「転機は不幸な格好をしてやってくる」という言葉が好きで、いつも前向きに捉えるようにしています。




001




お近くにお寄りの際、是非ご覧になってみてください。特に夜。





子どもたちは「昼間だ!」と言っていました(笑)。子どもたちが安心して通ってもらえるよう、看板という用途のみならず、下を照らす明るさまで配慮された構造です。





デザインを担当してくれたS・Oさん、制作して頂いたミズモリ工芸社さま等、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。