Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

神奈川県高校入試情報

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

神奈川県新入試制度5 <社会>



今年の入試でも実感しましたが、社会で点数を計算できないと、合否も覚束ないです。





地理はすでに各学校で移行処置が行われているようです。





歴史は、現在配布されている教科書はそのまま使用ということなので、入試に範囲が直接反映されるのは、新1年生からではないかというのが推測です。





歴史が大幅にボリュームが膨らんだので(中3は歴史、近代史から始まります)、公民がどこまで範囲が広がるかはまだ勉強不足です





いずれにしても、教科書が手に入らないとコメントできません





歴史の教科書には顕著ですが、出版社によって、思想(史観)がかなり異なります。当然、教える人間にもよります。





歴史も昔と同じかというと、新資料の発見や時代による再評価によって、刻々と変化しています。






昔は政治史が中心でしたが、今は庶民の暮らしにもスポットが当てられています。






世界史も確実に増えます。私が今教えている教科書には、名誉革命やナポレオンも出てきません。「ゆとり教育」の産物です。♪(´ε` )






これまでは、歴史・地理・公民とはっきりと区分けされてきましたが、この3つは密接につながっており、入試でもこれらが織り交ぜられた問題が出てくるのではと思います。






3年生には、日々新聞やニュースに触れて、現在の社会問題についてどう感じているか、関心をもってほしいです。





過去に人間が犯した過ちや、現在の豊かな暮らしがどれだけの犠牲の上に成り立ってきたか。それを学ばずして、明るい未来もありません。





指導する現場として心配なのは、時間数が足りるか…と。

第3回入試情報説明会



2月25日(土)13:30〜最後の入試情報説明会を英数学院で開催いたします。



今回は、外部の方にもご参加いただけます。




001


前回はご覧のように満席でした(^○^)。





今回は、人数が少ないので、まだ高校入試は先という方でも、ご自由に参加いただけます。




いろいろな塾で催されていると思いますが、基本的に情報源は一つなので、どこの塾へ行っても、仕組みや制度についての話は同じだと思います(笑)。




参加される以上は、新しい学習要項・入試に対し、どういった対策を講じるのか、納得のいくまで質問をされてはいかがでしょうか。




話は変わりますが、新しい入試問題は、「独自入試が廃止される」という一点だけでも、私は賛成です。





詳しくは、英語しか見ていませんが、50分という制限であれだけの情報量を英語で処理させ、ミスを誘うような試験は個人的に好きではありませんでした。





今年までの入試が易しすぎて、多くの生徒が満点かそれに近い点数で、点差がつきにくいという事情は酌量しますが、




(各学校によって問題が違うので一概には言えませんが、)「量をこなすスピード勝負」より、どうせなら時間を長くして、しっかりと力を試す試験を実施されても良かったのではと思います。





確かに情報量が多い時代なので、情報処理・必要な情報の選択能力は養われても然るべきですが、





それは一方で、刹那的になり、シニシズム(冷笑主義)にも繋がりかねません。まだ子どもです。情報によって操作され、真実を見極める目を失う危険性も孕んでいます。





どんなに高度な知識をもっても、それを人間の幸福のために生かす知恵がなければ、知識は役に立たないばかりか、むしろ危険とさえいえます。





未来は子どもたちにかかっています。




同時に現代の大人にかかっているのです。

神奈川県新入試制度4 <理科>



個人的に、一番難しい教科は理科だと思います。






2,3年前から、移行処置によって、生徒の皆さんはすでに「脱ゆとり」していますが、






学校の理科を教えている先生から聞きましたが、現在の時間数ではとてもじゃないが足りないそうです。






科学の進歩は著しく進んでいるので、私が学んでいた時代の「理科」とは別物ですね。






今年度からは、さらに、以下の内容が追加されます。






「熱の伝わり方」、「放射線の性質」、「プラスチックを区別する」






日本は、資源の少ない技術立国ですから、理科の幅広い学習は、時代の要請です。







また、昨年の未曾有の災害によって、知識の重要性は増し、日本中の意識ある子ども達が皆熱心に学んでいる状況です。






理科といっても、さまざまな分野がありますが、高齢化社会で需要が増すとみられる医療・福祉関係では、「生物」分野の学習は必須です。







これまで書いてきたことをまとめるとするならば、もう「文系」「理系」と分ける時代ではないのです。






特に理系教科においては、「才能」が重要と思われるかもしれませんが、数学はできても理科ができない子は多いです(笑)。






才能とは、実は「好きになること」のような気がします。それは出会いだったり、褒められた経験だったり、達成感を味わったり…。






好きになると、努力を惜しみませんから。今の子は、文系から理系にころっと変わる子、結構います。






昔のいわゆる「理系」は、得意の才能を武器に勝負し、自分の不得意分野(文系)に関しては我関せずという方が多かったと思いますが、






今、社会は、もっと柔軟な人材を求めているのではないでしょうか。






理系なのに、コミュニケーションができて、文章が上手な人がいたら…、こういう人、組織に欲しいと思いませんか?






