Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

Q&A

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、個別指導(1:2)の学習塾です。創立から53年を迎え、地域で最も老舗であり、小学生から高校生を対象に指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

大手塾と個人塾の情報量に違いはあるの?





3年生の皆さん、模擬テスト、お疲れ様でした!!
005




私は、模擬テスト(今回は英数学院が会場)に、皆さんが参加されたのを見届けてから、




公益社団法人・全国学習塾協会・関東支部の研修会に参加するため、千葉県銚子市まで足を運びました(翔英館という塾で、そちらの塾長先生の講演及び、さまざまな各地の塾関係者と意見交換などを交わしました、詳細は次回)。




全国各地の塾を見学する機会に恵まれ、たくさんのものを毎回吸収させて頂いております。




恐れながら、各地域事情はさまざまです。例えば、今回の場合は、銚子市の教育事情や地域性、人口推移等、地元の方にできるだけお話を聞いて、翔英館という塾ならではのオリジナリティーを学びます。
019




今回は、その取材で伺ったお話(受験生の保護者様)から、気になった一つの質問にお答えさせて頂きます。




掲題の通りです。情報量という点で、どうしても大手(おおざっぱに申し上げますと、いわゆるフランチャイズ展開されている)塾のほうが安心だとのことです。




私は神奈川の人間ですが、「違うのは情報の発信量・スピードです、違いなどございません、あくまで双方とも情報収集力に努めている限り、変わりはありません」とご説明致しました。




高校受験を例にします。神奈川県の入試に関して(今年度ですと、共通選抜が導入されましたので出題傾向とその予測)、募集定員、倍率…。




情報のソースはただ一つ、神奈川県教育委員会です。これは各ご家庭でも、インターネット等によって、素早く入手できます。




ここ数年の各高校の変化などに関しては、例えば私どもの塾は圧倒的に川崎市内の学校を志望する生徒が多いので、





地域に根を張り、アンテナを張り巡らせています。卒業生などの話を聞く機会も勉強になります。





「イメージ」がまず最初に浮かぶと思いますが、受験生の保護者の方の時代と大きく変化しています。ですので、直に学校に行かれること(特に在校生がいる時間)を勧めております。




進学実績、指定校推薦枠…。年々変化します(こちらも調べているかいないかの違いです)。逆に申し上げると私どものアンテナは、地元の高校により強い感度.iIがありますので、異なる地域からいらした教室長の方が存じ上げない部分もフォローできるかもしれません。




あまり知られていませんが、英数学院には高校生も在籍しております。





ですので、情報量というイメージで塾選びを考えていらっしゃる保護者の方がおられましたら、どうか誤解を解いて頂けると幸いです。





塾選びに関しては、もっと別の視点で、大きな視野で、検討して頂ければ幸いです(^○^)/。


007



長くなりましたので、




もっと具体的な例の続きや、先月発表された募集定員(英数学院のHPにPDFで貼り付けております)について、実際のところ前年度と何名の増減があったのか、倍率に影響するのかといったお話など、




こちらのブログで、ご紹介させてください!




本日は、この辺で。see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


英検対策って何をすればいいの?




10月12日に英数学院で英検が開催されます。




英検対策の学習法について、自分の経験からお話しさせて頂きます。




教科書内容を完璧に(川崎市で採択されている教科書を前提に)


これが一番の近道です。少し先取りする必要もあるでしょう。
質問があれば、聞いてください。



リスニング対策を怠らない

英検の問題の約5割は、リスニングです。
過去問が格好の練習問題だと思います。

よくある、返しのフレーズなどがありますから、知識として覚えておきましょう!


