昨日は、春期特別講習の広告が各新聞に折り込まれました。風が強い日でした。





手にされていない方で興味がございましたら、英数学院にも置いてありますので、





お時間のある時に、手にとって頂けると光栄です。


002

英数学院は、約半世紀!地域の塾として、今日まで歩んでまいりました。





歴史と伝統とは裏腹に、変わり続けてきた故に、現在があると、個人的に解釈しております。





幾度も新しい試みや変革を繰り返してきました。未来を担う子どもたちを思ってのことですが、





新しいことに取り組むことは、時に批判や中傷といった「痛み」を伴いました。理解を得られるまでに時間もかかりました。





実行に移すことは、「勇気」が必要です。





ですので、「勇気」の連続の47年間だったと思います。





同じやり方を繰り返すほうが楽です。実績を積めば積むほど…。多くの人は経験に裏打ちされた安易さに流されがちです。




001

視野を狭めないよう、同じような塾の方々とも交流を深めて、良い部分を見習いながら、成長してまいりました。





今もなお、成長の途上にあります。





ともあれ、私たちの最大の使命は、未来を担う人材の育成です。





そのためにも、私どもが成長しなければ、なりません。





塾ですので、「学問」というフィルターを通してではありますが、





第一義に、子どもたちの人間的成長を願っています。





変えることも、自身が変わることも、勇気です。





勇気は、誰にでもあります。ある人、ない人という境界はありません。出すか出さないかは、自分次第です。生きていくうえにおいて最も大事なことですよね。





今回の広告は、多くの方の勇気の源泉となるよう、授業や仕事の合間を縫って、作成致しました。





(私どものような小さな塾にとっては、費用面も含め、大きなリスクでもあります)





読んで頂いた方、並びに関係者の皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。





今回のすべての文責は、私、長江広紀にあります。一枚のチラシでは、すべてを伝えきれず、いくつかは省略させて頂きました。




伝えきれなかった詳細については、このブログ等で伝えていけたらと存じます。ご質問やご意見がございましたら、何なりとご連絡ください。




広告をご覧になって、初めてお読みになる皆様、はじめまして!