Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

高校受験

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、個別指導(1:2)の学習塾です。創立から53年を迎え、地域で最も老舗であり、小学生から高校生を対象に指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

模擬テスト(Wもぎ)のご案内


第2回Wもぎの(8/30)お申込〆切が、8月7日までとなっております。


003

会場は英数学院です。



教室の衛生管理、検温、手指の消毒、換気など万全の対応をとって行って参ります。



また8月10日(月)〜15日(土)は夏期休業とさせて頂きます。
(夏期講習のお申込者は授業があります。夏期講習の申込は締め切りました)



宜しくお願いいたします。


令和3年度神奈川県公立高校入学者選抜 学力検査の範囲


神奈川県教育委員会より、来年の入試の学力検査の出題範囲が発表されました。



変更は下記の通りです。


 教科  出題範囲から除く内容

 社会  公民的分野で学習する内容のうち、「私たちと国際社会の諸課題」
 数学  中学校第3学年で学習する内容のうち、「資料の活用(標本調査)」
 理科  第1分野で学習する内容のうち、「科学技術と人間」
       第2分野で学習する内容のうち、「自然と人間」
 国語  漢字を問う問題において、中学校第3学年で新たに学習する漢字
 英語  英単語を問う問題において、中学校第3学年で新たに学習する英単語

※国語・英語で文中に出てくる場合には、ふりがなや注釈を表記

入試対策講座! 英語 長文読解2


6月27日、テレラーニングで英語長文読解の講座を行いました。



参加者は、前回の講座にも参加していたので、スムーズに長文を読み進めることができました。



図・表を用いた読解や金額を求める問題も、惑わされずに、読み進められました。



解くスピードも意識して、読み進められました。



さて、7月19日に中3生は模試(Wもぎ)があります。



実際の時間配分で、余裕を持って問題を解けるかが、今回初めての模試ということで課題になります。


003


試験範囲も示しましたので、しっかり学習して臨んでほしいです。



入試間近


中3生が私立併願試験を昨日から受けています。



そして14日(金)は、公立高校入試が控えています。



英数学院で学んだことを出し切れるよう祈っています。



最初の受験科目、英語が鍵を握ります。



出来たとしても、できなかったとしても、次の試験まで15分の休憩があります。



トイレに行って、鏡を見て落ち着き、次の教科へ切り替えましょう。



周りの生徒がみな、頭が良くみえます(笑)。



じゃがいもだと思いましょう(笑)。



中3生は、建国記念日の今日も通常通り授業です。



14日へ向けて、全力で駆け抜けよう!

来年度入試説明会


1月26日、中2生と保護者を対象に「来年度入試説明会」を行いました。


004


005


初めに全日本私塾教育ネットワークの鈴木正之会長から、「未来の社会・自分の未来」と題して講演をして頂きました。



その後私から、高校受験のしくみについて説明させて頂きました。



卒業生の体験談もあり、たくさんの質問がありました。



最後は、感動ムービーを見て、盛況に終わりました。



まずは、目前の学年末テストに向けて、モチベーションがあがる会になりました。

高校入試まで1ヶ月をきりました


受験まで1ヶ月をきりました。



過去問は、1回やっておしまいではなく、全問正解になるまで何回も解きましょう。



003


範囲のやり残しはないですか? 特に理科と社会。



近年出題されていない範囲を中心にもう一度確認をしましょう。




あとは手洗い、うがいの励行を。



英語特訓クラスの授業


毎週、中3生を対象にした「英語特訓クラス」の授業を行っております。



001
このクラスでは、インプットとアウトプットを繰り返し、文頭から文末まで隙なく英作文をできるように訓練しています。



この日は、授業冒頭での小テストの内容が良くなかったため、答え合わせの後、再テストを行いました。



冠詞のつけ忘れや、スペルミス、細かな文法ミスなど、たくさん間違いがあったため、来週も同じ小テストを行うことを伝えました。



主な内容は、one of〜、不定詞・動名詞の使い分け、接続詞、前置詞+動名詞、受動態(SVOO、SVOCの文の書き換え)どれも7語以上の長文です。



練習用にプリントも配布したので、次回までには完璧に書けるようになっていることを祈ります。

入試対策講座! 社会、スタート


3月23日、新中学3年生を対象に、「入試対策講座! 社会」が始まりました。



004
今年の受験生を最も悩ませた教科、社会。



単純な知識の暗記では解けない入試問題を、どう解いていくかを解説しました。



次回は、4月13日の予定です。



申込を受け付けております!

