Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

小学生

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

非中学受験の小学生のモチベーション



小学生は月例テストです。
教室へ試験監督に入ると、子どもたちは試験開始ギリギリまで算数のノートを手放さずに睨みつけています。
002英数学院の小学生クラスは、子どもたち目線で言うと、高校受験が目標というより、「中学受験をしない」子たちです。

彼らが、常日頃から緊張感をもって授業に臨めるのは、毎月行われるこの「テスト」の影響が大きいと思います。

小4〜小6の生徒は、その月に習った単元を中心にしたテストを月末に行います。 年に12回です。

作成するほうも、採点するほうも、受けて頂く子どもたちも大変ですが、英数学院の小学生たちのモチベーション維持の源の一つであると思います。

学年で上位5名は掲示され、頑張った生徒にはおもしろ消しゴムや「フロンターレ」グッズなどの景品を贈呈します。

それだけではなく、テスト結果(塾内順位・偏差値等)が毎月ご家庭に郵送されます。

私どもにとっては、単元を理解できたかを把握する材料になる訳ですが、子どもたちにはそれ以上の意味があるようです。

「月に1度」の一大イベントです。試験前には、範囲や日程を予告致しますし、もはや意識しない子どもはいません。

学習内容ですが、教科書をはみ出したいのはやまやまなのですが(笑)、塾に通っているのに学校の成績が上がらないという保護者の皆様の期待は最低限裏切らないよう、
学校の教科書内容はきちんと指導させて頂きます。

しかし、贔屓目に見ても、英数学院の算数は難しいです…。私は4年生以上は担当していませんが、
試験直前までノートを必死に見ている気持ちが分かります(笑)。

しかしながら、英数学院のテストは、真面目に授業を受けている生徒は80点以上はとれるようになっています。

「試験」がモチベーション低下という逆効果にならない為です。

私たちが彼らに求めているのは、満点です。

満点は、年間に2,3回しか生まれません。テストは、生徒が「完結」しないよう巧妙に作られています。

子どもたちが目指しているのは。「満点」なのです。 近いようで届かない…。

テストの日は、国語・算数両方終了時点で帰宅して頂きます。月に一度のボーナスと思われるかも知れません。

しかし、早く帰りたいがため見直しをしない=点数が落ちると、子どもたち自身が一番理解しています。

回を重ねるにつれ、学年が上がるにつれ、皆時間ギリギリまで粘るようになります。時間との闘いも生まれます。こういう習性が、小学生の頃から自然と身につくようになります。

粘っただけ、果実が実る。

彼らに数年先の高校受験が如何に困難かを話すより先に、彼らはすでに実践しています。

「あの問題、解った?」 「全然解らなかったよ」
テスト終了後の子どもたちの会話は、難しかった問題についてです。

さりげなく耳に入るときが、我々のテスト作成冥利です。

次の授業では、間違えた問題のおさらいです。中学進学後、内申5をとらせてあげたいんです。その薫陶を行っております。

これが、受験がない小学生たちの躍動の「リズム」です。

小3算数を制する者は数学を制す →小3から高校受験に矢印→



小学高学年から、「算数が分からない」というお子様の多くは、割り算で躓いていると思います。

中学生になってから通ってくださる生徒の方も、「数学が苦手」という子の多くは、遡れば「割り算」です。
(引き算が苦手という子も多いですが)

小学2年終了時には、徹底して九九を覚えさせられます。小2担任の先生にとって、至上命題ともいえます。
(最近は、居残り補習などを行う学校も少なくなっているようですが)

日本人の子どもの多くは「韻」で覚えます。なので、小2修了段階でアトランダムに九九を言える子は少ないかもしれません。

いいんです! 割り算を3年生で習うとき、必要となりますから。

031
わり算の指導ですが、単にかけ算の反対と教えるのは、一面的で、割り算の本質を分からない原因となり得ます。

例えですが、ある数のものをある人数で平等に分けるということを実践して、その必要性を伝える努力が大切。
全員に同じ数が平等に行き渡れば良いのですが、やはりいくつか余ってしまうケースが多々あります。

