Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

2013年11月

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

平成26年度神奈川県公立高校募集定員

007


平成26年3月の県内公立中学校卒業予定者数が70,491人(前年より1,522人増 前年度実績68,969人)という結果が発表されました。

平成26年度全日制高校の募集定員も28学級増[公立38校33学級増 5学級減となりました。

卒業予定者の人口増加は、川崎・横浜といった都市部がほとんどなので、今回の募集定員では、主に都市部で〜芦鵝倍率が高かった学校(特に偏差値60以上の高校)が1クラス分定員増 倍率が低すぎた学校は定員減となっております。

英数学院の生徒が受験する可能性のある高校を、前年度と比べ、生徒たちが主に進学する地域の高校のみ、増減のあった高校を記します(1クラスは約40人とお考えください)。


<募集定員が増えた学校>
・横浜翠嵐 1クラス増   ・鶴見 1クラス増  ・川和 1クラス増  ・元石川 1クラス増
・住吉 1クラス増  ・川崎北 1クラス増  ・百合ヶ丘 1クラス増  ・菅 1クラス増
・麻生 1クラス増  ・市立高津 1クラス増  ・大師 1クラス増  ・麻生総合 1クラス増
・横浜国際 1クラス増
 

<募集定員が減った学校>
・生田高校(普通科) 1クラス減   ・鶴見総合 1クラス減


私個人の想定ですが、倍率に関しては、あまり一喜一憂されないほうがいいかと存じます。前年度のそれが最も参考になると考えます。

約1ヶ月前に発表されましたが、中間テスト前で、子どもたちへの動揺をを考慮し、この時期に発表させて頂きました。
001

また来週から、保護者面談がございますので、個人的見解など詳しくは、そちらでお話しさせてください。


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

「飛び梅」の故事



某社の教材展示会及びセミナーの様子です。


002




セミナーでは、非常に有意義なお話を聞きました。内容については、折に触れ話していきたいと思います。




003



さて、タイトルの「飛び梅」の故事ですが、たまたま5年生に指導致しました。




「梅」の花は、「変わらない心」「主を忘れない心」を表します。





学問の神様として知られる菅原道真は、九州に流罪されるとき、自分の庭の梅の木に向かって、こう詠んでいます。



東風(こち)吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主(あるじ)なしとて 春を忘るな(春な忘れそ)


<春の東風が吹いたなら、香りを届けて寄こしなさい、梅の花よ。主の私がいないからといって、春を忘れてはいけないよ>




「春を忘るな」とは、咲くべき自分の使命を忘れるなということではないでしょうか





この歌に応えたのか、梅の花は、主人である道真が迫害にあっている九州まで、京都から飛んできたといいます。




子どもたちにも、この世に生をうけた以上、自分にしかできない使命があります。





それを自覚する時期はそれぞれですが、私たちは共に学んでいく中で、生徒の皆さんに少しでも自分の可能性や使命について考えて頂くきっかけになって頂ければと思っています。





塾である以上、学問というフィルターを通してでありますが





使命を見つけた人間は貪欲に努力し、自らの使命を果たそうとします。


黒板 001



「使命」は個人によってさまざまではありますが、そういったお手伝いもさせて頂ければと思っています。時には思ってもいない才能が開花することも暫しあります。





志望校合格や進学などの目標は当然として、「塾」とは本来そういう場なのではないかと考えています。



(^○^)/

質問があるのですが!



西中原中・東高津中1・2年生の皆さん、試験勉強ははかどっていますか? 寒さが厳しくなってまいりましたので、体調管理を怠らないでくださいネ!




さて、デスクワークをしていたところ、自習室(当学院の生徒なら、営業時間内であればいつでも学習できます)で勉強している生徒(中1)から、





「解らない問題があるから、教えて欲しい」と言われました。



027


数学は専門ではありませんが、「まー何とかなるだろう」と彼の示した問題を拝見しました。





問い ある学校の生徒を13人一班に分けたら、最後の班は7人となり、12人一班に分けたら2班増え2人余った。この学校の生徒数は何人か?(趣意)





答えを見せてもらえば、すぐ彼の疑問が晴れるよう解説してあげられたのですが、昔取った杵柄で、答えを見ずに、無理をして一緒に問題を解いていきました





典型的な方程式です。ふつう x とするのはこの学校の生徒数だと考えてしまいがちですが、それで式を作ると行き詰まってしまいます。





そこで、x の設定を、生徒数ではなく、班数ではないかと考え(全体を俯瞰する)、式を作ってみました。





○=△が方程式であり、これは天秤のような関係です。○と△は同じでなければいけません。この問題文を読むと、確かに生徒数は問題文の前半と後半ともに同じですが、




やろうとしている行為は「同じ班数」で一班12人で分けたらどうか、13人で分けたらどうかっていう話ですから、班の数は同じ訳ですね。
(この辺りは、読解力が絡みます)





