生徒たちは、自主的に取り組んでいます。


受け身ではなく、前のめりになって、目の前の問題に挑む。これがドラゴンENGLISHの真骨頂です。


002


003


004


005


006