Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

中学準備講座

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

中学準備講座開講のお知らせ(英数学院)

英数学院では3月から新年度授業が始まりますが、すでに小6クラスでは、国語の時間の一部を使って、アルファベットの指導や英単語(語彙)を増やす試みを始めております。3月から本格的に中学の教科書内容に入っていく予定です。

近年、中1後半以降から「勉強が分からない」と入塾される生徒さんが増えてきました。復習から始めなければならず、学校も同時に進んでいるため、クラス授業にスムーズに入れないという状況があります。

そこで今回、下記の要項で、4月に進学される外部生を対象に「中学準備講座」を行います。


この講座に参加された方で、新年度から入塾される方には「入会金免除」特典も設けました(執拗な勧誘は行いませんし、授業が気に入らなければ、断って頂いて結構です)。

教材費1,000円(税込)のみで受講できます。教材費持参にて、お申込頂き、講座参加とさせて頂きます。なお、少人数制クラスのため、定員を超えた場合は締め切らせて頂きます。ご了承ください。

<日時>
2017年2月16日(木)・20日(月)・23日(木)・27日(月)の4日間
午後6:25〜7:55(45分×2)

<教科>
・英語(アルファベット、必修単語・学習のしかた)、及び言語学習に必要な文法
・数学(正負の数、大小関係、加法、減法、乗法・累乗、除法)

<持ち物>
筆記用具、ノート各1冊(英語は、英語用のもの)

<〆切>
2017年2月14日(火)

奮ってお申込ください。平日・土曜日 午後2:00から受け付けています。

中学準備講座開講のお知らせ(英数学院)

英数学院のウェブサイトではすでに告知しておりますが、今年4月に中学に進学される方(外部生)を対象に、中学準備講座を開講いたします。

2月17日から計4日間(火曜日と金曜日)、英語(プラス国語の文法)と数学の授業を行います。

004参加者特典もございます。奮ってご参加くださいませ。
see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

特色検査対策(小3から高校受験 武蔵新城・英数学院)

いよいよ受験生は、入試まで約1ヶ月。さまざまな調整期間に入ります。

025中でも、特色検査を受ける生徒へのフォローをと、先日特色検査の練習を行いました。教科横断型の学力テストとは少し違ったタイプです。行ってみると、すごく勉強していて堂々たる態度でした。受験はここまで人を成長させるものかと思いました。

今週からは、私立を受ける生徒を先頭に模擬面接を行います。

残りの期間、まだ定着していない分野の学習を完璧に仕上げましょう!

今週末からは、いよいよ入試を想定した「入試直前対策講習」が始まります!


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

001

塾教育総合展(英数学院 小3から高校受験に→)

033受験生たちがラストスパートをかけております。体調管理だけ気をつけて頂きたいです。

できるだけ多くの子どもたちに励ましを贈りたいと考えている今日です。

8日に、国際フォーラムで行われた全国学習塾協同組合主催「塾教育総合展」に参りました。今年度、小学生の教科書が改訂されるので、実際に目にしてきました。

印象深かったのは、現在も扱われている古典(今は音読中心で行っております)。高学年では本格的に授業(読解)で取り組むことになりそうです。


IMG_1552その後は、同じ会場で行われた全国学習塾協会関東支部主催の教材についての研修会が行われ、各塾で教材をどのように用いているか等の紹介があり、とても参考になりました。

来週から、本格的に入試を想定した演習(入試直前対策講習)が始まります。英数学院では、今年も全員が志望校に合格できるよう、学習面はもちろん、メンタル面・面接に至るまで全力でサポートしてまいります。


12日は祝日ですが、通常通り授業を行います。特色検査を受ける生徒もいるので、その対策も開始です。

忙しくなってまいります。
しかし、昨日受験生のクラスを指導したところ、とても良い緊張感を感じられたのでほっとしました。

2月16日(高校入試・学力検査)当日、いかに自分の力を出し切れるか、そこへ舵を切って参ります!

初めての、英語の授業

小学6年生クラスに、国語授業の時間を使って、英語の授業をしました。ただし、半数以上は英数学院で英語クラスを受講しています。本日は、アルファベットなどの基礎を指導いたしました。

014昨年末から、英語のノートを2冊用意するよう伝えていました。一冊は「授業用ノート」。もう一つは、英数学院伝統の「努力ノート」。
私の努力ノートを見せながら、それぞれの用途を説明。決して混同しないようにと伝えました。次回までに頑張ってきてくれるか楽しみです。

英語は国語の指導とともに徐々に進めていきます。入塾を検討されている方には、近々ウェブサイトにてご案内する「中学準備講座」をお奨めします!