ということで、以下の方程式をたてました。




13x ー6 = 12( x +2) + 2





「−6」がポイントです。「最後の班は7人になった」で、最近の子は短絡的に「ー7」とやってしまいがちだと思います。





しかし、班の数は同じなので、=を保つためには、最後の班は、「13ー7=6」にするべきですよね。後で解答を確認させて頂いたところ、この部分の解説がなかったので、彼は頭をひねっていたようです。





この方程式を解くと x =32 となりました。しかし、これは答えではありません。尋ねられているのは、この学校の生徒数です。





32を左の式でも、右の式でもいいから、x に代入すれば、生徒数が求められると教えました。





この方程式は、○も△も「生徒数」なのですから(もちろん納得してもらうために、ここに書いている以上に解説を加えました)。




正しく理解してもらえたでしょうか。数学は普段指導しておりませんが、「説明は分かりやすい」と言われているんですw。




久しぶりに数学を教えましたが、思ったのは、問題を読み解く読解力・思考力の大切さです。

001





すべての科目において、「国語」は土台となる大切な基礎だと改めて痛感しました





当然ですが、うちの数学の講師なら、もっと速くわかりやすく、彼に指導できたことは間違いありません(-。-;)。





気がつけば、頭が「文系」でこちこちになってしまっていたなと、反省しきりの一日でした。

ありがとう



 ありがとうは<奇跡の言葉>である。口に出せば、元気が出る。耳に入れば勇気がわく。



 「ありがとう」を言う時、聞く時、人は心のよろいを脱ぎ捨てる。人と人が深いところで通い合える。

016



 「ありがとう」の中には相手への敬意がある。謙虚さがある。人生に対する大いなる肯定がある。前向きの楽観主義がある。強さがある。「ありがとう」と素直に言える心は健康である。だから「ありがとう」を言うたびに、あなたの心は光ってくる。体にも生命力がわく。

039


 自分がどんなにたくさんの人やものに支えられて生きているか――ありがたいと思う、その自覚が、感激が、その喜びが、さらに幸福を呼ぶ。



 <幸せだから感謝する>以上に<感謝するから幸せになる>のである。


大手塾と個人塾の情報量に違いはあるの?





3年生の皆さん、模擬テスト、お疲れ様でした!!
005




私は、模擬テスト(今回は英数学院が会場)に、皆さんが参加されたのを見届けてから、




公益社団法人・全国学習塾協会・関東支部の研修会に参加するため、千葉県銚子市まで足を運びました(翔英館という塾で、そちらの塾長先生の講演及び、さまざまな各地の塾関係者と意見交換などを交わしました、詳細は次回)。




全国各地の塾を見学する機会に恵まれ、たくさんのものを毎回吸収させて頂いております。




恐れながら、各地域事情はさまざまです。例えば、今回の場合は、銚子市の教育事情や地域性、人口推移等、地元の方にできるだけお話を聞いて、翔英館という塾ならではのオリジナリティーを学びます。
019




今回は、その取材で伺ったお話(受験生の保護者様)から、気になった一つの質問にお答えさせて頂きます。




掲題の通りです。情報量という点で、どうしても大手(おおざっぱに申し上げますと、いわゆるフランチャイズ展開されている)塾のほうが安心だとのことです。




私は神奈川の人間ですが、「違うのは情報の発信量・スピードです、違いなどございません、あくまで双方とも情報収集力に努めている限り、変わりはありません」とご説明致しました。




高校受験を例にします。神奈川県の入試に関して(今年度ですと、共通選抜が導入されましたので出題傾向とその予測)、募集定員、倍率…。




情報のソースはただ一つ、神奈川県教育委員会です。これは各ご家庭でも、インターネット等によって、素早く入手できます。




ここ数年の各高校の変化などに関しては、例えば私どもの塾は圧倒的に川崎市内の学校を志望する生徒が多いので、





地域に根を張り、アンテナを張り巡らせています。卒業生などの話を聞く機会も勉強になります。





「イメージ」がまず最初に浮かぶと思いますが、受験生の保護者の方の時代と大きく変化しています。ですので、直に学校に行かれること(特に在校生がいる時間)を勧めております。




進学実績、指定校推薦枠…。年々変化します(こちらも調べているかいないかの違いです)。逆に申し上げると私どものアンテナは、地元の高校により強い感度.iIがありますので、異なる地域からいらした教室長の方が存じ上げない部分もフォローできるかもしれません。




あまり知られていませんが、英数学院には高校生も在籍しております。





ですので、情報量というイメージで塾選びを考えていらっしゃる保護者の方がおられましたら、どうか誤解を解いて頂けると幸いです。





塾選びに関しては、もっと別の視点で、大きな視野で、検討して頂ければ幸いです(^○^)/。


007



長くなりましたので、




もっと具体的な例の続きや、先月発表された募集定員(英数学院のHPにPDFで貼り付けております)について、実際のところ前年度と何名の増減があったのか、倍率に影響するのかといったお話など、




こちらのブログで、ご紹介させてください!




