Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

神奈川県高校入試情報

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、個別指導(1:2)の学習塾です。創立から53年を迎え、地域で最も老舗であり、小学生から高校生を対象に指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

平成27年度 神奈川県高校入試選抜基準(全日制・普通科)

来年の各公立高校の、入試選抜基準が神奈川県教育委員会より発表されました。

詳細は、http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/713752.pdf をご覧下さい!

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

神奈川県公立入試2014 志願変更後の倍率 2/8(確定)



・志願変更で、確定した倍率(主な全日制高校)

新城 1.21
住吉 1,32
川崎北 1,10
多摩 1,44
生田 1,45 自然科学 1,87
百合丘 1,06
生田東 1,06
 1,03
麻生 1,03

市立川崎 1,23 生活科学 1,41 福祉 1,00
 1,51 国際 1,49 スポーツ 1,54
高津 1,13

川崎工科 総合技術 1,06
向の岡工 機械 1,24 電気 1,29 建設 1,14
川崎総合科学 情報工学 1,31 総合電気 1,05 電子機械 1,51 建設工学 1,18 デザイン 1,49 科学 1,56

川崎市立商 ビジネス教養 1,04
県立川崎 1,13
大師 1,17
麻生総合 1,08

横浜翠嵐 2,23
市ヶ尾 1,41
川和 1,49
港北 1,24
柏陽 1,44
湘南 1,68
横浜サイエンスフロンティア 1,55
神奈川総合 個性化 1,70 国際文化 1,23

平成26年度神奈川県公立高校募集定員

007


平成26年3月の県内公立中学校卒業予定者数が70,491人(前年より1,522人増 前年度実績68,969人)という結果が発表されました。

平成26年度全日制高校の募集定員も28学級増[公立38校33学級増 5学級減となりました。

卒業予定者の人口増加は、川崎・横浜といった都市部がほとんどなので、今回の募集定員では、主に都市部で〜芦鵝倍率が高かった学校(特に偏差値60以上の高校)が1クラス分定員増 倍率が低すぎた学校は定員減となっております。

英数学院の生徒が受験する可能性のある高校を、前年度と比べ、生徒たちが主に進学する地域の高校のみ、増減のあった高校を記します(1クラスは約40人とお考えください)。


<募集定員が増えた学校>
・横浜翠嵐 1クラス増   ・鶴見 1クラス増  ・川和 1クラス増  ・元石川 1クラス増
・住吉 1クラス増  ・川崎北 1クラス増  ・百合ヶ丘 1クラス増  ・菅 1クラス増
・麻生 1クラス増  ・市立高津 1クラス増  ・大師 1クラス増  ・麻生総合 1クラス増
・横浜国際 1クラス増
 

<募集定員が減った学校>
・生田高校(普通科) 1クラス減   ・鶴見総合 1クラス減


私個人の想定ですが、倍率に関しては、あまり一喜一憂されないほうがいいかと存じます。前年度のそれが最も参考になると考えます。

約1ヶ月前に発表されましたが、中間テスト前で、子どもたちへの動揺をを考慮し、この時期に発表させて頂きました。
001

また来週から、保護者面談がございますので、個人的見解など詳しくは、そちらでお話しさせてください。


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

倍率が発表されました! 神奈川県公立高校



詳しくは、英数学院のウェブサイトで。(^○^)/



主な高校の倍率だけご紹介します。



新城 1,31倍

住吉 1,32倍

川崎北 1,40倍

多摩 1,46倍

生田(普通科) 1,06倍

百合ヶ丘 1,23倍

生田東 0,92倍

菅 0.96倍

麻生 0,96倍

橘 1,33倍

高津 1,16倍

市立川崎 0,96倍


等です。


本日は、1月14日並の大雪が予想されています。



授業の有無に関しては、英数学院のホームページにて随時更新しています。




英数学院のTwitter(@eisugakuin)もございますので、普段使用されている方は是非フォローをお願い致します。

泣いても笑っても後4ヶ月です!



