10月20日、研修会を催し、今後の指導方針と受験対策について、意思疎通を図りました。




冒頭、工藤講師から「生徒の心をつかむアプローチ」という講演を行ってもらいました。


006



内容については、前日までいろいろ相談し、ご自身の経験から、各講師に伝えて欲しいこともリクエスト。コミュニケーションの大切さ、「褒める」について、それを言葉で伝えることの重要さ等、貴重なお話をして頂きました。



「褒める」については、人間を大まかに3種類に分類して、さまざまな褒め方(タイミングやどんなところを認めてあげるか)を動物に例えて(失礼ですが)、参考資料として提示し、場が和みました。



012



今後の各学校の試験スケジュール(特に3年生は、進学の指標となる内申が出る大切な試験)、及びその対策について、




また今年度から変わった新しい入試問題についての対策、指導方針の確認。
原点に戻って、新たな気持ちで取り組んでもらいたいとお話させて頂きました。




最後にサプライズとして、当日お誕生日を迎えられたK先生、そしてM先生に「永年表彰」を行い、大きな拍手が湧きました。


016




研修会は定期的に行ってまいります。普段、時間割の都合で会えない講師同士のコミュニケーションもとれます。




終了後は、懇親会を行い、普段の労をねぎらいました。



021



これから、塾はますます忙しい時期を迎えます。




気持ちも新たに、講師一同、一生懸命、指導させて頂きます! まずは、中間テストです!!