小学校で多少は習っているとはいえ、ほとんどの生徒は初めての学問です。今日のように愉しく、この溌剌とした感覚をいつまでも長続きさせられるよう、サポートしてまいります。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

私の高校受験体験


私の受験時と現在では、時代背景も入試制度も異なるので、あくまで参考になれば幸いです。

公立受験は、現在と同じ「一発」勝負でした。併願(優遇)という制度がなく、私立は「滑り止め」といって、学力検査で点数をしっかり獲れないと合格できませんでした。
002私は公立志望でした。4人兄弟の長男で、親に経済的な負担をかけたくないという思いからでした。

中3の夏。髄膜炎という病気に罹り、約2週間入院しました。その後も頭痛や吐き気といった症状は続きました(高校時代まで悩まされました)。ただ言い訳にしたくないので、夏に勉強できなかった分を取り返そうと必死に頑張りました。

迎えた2学期の期末テスト(現在でいうと後期中間テスト)。気持ちは集中していたので、症状は気になりませんでしたが、得意の英語のテストで異変が起こりました。試験中、突然、腹痛に襲われたのです。

プレッシャーではなかったと思いますが、想定外の問題が出て、手が止まり、思考が停止してしまったのです。頭の中が混乱してくるうちにお腹が痛くなった、のだと思います(今考えると、後回しにすれば良かったのですが)。腹痛は我慢できなくなり、途中退席してトイレに行きました。3分の1が空白という状況で、不本意な形で答案を返却しました。

技能教科の不出来もあり、これまでの私には考えられない内申点(当時は相対評価)で、公立受験には大きく不利な状況となりました。あまりの急落に、担任の先生から「何があったんだ?」と三者面談で言われ、母がそこで夏に入院していたことなどを話しました(それは関係ないので、言って欲しくなかったのですが)。

志望校選びは、難航しました。当時は学区制があり、自分の「内申点と、入試(例え満点近くとれても)」でどれだけ頑張っても、行きたい高校は無理があり、学区外の受験しかありませんでした(学区内の生徒より、ハードルは高いです)。

いくつか学校見学をした中で、S高校さんが、突然の訪問にも関わらず見たい施設等を案内してくれ、部活動の様子も見学させてくれ(剣道部。正直、強くありませんでしたw)、その後「校長先生に会わないか」と言われ、何が気に入られたのかVIP待遇をされました。
終わったことは仕方がない、この高校を受験しよう。ここで頑張って、志望する大学進学を目指そうと自ら言い聞かせて、受験勉強に励みました。
004滑り止め(私立・現在では主に併願推薦)の話です。前述の通り、普通は少しランクを落として受験するのが常です。ただ、私は公立受験に関しては、内申点が低いだけで筆記試験では負けない自信があったので、自分よりランクの高い高校を2校受験することにしました。

私立は、英数国のみで、私の苦手な理科がありません。その時の自身の学力では合格は難しかったですが、難問に挑戦するたびに、モチベーションが上がってきました。並行して第一志望の公立受験の勉強をする逆転現象になってきました。私にとって私立受験は、滑り止めではなかった、ということです。

私立の1校目の受験。その日、今度は熱を出し、受験会場には赴きましたが、力を発揮できずに帰ってきました。しかし、試練は私を鍛えてくれました。

私立2校目。会心の出来でした。その時、私の心はとても強くなっていました。自分でも成長しているのが感じ取れました。これが受験というものか、と感じました。結果、合格を勝ち取ることができました。

しかし、この私立受験はいわゆる記念受験。入るつもりはありませんでした。経済的な問題で親に迷惑をかけることはできません。

ところが、親がこの私立校に入るよう勧めたのです。心は揺れました。内心、入りたい気持ちはありました。公立高に行くよりも、目標の大学進学に近いからです。結果的に、出願していた公立S高校を棄権するというウルトラCで、私立高校に進学しました(現在の制度でいうと、第一志望公立・私立併願なし・一般受験(オープン入試)2校で、決して真似はしないでください)。

この時ほど、両親に感謝の念を抱いたことはありません。私立は学費以外にも費用がかかります。私の将来を考え、経済的な援助をしてくれた父、毎日お弁当をつくって明るく送り出してくれた母。病気になった時も、どれほど心配をかけたことでしょう。弟・妹にも、私の我が儘を許してくれたことに感謝しなければなりません。