ある級では、設問と設問の間の時間が短いので、集中力+反射神経も必要です。

試験の最後なので、早めに筆記を終わらせ、リスニング問題に目を通しておくと、楽になります。


長文読解

問題を読んでから、長文を読み始めましょう。

多くの設問は、段落ごとに解答が隠れています。


問1→第一段落、問2→第二段落…。



語彙について

教科書で学習していない単語も出てくると思います。

知らなくても、あまり固執しないで、後回しにしましょう。
001



英検の配点は、すべて一問1点です。

英検は、約6割の正答で合格できます。


過去問等を解いてみて、合格に語彙力が足りないと思ったら、「Pass単熟語」という書籍が市販されているので、意味だけでいいので、少しずつボキャブラリーを増やしていきましょう。

(後の入試対策にも役に立つでしょう)


マークミスをなくしましょう

マークシートは、気づかないだけで、結構マークミスを犯します。
問題用紙にも丸をつけてから、シートを塗りつぶしましょう。


後で、自己採点にも役に立ちます。(^○^)/

質問にお答えします! 川崎診断テスト




11月上旬に市内の中学校で一斉に行われるこのテストに関して、どう対処すべきかというご相談を受けます。





担当教科の先生が「内申に反映する」ということであれば、対策は必要でしょうが、





「川診の点数をとる勉強」で終わらせるのではなく、





間近に迫った後期中間テスト、その後に控える入試対策を兼ねた学習ということであれば、これを機に大いに学んで欲しいと願っています。





例えば、社会という教科だけとってみても、忘れてしまっていた地理・歴史の復習をする絶好の機会と捉えれば、






川診を飛ばして、大事な後期中間テスト(中3は毎年地理も歴史も範囲となります)を迎えるよりは、






有意義な学習期間を設けるきっかけとなるのではないでしょうか。






今の状況で「仮想入試得点」という観点は、古いと言わざるを得ません(川診が入試を想定し、それに近い傾向になることは容易に想像できますが)。






正直に申しますと、教科によっては、高校入試より簡単すぎたり、逆に難しすぎたりと、単純に「仮想得点」として計算するのは危険だと思います。






良い点数でも慢心せず、悪い得点でもそこから課題を見つけるといった作業を怠らないで欲しいと思います。






学校の先生は、各校の平均点が出されるので、意識して勉強するよう子どもたちに伝えるでしょう。






しっかり状況を見極めて、冷静に、次へつながるように、地道に学んでください。






ちなみに、以前「川診の点数が(受験する)高校へ伝わる」という噂がありましたが、噂の範疇ではないでしょうか。





神奈川県の高校は、学区制はとうの昔に撤廃されています。皆さんが受験する高校には、皆さんは後から気づくと思いますが、川崎市外の生徒もたくさん受験するのです。





英数学院では、「川崎診断テスト対策講習」を任意参加で行いますが、あくまで学力の底上げと後期中間テスト対策を兼ねて行います。





モチベーションをあげる良い機会と捉えてください。愉しんで臨めるよう、しっかり自信をつけてください。

質問にお答えします! 資格は受験に役に立つのか





神奈川県の公立高校の、来年度の入試においてということで、




もちろん、新制度での入試は初めてですので、「有利」という塾や教材会社もあれば、「あまり意味がない」という意見もあります。





これまでは高校によっては点数化されていた各種検定の扱いですが、「国際化」などの特異な科を除けば、





神奈川県の教育委員会の発表では、点数化はしないと明記されています(ただし、危惧するのは、生徒の皆さんにお配りした評定・学力検査・面接の「面接で、資格の実績を考慮するのではないかという」心配です)。





英数学院の生徒には公立志望の生徒が多いので、無理な受験は勧めません。資格にもよります。





英検ですが、年に3回しか開催していません。しかしながら、各種資格の中で最も伝統があり、将来就職の際にも大いに役に立ちます。次回は10月開催であり、スケジュール的に無理でなければ、受けてみても損はないと思います。





それは、〔簑蠅4択であること(マークシート。負担が少ない) ▲螢好縫鵐亜δ絞呼媛鬚侶盈になること 私立の併願高受験に際してはかなりの割合で考慮されること 等の理由です。





