迂闊にも風邪をひいてしまいましたポリポリ (・・*)ゞ。





さて、以前算数で紹介した生徒が、10月のテスト(国語)で高得点をとってくれました。(^○^)/




001




良い点数をとったり、前回よりも得点を伸ばしている子はたくさんいますが、なかなか撮影には応じてくれません…。





彼は小3から通ってくれ、読解力はどんどん力がついてきました。マイペースですが、今回のテストは苦手な漢字も(難しい字が多かったにも関わらず)努力し、何より答案に隙がありませんでした。





漢詩、短歌と俳句、説明文、誤字訂正、都道府県名など多彩な問題でしたが、しっかり見直しをした結果なのではないでしょうか。





国語力は時間がかかりますが、かかった時間だけしっかりとした土台となり、他教科への効果も大きいです。





脱「ゆとり」でもがいている中学生たちは、やはり根っこの「国語力」が弱い印象があります。





英数学院に通ってくれている小学生たちは、作文力もあります。恥じらいがない分、発想が豊かです。

021



中学へ上がって、部活で忙しくなる前に、どんどん「文章を書く力」を身につけさせたいと感じています。





昨年から改訂された小学生の国語の教科書は、とにかく語彙が以前に比べ豊富で高難度です。




日々の積み重ねが特に重要な科目であると思います。see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