受験は、試練です。勿論、勝算があるかどうか判断することは重要です。100%負けると分かっている戦には出陣するべきではありません。不合格の傷はそう簡単に癒えるものではありませんし、その後の学習姿勢にも影響を及ぼす可能性があちます。
しかし、大切なことは自身に立ちはだかる壁に立ち向かうか否かです。この受験体験は、今も自分の財産です。
勝つよりも、負けないこと。受験生たちに伝えたいことです。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

本日2月8日(土)の授業は延期いたします。


本日、今後も積雪が予想されるため、転倒等の事故も懸念されるため、すべての授業を中止し、本日行われる予定だった授業を下記の日程で振替致します。

中3入試直前対策講習 → 2月11日(火)12:00〜

学年末対策講習 → 2月9日(日)理社13:00〜 英数15:40〜

明日9日(日)は、通常通り行います。

宜しくお願い申し上げます。英数学院

※中学準備講座は、まだ残席があります。明日9日(日)まで受け付けております。

唯一人のためのコンサート(再掲)


昨夜あまり眠れませんでした。
ある生徒のことが気になっていたからです。

彼女は、陸上100mを「11秒台」で走る少女です。関東大会では上位入賞し、なおかつ英検・漢検も取得。
今年で最後となる前期選抜試験で合格するには十分な実績がありました。

内申が少し足りないことを除けば…。

部活動が盛んな某高校に不合格になったと知ったとき、自分の見通しの甘さに苦虫をかみました。

彼女は再び塾で勉強を始めました。そして迎えた私立高校の試験(併願)。

プレッシャーからか、試験途中で退席。子どもの数が少ない現在では珍しい、私立併願不合格という結果になってしまったのです。

公立入試前日の今日、彼女は最後の授業がありました。

私は彼女を教えたことがありません。私が直接指導していない生徒は英数学院にはたくさんいますが、名前と顔はほぼ把握しています。資格取得状況や、先に述べた部活動等の実績も。

さすがに性格までは分からないケースは多々ありますが、彼女の場合、お母様から状況を伺って、
このまま入試を迎えたら…と危惧しました。志望校に必要な内申が足りていないことも気がかりでした。彼女は人任せにはできないと考えたのです。

授業は夜からでしたが、学校が終わったらすぐ授業を始めて(個人指導)、早めに帰宅させてあげようと、学院長と相談し、保護者の方にもその旨を伝えました。

さまざまな要素を鑑みて、彼女には、数学の対策が必要と感じ、塾長に直接指導をお願いして頂きました。

現在(当時)の数学のテストは、ポイントをしっかり指導すれば、どんなに苦手でも20点はとれます(50点満点)。国語や英語より短時間で、得点の取り方を教えられます。

そして、もう一つ必要と感じたのは、メンタル対策でした。

彼女に会った講師からは「落ち込んでいる様子はなかった」と聞きましたが、自信をなくしているのは確かです。
そこで、荒療治を考えました。

音楽を聴かせようと。それも、生で…。

思いついたら即行動に移りました。懇意にしている新堀ギター教室の先生に頼み、彼女のために演奏してほしいと頼みました。

実は、私はかつてそちらでギターを習っていたので、彼女の意思を確認しないまま、とりあえずご挨拶に行きました。
001ギター教室の先生方も少し心配していました。英数学院と教室は目と鼻の先ですが、試験の前日に知らない場所に来て音楽を聴いても大丈夫だろうか、と。

私が演奏したらどうか? その方がいいのではとさえ、言われました(笑)。
それができないから、頼んでいるのです! 私には、残念ながらギターの才能はなく(手先が不器用)、というか音符アレルギーなのです(笑)。

が、私は一旦、自分の考えに疑問を抱きました。これはただ、私の自己満足なのではないか?、と。

彼女に無理強いはさせないことにしました。「もし、彼女が来たくないと言ったら申し訳ありませんが…」と教室の先生にお伝えし、後は塾長に任せました。私は彼女とあまり面識がないので、根回しだけすることに決めました。

どういう流れでそうなったのかは知りませんが、彼女は勉強が一段落すると、新堀ギターに一緒に行ってくれました。元生徒の私が案内して。

実は、ギター教室の先生方のスケジュールも空いていないと聞いていたのですが、奇跡的に、「生徒がインフルエンザで休みだから」と時間をとって頂きました。

もし、その言葉が狂言だったら、私は涙を流したに違いありません…。

クラシックギターの音色ほど、人の心を打つ音はありません。私はそれを経験し、誰かに聴かせたいと願って習い、今日彼女を連れてきたのです。私自身は挫折しました(笑)。

驚いたのは、彼女が音楽に詳しかったことです! 体育会の女の子だとばかり思っていましたが、過去にピアノを習っていたとのこと。ギターの先生と彼女の間で、音楽の専門用語がどんどん飛び交い、私の視線は宙を泳ぎました…