それと、約6割の正答で合格できるので、試験勉強もこれまで学習したことを中心に絞れば、勉強時間のロスも少なくて済むのではと思います。






懸案は2次試験です。日程的に、後期中間テスト前後であることです。1次試験の合格者は1年間の猶予期間がありますし、中間テストの勉強でそれどころでない場合は、直前でパスして、高校受験後に受けても、





資格を取ったという自信が一番重要だと思いますので、将来のことを考えても、悪くないと思います。






6割正答なら合格できるので、不謹慎ですが、習っていない4割は捨てて、既習事項をしっかり学ぶことができれば、学校の勉強にも役に立つと思います。あるいは、私立の一般受検においても。





志望校選択において、語学で勝負したいという生徒には、準2級を目指してもらいたいですが、これも先ほど申したとおり、計画的な学習を心がけて頂きたいです。





4割は捨てることができますから。





それと、昨年までの「ゆとり」時代と比べて、教科書内容の語彙数がかなり増えているので、以前ほどの負担はないと思います。





英検は、ゆとり時代も変わらず、問題の質を保ってきました。ですので、チャンスではあると思います。





資格は、将来履歴書に記入できますし、その実績は自己PRでもアピールできます。





よって、偏差値上位校を受ける生徒は、基本的に英検や漢検などのメジャーな資格は持っていると思ってください。





そして、私立の併願を受ける際の内申ですが、内申と面接だけで合格できる高校があり、子どもたちはそちらに流れがちですが、内申(評定)は各中学校の基準であり、格差はあるのです。





本当の実力を証明できるのは、資格等の第三者の評価であることを忘れないでください。





最後に、内申と面接だけで合否が決まることができる『併願』ですが、「合格できるのは当たり前」とは思わないでください。過去に、不合格になり、滑り止めなしで公立高校を受験した生徒がいます。





少子化で、私立各校も生徒を集めるのに躍起になっています。しかし、今度の公立入試は1回しかチャンスがありません。





不合格の場合、すでに合格している(私立)高校に入学しなければならないという文言も、教育委員会の発表で明記されています。





いわゆる滑り止めの高校も、実際に行ってみて、決めて欲しいです。時間が許す限り、なるべく多くです。





その際、英検などの資格があれば有利ということでしたら、10月は試験もなく、スケジュール的には余裕があるので、受検を検討してみてください。





10月に、英数学院で英検を実施しますが、9月15日が締め切りとなっております。





最終的に、高校生になったら、2級を目指して欲しいです。履歴書に記載できるのは、常識的に2級以上です。





そういうロングスパンで、ご家庭で相談なさってください。勿論、学校の学業が最優先です。




質問にお答えします! 中高一貫校




中高一貫校対策はしていますか?





していません。現状はする予定はございません。





川崎市内に平成26年度から、中高一貫校(公立)ができるそうですが(正確にいうと、既存の高校が中学を併設するそうです)、





受験(入学するための適性検査)の内容をすこし勉強したら、私立中受験以上に大変なことが判明しました。(-。−;)





それだけの価値がある学校にこれから成長されたら、再び検討したいと思いますが、





「楽譜を見て、演奏時間を答えなさい」や「音符に歌詞をつけなさい」のような勉強を指導できる人間もいないので(決してそこは音楽の学校ではありません)、






試験の内容が変わらない限り、やらないと思います。






目新しさや、高校受験を避けたいという安易な理由だけでしたら、お勧めできません。






また、いじめ等のお子様の成育環境を危惧されての場合でしたら、






公立の小・中学校もお住まいになっている地域にとらわれず選択できる状況ですので、さまざまなケースを想定されて、考慮なさることを希望します。






いくら難しくなるといっても、おそらく高校受験のほうが、10倍以上は楽です(笑)。教えるほうもですが、受ける立場にしてもです。


プロフィール

Hiro

livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「モブログ」は提供を終了しました。
ギャラリー
  • 英数学院のコロナウイルス対策について
  • 英数学院のコロナウイルス対策について
  • ドラゴンENGLISH 31
  • ドラゴンENGLISH 31
  • 来年度入試説明会
  • 来年度入試説明会
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