気温の寒暖差が激しくなってまいりました。くれぐれも体調にはご留意ください。




ホームページに、学院長からのメッセージが掲載されています。是非ご覧になってください。




神奈川県の公立高校入試の日程もHPからプリントアウトできるようになっております。




2月15日です。面接は各校で異なり、当日行う学校もあれば、翌週に行う高校もあります。





面接対策については、追って、お知らせ致します。





3年生の目下の目標は後期中間テストだと思います。





多くの生徒が、ここに来て、部活動を引退しました。




夕方の時間帯を如何に有効に使えるかが、大きな鍵です。





英数学院には「自習室が完備」しております。家でなかなかはかどらない生徒の皆さん、是非活用してください。





後期中間テストの勉強はもう始めるべきです。特に地理・歴史など、忘れてしまった教科については、あまりにも範囲が広いため、今から始めるべきです





後期中間テストまでは、目標に向かって一つでも内申をあげる努力をして頂きたいですが、





同時に併願校も、基本的には実際に訪れ、第一志望と同様、大事に選択してください。複数の高校を受験されても構いません。





提出物は早めに終わらせること、主要5教科を早めに仕上げ、同じ割合の技能教科にどれだけ力を入れられるか、計画的に学習を進めてください




泣いても笑っても、後4ヶ月です! 一分一秒を大切に




追伸 模擬テスト、どんどん受けてください。

神奈川県公立高校選抜基準一覧



選抜基準一覧(全校)

PCでご覧の方、右側にもリンクしておきました。




評定(内申):学力検査:面接=10 とした、各校の比率の一覧です。




感想としては、多摩・川和は4:4:2。内申をしっかり重視していますねー。




横浜翠嵐などは、2:6:2なので、完全に実力勝負になっています。少しはこういう感じで来るのかと思っていました。




あと、生田も2:6:2です。これは、「内申点は低いが実力がある」生徒の受け皿狙いに受け取れます。つまり、内申だけ良くても、生田には入れなくなります。多摩の受け皿です。





何はともあれ、内申は(定期テスト及び授業態度・提出物)は、高い方が有利です。「生田に行くから関係ない」というのは間違っています。生田を受験する生徒は皆さん、それなりの内申点で臨むと思います。




生田は、倍率高くなりますね〜。





こういう詳しいことは、まず目前のテストが終わってから話しましょう!




今は提出物と中間テストの勉強に全力投球してください!!



神奈川新入試制度 最終回 <英語>



世界の共通語は、英語ではなく笑顔





これはラジオから流れてきた曲の歌詞で、残念ながら私の言葉ではありません(笑)。しかし、英語を教えている私にも素敵なフレーズに聞こえました。





新しい入試とその取り組みについて書き綴ってきましたが、今回で最終回です。





英語を最後にしたのは、Vクラス等の英語授業を受け持っている私が最も精通している科目だから、という訳ではありません。





恐縮ですが、単に億劫だったというのが、一番近いと思います。





教育委員会から発表された一つのソースから、さまざまな推測はできますが、殊に英語となると、やはり責任のようなものを感じてしまいます。





何から書けばいいか…、書き出してはみましたが、途方に暮れます…。






話は変わり、「情報」についてですが、






必要なときに必要なものを引き出せば、充分な代物だと個人的に考えています。






徒に大量の情報を手に入れるというのは、「石橋を叩いて渡る」ような感覚に近いと思いますが、






特に、子ども達や若い人には、多すぎることは、決して好ましいことではないと思います。





「情報がないと不安になって何もできない」となってしまうと、若い人の特権である一種の「若さ」が消えてしまうような気がしてなりません。





人格形成にも影響を及ぼします。





大人も上手な付き合い方をし、子どもたちにも手本になるように生きていきたいと、常日頃反省しています





まっしぐらに突き進むがむしゃらさや、強気は、多くの局面で大切になります。希望や情熱から生まれるのは、そんな「強さ」です。





子どもたちには、なるべく不安を煽らないよう留意しながら、学習のしかたや今の時期にすべきことを伝えていければと思います。






昨年は特に、受験に関係ない生徒にも、授業に集中できない子には「何のために学ぶのか、自分自身に問いなさい」と激励を重ねました(学問を教える立場としても、特別な1年を過ごしました)。





何かを感じ、意識しながら学ぶ子もいたように思います。





時間は平等に流れています。学習量が増える訳ですから、日常の過ごし方の工夫や「瞬間」をしっかり生きていくことは大切です。結果は追うものではなく、その積み重ねだと考えます。






さて、英語の入試問題に話は戻りますが、中学・高校(さらには大学、現在は小学校も)を通じて学びながら「英語を駆使できない」という、日本の英語教育長年の課題を払拭させようとするかのような問題が、出題されます。






単語や熟語を多く覚えれば、比例して点数がとれる、点数をとるために単語や熟語を暗記する、試験が終わったら英語は見たくない(笑)という悪循環が断ち切れると、個人的にはうれしいです。