「『○○』っていう曲が好きなんですが、ギターで演奏できるんですか?」

そのとき、私は知ったのです。彼女の部活実績なら、私立の強豪校から引く手あまたです。特待生で迎え入れたい高校だってあるはずです。それなのに、彼女は公立にこだわっている。

陸上では好成績を収めながらも、高校では陸上ではない、新しいことに挑戦したいのだと知ったのです。勉強しているのも、新しい道を歩みたいと願っているからなのでは。

自分の浅はかな見方を反省しました。人とは、なんて深く、そして、多面的であるのか。彼女は、もう大人の階段を上り始めているのです。私はまたしても、勉強させてもらったのです。

演奏後、彼女は「いい気分転換になりました」と喜んでくれました。


しかし、それは私の台詞でした。今日までの超過密スケジュール。私はイライラし、これまで心ががさついていたことに気づいたのです。
帰ってきてから、暫し、放心状態になりました。このブログの記事名は、真実ではありません。

生のギターがここまで心に染みるとは。分かってはいましたが…。ギター教室まで足を運んでもらったのは、先生方を煩わせない為でもありますが、そこがクラシックギターの音響に配慮された空間だと知っていたからです。

たとえ、私が拙いギターを塾で演奏しても、ここまで心に響きません。

夜、ギターを貸していた妹に「もう使っていないなら、返してほしい」とメールしました。案の定、お飾りとなっていたようです(笑)。

ああ、また1年が過ぎていく。高校入試を迎えると毎年そんな気持ちになりますが、いかんせん3月から、新年度の授業が始まり、今年からの新しい教科書(脱ゆとり)に備えた準備で、そんな感傷は吹っ飛びます。

今日、なぜ自分がこのような、勉強を教える仕事と逸脱した行為をしたのか。それは、「本能」としか言えません。悔いを残したくない。この塾で学んでくれた以上、幸せにしたい。

一か八かの賭であったことは確かです。全員の生徒に同じことは、とてもではありませんが、できません

多くの方にご協力を頂きました。この場を借りて、感謝します。

来年は、自分が…と書こうとしましたが、やはり才能がありません(笑)。しかし、この世に音楽があって良かったと思ったのは、真実です。

今日は、ぐっすり眠れるかもしれません。

<2年前の記事の再掲です。昨年から神奈川県公立高校入試に前後期選抜は廃止され、選抜機会は一度になりました>

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪「

中学準備講座のお知らせ



昼夜の寒暖差が、出てまいりました。またインフルエンザやノロウイルスも流行っております。

万全の体調管理をお願い致します。

英数学院のウェブサイトにもありますが、4月から中学に進学されるお子様を対象に、「中学準備講座」を開講致します。

実は、今月に入りまして(もうすぐ2月ですが)、塾についてのお問い合わせが多く、実際に体験授業を受けて入塾される方が、多くいらっしゃいました。
015
「学校の勉強が分からない」という声を多く耳にしました。中1後半以降の方がほとんどです。

近年は「個別指導」を志望されるお子様が多いというのも理由ですが、

分からないところまで戻って復習する必要があるケースがほとんどでしたので、今月入塾された方の多くは、個人指導(1:2)で学習されています。

今回の「中学準備講座」は、現在英数学院で学ばれている6年生と同じ状況まで、できるだけ学力の底上げを図り、

仮に入塾される場合には、クラス授業にも参加できるように、という願いもあります。

短い期間ではありますが、英数学院の超少人数クラス授業を体験できるきっかけの一つとして、ご利用頂けると幸いです。

教材費1,050円のみで受講できます。
(お申込〆切は2月8日となっておりますが、1クラスで行うため、定員になり次第締め切らせて頂きます。ご了承ください)
008
もちろん授業を受けてみて「合わないなぁ」とお感じになるのも、結構です。

詳細は、英数学院HPをご覧ください(^○^)/。

ホームページをご覧になったり、実際に通われているお友達から聞いたり、塾を知る手段はいくらでもありますが(このブログもその役割の一端を担っております)、

お子様ご自身で感じて頂くことが、方法としては最良かと存じます。それゆえ、お気軽に受けて頂けるよう、受講費に関しては無料にて設定させて頂きました。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪
プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 英数学院通信 学は光なり
  • 英数学院通信 学は光なり
  • テストで高得点をとる方法
  • 小3算数を制する者は数学を制す →小3から高校受験に矢印→
  • 小3算数を制する者は数学を制す →小3から高校受験に矢印→
  • 自習室の神3
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