授業では頭で考えるより、実際にやって頂き、実感してもらいます。この辺りを、単にかけ算の反対とやってしまうと、思考が止まってしまいます。

こどもたちが考えることを止めてしまった瞬間に、それは学習ではなくなります。学ぶとは、考えることから始まります。

ですので、指導のしかたや順序は非常に大事です。
小3では、その後、分数(小2でも多少学習します)・小数を習います。

同じ分母同士でしか、足したり引いたりできないこと。そして、「1」について指導します。

「1」とは何か。これは、非常に大事な概念です。分数で言うと、分子と分母が同じ場合、1ですよね。

この感覚は、以後何度も繰り返されます。割合であったり…。

039算数も、数学も、「1」を理解できるか否かによって、その後の理解度が大きく左右されます。

分数や小数は、そのお膳立てに過ぎません。

敢えて言わせて頂きます。小3の算数を制する者は、数学を制す。

この小3の内容が疎かになると、5年生の「通分」「約分」が分からなくなってしまいます。通分・約分の計算ができたとしても、その本質が理解できないままになってしまう危険があります。

高校入試で、通分・約分を使わない問題はありません。
高校受験とは、小学生から中学卒業レベルを総合した問題なのです。

近年、小学生のうちは習い事を優先し、塾は中学に進学してから、あるいは学校の勉強が解らなくなってから…という傾向があります。

英数学院では、小3からカリキュラムを組んでおります。毎回、授業の冒頭で前回内容の小テスト(復習)を行います。宿題は専ら漢字練習や最近はローマ字を覚えてもらっているので、負担にならないよう配慮しています。

毎回小テストを行うので、授業前にノートを見る習慣もついてきました。塾に通うようになり、飛躍的に成長されています。意識が変わってきましたネ。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

夏期講習真っ只中!

小学生の夏期講習が中日を迎えました。外部の方も多数参加されています。

私は、小学生の国語を担当しています。主に読解練習を行っております!


来週からはいよいよ中学生と個別指導が始まります。


「夏は部活しかしなかった」ということがないようにしましょう!

そして、夏休みの宿題を早めに終わらせましょう!


分からないものは、どんどん質問に来てください!

自習室も空いています。うまく活用しよう!


夏に負けるな!

国語辞典を新調! ボキャブラリーを増やそう! 記述力強化への道

021今年度、小学生の教科書が改訂されます。

英数学院では、国語の授業で語彙を調べていただく機会が多いです。調べた語句を用いての作文も行います。

子どもたちにできる限り多くの語彙を増やして欲しいという願いからなのです。

例えば、現在私立校を受験する生徒の、作文を添削させて頂くことが多々あるのですが、圧倒的にボキャブラリーが少ないです。語彙が少ないと、同じ言葉を繰り返し、読み手を退屈させてしまいます。

語彙を替えてあげるだけで、オリジナリティー溢れる美しい文に生まれ変わります。語彙の豊富さこそ、日本語の素晴らしさ・良さです。


最近辞書が古くなったり、汚れが目立ったり、破れていたり、ルビがふっていなかったりということで、
001小学生用国語辞典を新たに一新いたしました。小学生の段階から、高校入試等に必要不可欠な「記述力」の底上げを図っています。

作文も、「どうして?」を常に問いかけて、何度も推敲してもらっています(^○^)。

これで、以前より愉しく調べられるかな?

こちらは、私が十年以上愛用している「類語辞典」です♪
001


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

中学準備講座開講のお知らせ(英数学院)

英数学院のウェブサイトではすでに告知しておりますが、今年4月に中学に進学される方(外部生)を対象に、中学準備講座を開講いたします。

2月17日から計4日間(火曜日と金曜日)、英語(プラス国語の文法)と数学の授業を行います。

004参加者特典もございます。奮ってご参加くださいませ。
see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

初めての、英語の授業

小学6年生クラスに、国語授業の時間を使って、英語の授業をしました。ただし、半数以上は英数学院で英語クラスを受講しています。本日は、アルファベットなどの基礎を指導いたしました。

014昨年末から、英語のノートを2冊用意するよう伝えていました。一冊は「授業用ノート」。もう一つは、英数学院伝統の「努力ノート」。
私の努力ノートを見せながら、それぞれの用途を説明。決して混同しないようにと伝えました。次回までに頑張ってきてくれるか楽しみです。

英語は国語の指導とともに徐々に進めていきます。入塾を検討されている方には、近々ウェブサイトにてご案内する「中学準備講座」をお奨めします!

