Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

2016年12月

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

冬期講習が始まりました! 英数学院

本日より冬期講習がスタート!

今日24日は、中3のクラスが先陣を切って講習始まりました。
001この冬休みは、復習をする最後の機会。休み中に力をつけて、入試の実戦練習(1月14日から入試直前対策講習が始まります)に備えていただきたいと思います。

なお、今年の授業は29日までで、明年は4日からスタートとなります。

皆さん、よいお年を!

小3算数を制する者は数学を制す →小3から高校受験に矢印→



小学高学年から、「算数が分からない」というお子様の多くは、割り算で躓いていると思います。

中学生になってから通ってくださる生徒の方も、「数学が苦手」という子の多くは、遡れば「割り算」です。
(引き算が苦手という子も多いですが)

小学2年終了時には、徹底して九九を覚えさせられます。小2担任の先生にとって、至上命題ともいえます。
(最近は、居残り補習などを行う学校も少なくなっているようですが)

日本人の子どもの多くは「韻」で覚えます。なので、小2修了段階でアトランダムに九九を言える子は少ないかもしれません。

いいんです! 割り算を3年生で習うとき、必要となりますから。

031
わり算の指導ですが、単にかけ算の反対と教えるのは、一面的で、割り算の本質を分からない原因となり得ます。

例えですが、ある数のものをある人数で平等に分けるということを実践して、その必要性を伝える努力が大切。
全員に同じ数が平等に行き渡れば良いのですが、やはりいくつか余ってしまうケースが多々あります。

授業では頭で考えるより、実際にやって頂き、実感してもらいます。この辺りを、単にかけ算の反対とやってしまうと、思考が止まってしまいます。

こどもたちが考えることを止めてしまった瞬間に、それは学習ではなくなります。学ぶとは、考えることから始まります。

ですので、指導のしかたや順序は非常に大事です。
小3では、その後、分数(小2でも多少学習します)・小数を習います。

同じ分母同士でしか、足したり引いたりできないこと。そして、「1」について指導します。

「1」とは何か。これは、非常に大事な概念です。分数で言うと、分子と分母が同じ場合、1ですよね。

この感覚は、以後何度も繰り返されます。割合であったり…。

039算数も、数学も、「1」を理解できるか否かによって、その後の理解度が大きく左右されます。

分数や小数は、そのお膳立てに過ぎません。

敢えて言わせて頂きます。小3の算数を制する者は、数学を制す。

この小3の内容が疎かになると、5年生の「通分」「約分」が分からなくなってしまいます。通分・約分の計算ができたとしても、その本質が理解できないままになってしまう危険があります。

高校入試で、通分・約分を使わない問題はありません。
高校受験とは、小学生から中学卒業レベルを総合した問題なのです。

近年、小学生のうちは習い事を優先し、塾は中学に進学してから、あるいは学校の勉強が解らなくなってから…という傾向があります。

英数学院では、小3からカリキュラムを組んでおります。毎回、授業の冒頭で前回内容の小テスト(復習)を行います。宿題は専ら漢字練習や最近はローマ字を覚えてもらっているので、負担にならないよう配慮しています。

毎回小テストを行うので、授業前にノートを見る習慣もついてきました。塾に通うようになり、飛躍的に成長されています。意識が変わってきましたネ。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪
プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 中間テスト対策講習
  • 非中学受験の小学生のモチベーション
  • 進学報告会
  • 進学報告会
  • 学年末対策講習!
  • 自習室 奮闘篇7
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