もちろん、単語を知らないと言葉を話せないので、単語は覚えて当然ですし、学問に近道はありません。ましてや、試験ともなれば、間違いなく紙に書きますから(笑)。






モチベーションが上がらず(それも私どもの仕事ですが)、そういう作業が苦痛なら、自分の考えを主張する、そのためにはどういう表現が必要か。そういう視点から学ぶのも良い方法かもしれません。





これは性格を変えるという意味ではなく、正しいことは正しい、間違っていると思ったらおかしいと、“言葉"という最良のツールを使って、(時には勇気を振り絞って)伝えることが(時には間違っていたとしても)正義であり、自己主張です。





そういう「声」を失えば、世界は権力者や悪の思うがままです。ずいぶん大げさな表現です(笑)。つまり、考えてはいても表現・実行できなければ、何も考えていないことと同じだと見なされても仕方がないのです。





日本の古い悪しき文化そのものからの脱却を促す幾分厳しい話です。国際社会では常識ではないですか。






「無関心」は最大の罪の一つです。これからの中学生にとっては、「敵」になります。






情報は溢れています。制御できることなら、したいくらい(笑)。自分の感情だけを中心に生活していては、関心は生まれません(ましてや他者の痛みに思いを馳せることなど不可能です)。


建設的な考えや意見も生まれませんし、当然ながら試験でそれを外国語で述べるなど無理です。






「言葉」は力を失い、いつしか単なる「単語」となります。
例として、一部の子どもや若い方が頻繁に使う言葉を挙げるまでもありません。(笑)






右側に張ってあるリンクから、是非入試問題の例題をご覧になって頂ければ、幸いです。(^ー゚)ノ





今年の入試に少しは反映されるかと興味津々でしたが、例年通りの問題で、あまり参考にはならなかったようです。






「過去問」がないのは不安かもしれませんが、条件は皆同じです。そういう状況も愉しいと感じられるくらい濃密に貪欲に、たくさん学んでほしいと思います。






私は、これからの1年、いろいろ模索しながら実践指導していくと思います。子ども達が信じてついてきてくれるよう、英語もまた勉強します。






時代は刻一刻と変わっていきます。自身も変わっていかなくてはなりません。来年の新しい入試は、子どもたちはもちろんのこと、保護者の方や教育関係者、何らかの形で携わっている人たちにとって、






意識を変え成長するチャンスだと、自覚した瞬間が「始まり」です。気づくのが遅い人にはそれを促すのも自分の仕事だと思っています。





長文駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

(え? もう終わりですか? と思っている方がいたら、すいません)





何か具体的に尋ねたいことがございましたら、直接、できうる限りお話します。こちらのブログを読んで頂けると、貴重なお時間を短縮できると思い、書きました。





まだまだ未熟ではありますが、たくさんの「確信」は持っています。それは授業を通して子どもたちに段階を踏みながら指導していきたいと思います。





有名な塾や、巨大な塾へ行っても、入試に関する情報は多分私が話すことと大差ありません(笑)。






7月頃には、個々の志望校等の具体的な話もできる状況になりますので、今はこの時期に必要なことを真剣に取り組んで頂くことが大切だと思います。





子どもたちの笑顔こそ、何よりの宝だと信じて、戦ってまいります!(^ー゚)ノ

神奈川県新入試制度5 <社会>



今年の入試でも実感しましたが、社会で点数を計算できないと、合否も覚束ないです。





地理はすでに各学校で移行処置が行われているようです。





歴史は、現在配布されている教科書はそのまま使用ということなので、入試に範囲が直接反映されるのは、新1年生からではないかというのが推測です。





歴史が大幅にボリュームが膨らんだので(中3は歴史、近代史から始まります)、公民がどこまで範囲が広がるかはまだ勉強不足です





いずれにしても、教科書が手に入らないとコメントできません





歴史の教科書には顕著ですが、出版社によって、思想(史観)がかなり異なります。当然、教える人間にもよります。





歴史も昔と同じかというと、新資料の発見や時代による再評価によって、刻々と変化しています。






昔は政治史が中心でしたが、今は庶民の暮らしにもスポットが当てられています。






世界史も確実に増えます。私が今教えている教科書には、名誉革命やナポレオンも出てきません。「ゆとり教育」の産物です。♪(´ε` )