個人的に「将来、絶対役に立たない教科」と思ってきた理科ですが、今はもっと勉強しておけばよかったと後悔しきりです。





尤も、私が教わった頃の理科の知識では、現代に太刀打ちするのは不可能ですが…。


神奈川県新入試制度3 <数学>



数学・理科はすでに移行処置で現在の中1,中2生の方は四苦八苦しています





数学の入試は、証明問題が、これまでの穴埋め選択から、自分で完全証明を書くという、





数学が得意な生徒にはやりがいのある骨のあるものになります。





苦手な子には、つらいですね





普段から、ノートを用意し、ワークに書き込むのではなく、全部写して証明を解いていきましょう。





数学が分からなくて、塾に入ってくる生徒は圧倒的に多く、皆さん証明で躓きます。





証明は、合同条件さえ覚えてしまえば、後は訓練するだけで、できるようになります!





神奈川県教育委員会のHPで、出題例が掲載されているので参考にしてほしいです。





三角形だけでなく、平行四辺形・もちろん相似、3年間で習った内容はすべて、おさらいする必要があります。





証明さえクリアすれば、おそらく他の教科よりも、最も過去問を参考にできる入試だと個人的に思います。





問題は、50分という試験時間でしょうか…。





100点満点なので、証明問題の配点はかなり高いでしょう。





面倒くさいからと「証明」を捨てたら、痛い目に遭います。





正面から立ち向かってください!





初めは分からなくても、力がついていけば、愉しくなります。「そんなの嘘だ!」と声をあげるお子さんもいるかもしれませんが、私も実際そうでした。






さて、どの教科も、中2内容が重要になってくる感じです。これまで同様、中3になってから勉強を始めるというのは、明らかに出遅れています。特に今年度からは





新しい学習指導要綱を学習するには、授業時間が足りないんです。





数学は、解らない問題を積極的に質問しましょう! 受け身で「今日は何を教えてくれるんですか?」ではなく。





常に前傾姿勢で取り組んでください





こんなことを勉強して、将来役に立つのか? と疑問を感じながら学んでいる子もいるかと思います。





私から言わせてもらうと、数学は脳の可能性(可動域)を広げる絶好の教科です

神奈川県新入試制度2 <国語>



教育関係者の度肝を抜いたのが、新しい入試に出題される国語の問題です。




1. 長文の要約・・・45字以上50字以内(文章表現能力が問われます)




2. グラフを読み取り、情報を読み取ったり、根拠や考えを述べる(百字以上百五十字以内)




文章を書く能力が中学生に求められるようになりました。





しかし、これは時代の要請です。現在、情報は多く、発信されるものの多くは言葉・文章です。





大学へ進学する際にも、これは必要になってきます(AO入試など)。





メールなどで馴染みはありますが、文章というのはとかく誤解を招きやすく、それ以外にも近年は非難中傷が文章によってされているのをよく目にします。





匿名による、「攻撃」が流行った時期もありましたね。





社会に出ても、文章力は必須です。プレゼンテーションをするにしても、言葉は人の心を動かす大きな手段です。





「理系だから(関係ない)」というのは、明らかに通用しない時代になってきています。





多くの教材会社は、首都圏や全国に展開しているので、神奈川県の入試(国語)に対応した教材は今のところ見当たりません。





これは各塾で、オリジナルの教材が必要であり、





端的に言ってしまえば、塾選びのポイントは、「どういう国語の指導をするのか」に絞ってしまっても過言ではないと思います。





数学や英語等は、指導にそれほど差はないんです。実際のところ…。






中学生にも重い十字架が背負わされる訳ですが、とにかく「今から」多くの書物に触れ、社会的事象に関心をもつ努力をしなければなりません。





原発についてどう思うか? シルバーシートについてどう思うか? 若い世代で投票率が低い選挙に対してどう思うか?





