受験生と面談をする機会をもちました。進路について、夏休みの過ごし方やスケジュール管理に至るまで。

その中で、「計画を立て、それを実行する」ことの大切さをお話させて頂きました。
010受験生には、「気分が乗ったから学習する、気分が乗らないからしない」ようなところから脱し、これを機に生活習慣の改善や目標実現のための取り組み方を学んで欲しいと願っています。

勉強にしても、ハイテンションになると「時間を忘れ我をも失う」という経験も大事ですが、まだ部活動もある状態では、すべてにおいてバランスを崩してしまいます。学習する教科も多いです。学校見学もあれば、友情も大事でしょう。学校行事も控えています。健康管理も忘れてはなりません。

スケジュール表を渡し、具体的なアドヴァイスをさせて頂きましたが、「計画なくして、実行なし」という言葉を贈りました。

限られた時間を、如何に大切に生きるか。やりたいことを全部できないから、なるべく多くできるよう計画を立てるのです。それらを書き出し、時間に左右されるのではなく、時間をコントロールできるように。

心身を休める時間もしっかり摂らねばなりません。


先の言葉ですが、幕末の思想家・吉田松陰氏の言葉をオリジナルにアレンジさせて頂きました。原文は以下の通りです。

夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。吉田松陰