これまでは、歴史・地理・公民とはっきりと区分けされてきましたが、この3つは密接につながっており、入試でもこれらが織り交ぜられた問題が出てくるのではと思います。






3年生には、日々新聞やニュースに触れて、現在の社会問題についてどう感じているか、関心をもってほしいです。





過去に人間が犯した過ちや、現在の豊かな暮らしがどれだけの犠牲の上に成り立ってきたか。それを学ばずして、明るい未来もありません。





指導する現場として心配なのは、時間数が足りるか…と。

第3回入試情報説明会



2月25日(土)13:30〜最後の入試情報説明会を英数学院で開催いたします。



今回は、外部の方にもご参加いただけます。




001


前回はご覧のように満席でした(^○^)。





今回は、人数が少ないので、まだ高校入試は先という方でも、ご自由に参加いただけます。




いろいろな塾で催されていると思いますが、基本的に情報源は一つなので、どこの塾へ行っても、仕組みや制度についての話は同じだと思います(笑)。




参加される以上は、新しい学習要項・入試に対し、どういった対策を講じるのか、納得のいくまで質問をされてはいかがでしょうか。




話は変わりますが、新しい入試問題は、「独自入試が廃止される」という一点だけでも、私は賛成です。





詳しくは、英語しか見ていませんが、50分という制限であれだけの情報量を英語で処理させ、ミスを誘うような試験は個人的に好きではありませんでした。





今年までの入試が易しすぎて、多くの生徒が満点かそれに近い点数で、点差がつきにくいという事情は酌量しますが、




(各学校によって問題が違うので一概には言えませんが、)「量をこなすスピード勝負」より、どうせなら時間を長くして、しっかりと力を試す試験を実施されても良かったのではと思います。





確かに情報量が多い時代なので、情報処理・必要な情報の選択能力は養われても然るべきですが、





それは一方で、刹那的になり、シニシズム(冷笑主義)にも繋がりかねません。まだ子どもです。情報によって操作され、真実を見極める目を失う危険性も孕んでいます。





どんなに高度な知識をもっても、それを人間の幸福のために生かす知恵がなければ、知識は役に立たないばかりか、むしろ危険とさえいえます。





未来は子どもたちにかかっています。




同時に現代の大人にかかっているのです。

神奈川県新入試制度4 <理科>



個人的に、一番難しい教科は理科だと思います。






2,3年前から、移行処置によって、生徒の皆さんはすでに「脱ゆとり」していますが、






学校の理科を教えている先生から聞きましたが、現在の時間数ではとてもじゃないが足りないそうです。






科学の進歩は著しく進んでいるので、私が学んでいた時代の「理科」とは別物ですね。






今年度からは、さらに、以下の内容が追加されます。






「熱の伝わり方」、「放射線の性質」、「プラスチックを区別する」






日本は、資源の少ない技術立国ですから、理科の幅広い学習は、時代の要請です。







また、昨年の未曾有の災害によって、知識の重要性は増し、日本中の意識ある子ども達が皆熱心に学んでいる状況です。






理科といっても、さまざまな分野がありますが、高齢化社会で需要が増すとみられる医療・福祉関係では、「生物」分野の学習は必須です。







これまで書いてきたことをまとめるとするならば、もう「文系」「理系」と分ける時代ではないのです。






特に理系教科においては、「才能」が重要と思われるかもしれませんが、数学はできても理科ができない子は多いです(笑)。






才能とは、実は「好きになること」のような気がします。それは出会いだったり、褒められた経験だったり、達成感を味わったり…。






好きになると、努力を惜しみませんから。今の子は、文系から理系にころっと変わる子、結構います。






昔のいわゆる「理系」は、得意の才能を武器に勝負し、自分の不得意分野(文系)に関しては我関せずという方が多かったと思いますが、






今、社会は、もっと柔軟な人材を求めているのではないでしょうか。






理系なのに、コミュニケーションができて、文章が上手な人がいたら…、こういう人、組織に欲しいと思いませんか?






個人的に「将来、絶対役に立たない教科」と思ってきた理科ですが、今はもっと勉強しておけばよかったと後悔しきりです。





尤も、私が教わった頃の理科の知識では、現代に太刀打ちするのは不可能ですが…。


プロフィール

Hiro

livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「モブログ」は提供を終了しました。
ギャラリー
  • 英数学院のコロナウイルス対策について
  • 英数学院のコロナウイルス対策について
  • ドラゴンENGLISH 31
  • ドラゴンENGLISH 31
  • 来年度入試説明会
  • 来年度入試説明会
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