何かしら考えていると思いますが、それを文章に書き起こすという作業が必要です。しかも、中学生レベルの語彙で。





高い配点が予想されます。捨てるには、勿体ないです。





長期的視点で、今から取り組んでいかないといけないこと、11月から取り組むこと、入試前に訓練すること…。

(中学レベルの漢字などは、それこそ早めに終わらせないといけませんよね。古文もなくなることはあり得ませんし)




慌てずに、しっかりスケジュールを立てて、徐々にクリアしていけばいいと思います。





英数学院は、幸いにも、小学生クラスから国語の指導をしています(昨年から脱ゆとり教科書に改訂)。





教科書内容が基本ではありますが、当然、矢印は高校入試に向けられています。





小学校時代に、基礎は育んで頂いておりますので、ご心配はいりません





多くの文物を読むことです。書に触れている生徒には、結局敵いませんね。





小説もいいですが、作文はやはり「新聞」がいいお手本になります。





後、50分という試験時間は障壁になるでしょう。私個人的には、訓練次第です。





英数学院の取り組みは、企業秘密です(笑)。


入試情報説明会



本日、主に中3生の保護者さまを対象に、第1回新高校入試情報説明会が行われました。


003


次回は、満席のため、ご都合がつく方は、25日13:30の回に是非参加して頂ければと思います。





今日は、中3の入試対策や中1・中2後期期末(学年末)試験対策講習など、かなりハードな1日でした





受験生の皆さん、体調に気をつけて、当日に向けてしっかり「調整」をしてください


神奈川県新入試制度1<概要>



平成25年度から変わる、公立高校入試制度について、今回は概要だけお伝えします。





多くの方がご存じのように、これまでの前期・後期という2回の選抜方式が、一発試験になります。





これまでは、内申(中2後期と中3後期中間の仮内申)に重きを置いた形でしたが、新たな制度では、間違いなく「実力重視」になると思います。






「内申」の評価は、各地域・学校によってまちまちで、ある学校では「5」の生徒は、違う中学では「4」の実力であったり…。現在の内申は「授業態度」「提出物」など多くの要素を含んだ絶対評価なので、高校側はこれをあまりあてにしなくなります。




(もちろん、内申点が高いほうが、入試において有利なのは変わりませんが。)





これは、技能4教科が不得意な生徒には、追い風になるかもしれません。





新しい入試は、5教科各100点満点になり、いずれの科目も難度が高くなります。





その代わり、県内上位校で行われていた独自入試が廃止され、全公立高校を受ける生徒が同じ試験を受けます。





今まで50点満点で、いささか易しかったので、点差が付きづらいという難点が解消されます。






満点を目指す子もいれば、70点を目指す子も出てくる訳です。志望校と内申によって、です。






そして、これまで多くの高校で点数化されていた、部活動の実績などの特記事項がなくなります






これは、川崎市の地域性から鑑みて、子ども達に早急に変化を促すのは時間がかかりますが、川崎市は10、11月まで部活動を行っている全国でも特殊な地域です。






部活少年少女は、夏の全国大会への道が途絶えたら、切り替えないと、他の市町村の子には敵いません。

(私も部活に命をかけていたので気持ちは痛いほど分かりますが、県大会等に出場し川崎市外の友達に状況を聞けば、すぐに気づくはずです)






それほど、新たな入試問題は難しくなります。これまでの前期選抜のように、逃げることはできません。公立にあくまで入りたい生徒は。






内申と入試得点の割合は、各高校によってまちまちで、7月になるまで分かりません。






なお、面接も全生徒が受けることになります。こちらも評価の対象にはなりますが、この新制度にした意義を考えると、





内申と面接を重視する高校は、あまり多くないと推測されます。






新入試問題は、教科書だけを勉強しても高得点は難しいです。


(語弊があると思いますが、教科書の内容定着がまず重要であり、高得点を目指す上では、その上のプラスアルファが必要になってきます)




次回は、各教科ごとにどのような試験になるか、書いていきたいと思います!





なお、50点から100点満点になりますが、試験時間は50分のままです。これは、新しい入試問題を予想する上で役に立ちますが、どの教科にも「スピード」はやはり大切になってきます。





現在、中2の皆さんは、過去問はあまり役に立ちませんので、なるべく模擬テスト等を受けるべきです。
プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 中間テスト対策講習
  • 非中学受験の小学生のモチベーション
  • 進学報告会
  • 進学報告会
  • 学年末対策講習!
  • 自習室 奮闘篇7
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