合格発表


昨日、公立高校入試の合格発表がありました。



受験生から電話や、直接結果を報告しに来てくれた生徒もいて、嬉しかったです。



003全員合格とはいきませんでしたが、英数学院としてはまずまずの結果を出せたと思います。



今後の課題としては、社会の難易度が上がっているので、入試対策社会を新中3生を対象に行ってまいりたいです。



また詳細は後日。



受験生の皆さん、お疲れ様でした!



進学報告会でお会いしましょう。



進学先は、英数学院のウェブサイトでご確認ください。

神奈川県公立高校入試2019 総括


<英語>
問題の構成は昨年度と変わらなかった。
問2 単語のつづりを書く問題。(ウ)continueは、浮かばない受験生がいると推測される。
問3 空所補充。文章が修飾され文章が長いので、注意して取り組む必要があった。
問4 並べ替え。(ウ)は、have、watch、likeなど意味が複数ある語が選択肢の中にあり、混乱する。
問5 英作文。未来形とbe able toの組み合わせで疑問文。やや難しかったが、解答は導き出せる。
問6 図とグラフを使った読解。語数が増え、時間がかかる。(ウ)の内容に合うものを2つ選ぶ問題、ボリュームが増えたことによるバランスをとったのか、2つの組み合わせを選ぶ形式になった(問8の(ウ)も同様)。
問7 資料を使った読解。表を見ると混乱する場合もあるので、時間も見ながら冷静に読みたい。
問8 対話文読解。テーマが「防災」。語数も多い。時間がかかった受験生は多かったのではないか。(イ)の問題では、文章を読みながら地図を冷静に読み解かなければならず、負担が多かった。

他の都道府県の入試問題に触れるなど、幅広く英語力を鍛える必要を感じた。


<国語>
問題形式、配点は例年並み。
問1 漢字読み選択は、2問ほど難問があった。語彙力が問われた。文法問題は平易だった。短歌の鑑賞で、海の存在が分かりづらかった。
問2 古文。出典は江戸時代、寺子屋で教本として使われ、福沢諭吉もその価値を評した文。賢い母子の行為から陰徳陽報の教訓と結びつけられれば平易。
問3 小説読解。登場人物の切り替えや回想が入るため、普段文章を読み慣れていない受験生は苦戦したのではないか。
問4 論説文。テーマは人工知能(AI)。筆者の考えをまとめさせる問題が多かった。(オ)の記述は、一定の範囲から文章で書き抜くので、平易。
問5 資料の読み取り。文章や資料を俯瞰して、資料から記述する必要があった。文章から引用する問題ではなかったため、時間的余裕も含め、混乱した受験生が多かったのではないか。

普段から文章に親しみ、長い文にも読み慣れる必要がある。


<数学>
問1、2は例年通り。
問3 平面図形では補助線、方程式では従来と異なる考え方が必要でやや難化。
問4 関数。例年より計算が多く必要で、(ウ)は難問。
問5 確率。問題のルールを理解するのが難しかったのではないか。
問6 空間図形。(ア)(イ)は易しかったが…。
問7 証明は易しかったが、(イ)は設問のパターンが従来にはなかった形。

問6、問7の(ウ)は相似や三平方の定理を利用し、多くの計算を必要とする難問。
全体的にかなり難しくなっていた。


<理科>
前半の小問は、電気、化学変化、地震など計算が必要な問いもあったが、易しかったのではないか。
後半の大問も、浮力、化合、消化と基礎的な知識があれば難易度はそれほど高くない。
南中高度も公式が与えられていたので同様。


<社会>
記述問題が減ったが、全体としては難しい。
正確な知識を前提に、複数の知識を関連させて答えを出さなければならない。
単独の知識の暗記だけでは答えを出せなくなっている。

普段の学習では、教科書の熟読・理解と、解説が詳しく載っている問題集をよく読むこと。その際に、地図・年表・資料集でこまめに確認することが必要。また、割合についての理解と計算力は必須。

入試で点を取るためには、勉強時間を充分に確保したい。

プロフィール

Hiro

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「モブログ」は提供を終了しました。
ギャラリー
  • 模擬テスト(Wもぎ)のご案内
  • 入試対策講座! 英語 長文読解2
  • 英数学院のコロナウイルス対策について
  • 英数学院のコロナウイルス対策について
  • ドラゴンENGLISH 31
  • ドラゴンENGLISH 31
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