英数学院の3年生に聞いたところ、2月1日にほとんどの生徒が志望校に願書を提出に行くということです。




さて、1年前、このブログは、受験生のエールでいっぱいでした。いくつかは自身への鼓舞でもありました。




前期選抜があり、どういう根拠かは知りませんが、多くの生徒が、前期で合格できるとタカをくくって




後期選抜(筆記試験)に備えた学習を怠っていたからです。多くというのは言い過ぎですが、心のどこかで、前期で合格していたらいいなと考えて、真剣に勉強に身が入らない状況があったと思います。


011

今、受験の話題をあまり取り上げないのは、スマホの時代になり、学問の妨げにならないようにとの配慮も働いていますが、




私なんぞがブログで励まさなくても、全生徒が必死に一つの目標に挑戦しているからです。




そんなすべての受験生に、この言葉を贈ります。





強い想いは、才能を超える