小学校で多少は習っているとはいえ、ほとんどの生徒は初めての学問です。今日のように愉しく、この溌剌とした感覚をいつまでも長続きさせられるよう、サポートしてまいります。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

小学生・夏期講習(世界で一番熱い夏)が始まります

休日出勤23日(水)から、小学生の夏期講習が始まります。
私は、国語を担当することになりました。休日返上で、入念な予習と教材準備等を行っております(この画像は2年以上前のものなので、あしからず…それにしても、当時は汚い机ですw)。

この1人の空間が好きでもあるのですが…(笑)。

「国語」(特に小学生)で差別化というのは、難しいテーマであり、それ故、今回は私が担当させて頂きました!

妥協一切なし。これは信条なので、子どもたちから「英数学院の夏期講習に来てよかった」と感じてもらえるよう、精一杯頑張ります!

来週から、早朝から夜10時までという過酷な「夏」です。なるべくスタッフをこまめに休ませて、乗り切れればと思います。

共々に世界で一番熱い夏を! 大成長の夏にしましょう!


追伸 プリンセスプリンセスのファンでした。21日(月)は通常通り、授業がございます。

漢検 健闘篇

P6220921受検者の皆さん、雨の中たいへんお疲れ様でした!(^○^)/
日曜日にもかかわらず試験監督者をはじめ、携わってくれたスタッフの方々、本当にありがとう(^▽^)/。

わたしは、26日から始まる小学生テストや、来月上旬の中学生テストを作っていました…。会えなかったみんな(ゴメン!)、2階から応援していました!

IMG_1014修学旅行から帰ってきた生徒からお土産をいただきました。美味しかったです! ごちそうさまでした!!

そういえば、私もいろいろな場所へ行くのですが、毎回生徒のみんなにお土産を…と思いながら、忘れてしまいます。今度こそ、忘れません(^○^)。

IMG_1029こちらは、明後日折り込みされるチラシです。

そして、明日からは、ついに「かな(神奈川入試対策講座 理科)が始動!!

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

運動会にまいりました

IMG_0875[1]子どもたちの応援で、訪れました。実は、ここは私の母校。同窓生とも再会し、お昼をご馳走になりました。

それにしても、場所取りで朝の4時から並んでいたというのですから、頭が下がります。真夏を思わせる暑い日でしたので、熱中症になる前に仕事のために帰りました。

IMG_0878[1]全生徒にはお会いできませんでしたが、彼らの生き生きとした姿を見ることができて、良かったです(^▽^)/。

今回は、事前に生徒さんから伺っておりました。うちの学校には来てくれないの?という方、今度教えてくださいね!!

お疲れ様でした。ゆっくり休んでください!!


幸せな一陣の風

香川県(前記事)から英数学院に戻ると、子供たちの合唱が聞こえてきました♪

ぎおんしょーじゃのかねのこえ♪

しょぎょーむじょーのひびきあり♪


小学生の国語の時間です。
「ああ、なんて素晴らしい響きなんだ!」 これを聞いて、幸せにならない訳がありません。

039これが、中学生の「古文、いやだな〜」的な、諦めの境地の声だったら(笑)、また違ったのかもしれませんが、

小学生の無邪気な声に、やられました。

名文として引き継がれている文学は、リズムがいいので、詩歌も含め、教室全員で音読するのは素晴らしいことではないか、と提案させて頂きました。

授業におけるさまざまな試みは、今後とも続けてまいりたいです。


たけきものも ついにはほろびぬ♪

ひとえに かぜのまえのちりにおなじ♪


教室の外から、つい合唱に加わってしまいました(笑)。ご迷惑でしたね(笑)。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪



プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 中間テスト対策講習
  • 非中学受験の小学生のモチベーション
  • 進学報告会
  • 進学報告会
  • 学年末対策講習!
  • 自習室 奮闘篇7
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