生徒が受験する可能性のある高校を、前年度と比べ、生徒たちが主に進学する地域の高校のみ、増減のあった高校を記します(1クラスは約40人とお考えください)。


<募集定員が増えた学校>
・横浜翠嵐 1クラス増   ・鶴見 1クラス増  ・川和 1クラス増  ・元石川 1クラス増
・住吉 1クラス増  ・川崎北 1クラス増  ・百合ヶ丘 1クラス増  ・菅 1クラス増
・麻生 1クラス増  ・市立高津 1クラス増  ・大師 1クラス増  ・麻生総合 1クラス増
・横浜国際 1クラス増
 

<募集定員が減った学校>
・生田高校(普通科) 1クラス減   ・鶴見総合 1クラス減


私個人の想定ですが、倍率に関しては、あまり一喜一憂されないほうがいいかと存じます。前年度のそれが最も参考になると考えます。

約1ヶ月前に発表されましたが、中間テスト前で、子どもたちへの動揺をを考慮し、この時期に発表させて頂きました。
001

また来週から、保護者面談がございますので、個人的見解など詳しくは、そちらでお話しさせてください。


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪
プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 保護者面談を終えて
  • 七夕の願い事
  • 努力ノート 英数学院のオリジナルノート
  • 努力ノート 英数学院のオリジナルノート
  • 努力ノート 英数学院のオリジナルノート
  • 努力ノート 英数学院のオリジナルノート
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