本日は、この辺で。see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


笑顔

元手がいらず、利益は莫大

与えても減らず、与えられたものは豊かになる。


一瞬のあいだ見せれば、その記憶は永久に続く。


どんな金持ちでもこれなしでは暮らせない。

どんな貧乏人もこれによって豊かになる。

家庭に幸福を、商売に善意をもたらす。

友情の合い言葉。


疲れた人にとっては休養、

失意の人にとっては光明、

悲しむ人にとっては太陽、

悩める人にとっては自然の解毒剤。



買うことも、

強要することも、

盗むこともできない。

無償で与えて初めて値打ちが出る。



クリスマスセールで疲れ切った店員のうち、

これをお見せしない者がございました節には、

恐れ入りますが、

お客様の分をお見せ頂きたいと存じます。



笑顔を使い切った人間ほど、

笑顔を必要としている者は他にはございませんから。



フランク・アービング・フレッチャー
(ニューヨークのあるデパート広告より)

いよいよ中間テストです!



3年生の皆さんへ


今回のテスト結果を受けて、志望校が決まる大事なテストだというのはご存じでしょう。
以下の3点を訴えさせてください。


塾で勉強したことだけで、満足しない! 家庭学習がすべてです!

技能教科も、主要教科同様に学習時間を作ること!

体調管理を怠らないこと! 万全のコンディションで臨むこと!


091


これ以上、言うことはありません。皆さんなら、分かっているでしょう。

愉しく! 時間を忘れるくらい、没頭すると、愉しくなってきますよ(^ー゚)ノ。



2年生の皆さんへ

後期の内申は、入試の内申点に入ることはご存じだと思います。
そして、それは志望校を決める目安となります。

先日、授業でも話しましたが、すべての高校を見学する時間はありませんよね? しかも、皆さんは秋まで部活をやっていますから、尚更です。
模擬テストを受けるとき、どの高校を記入しますか?

それらは、2年後期の内申点で、つまり、今回からのテストで、ある程度、進学する高校の可能性が限られていくことになります。
002


現在、3年生の保護者の方から志望校の相談を受けますが、「2年生の時、もう少し頑張っていたら…」と何度口にしたか分かりません。

その第一歩です。

携帯やスマホを気にしながらの勉強はやめましょう。

試験前は、エゴイスティック(周りを気にしないで、自己中心で)になりましょう。


塾に依存しすぎてはいけません。テストを作るのは、皆さんが教わっている学校の先生です。授業中に、強調していたこと、配られたプリント等を振り返ってみてください。

それを元に、塾を上手く利用してください。

001


自分の力で、未来を切り拓いてください。精神的に自立する絶好の機会です。


最後に、


うがい、手洗いの励行を! see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

英数学院の個人指導はここが違う!

003



英数学院の個人指導担当者は、ベテラン揃いです。





私よりはるかに経験豊富な講師陣が、「担任制」で年間を通して指導致しております。





この地域で個別指導を最も早く始めたのは、英数学院です。





個別に学ばせたいという保護者の方、子どもたちのニーズは近年増えています。





クラスではできないきめ細やかな対応を英数学院ではさせて頂いています。



013

 嶇⇒輊次廚如∨莢麒欷郤圓諒に、行った授業、次回までの宿題等をお知らせします。





遅刻で10分経っても来ない場合は、ご家庭にお電話差し上げます。近頃は5分経過したらでもと考えております。
(クラスでは、授業の関係で不可能です)




(学校の)授業の進度を常に確認し、定期テストから逆算して、試験対策を十分行えるよう、時間配分を行います。(クラスも同じです)





っ楼荵情に精通している講師が多いので、子どもたちの状況(部活動等)や悩みも共有します。





イ笋笋發垢襪函▲泪ぅ據璽垢亡戮辰燭蝓◆峭峪佞砲戮辰燭蝓廚箸いΥ鼎┐生じるので、学問を通して「精神的自立」を促します。


018


κ孫圓靴董∩択クラス(理科・社会・国語・英語数学特訓クラス)を受講できます。前回も書いた通り、テストも受けられます。





Ц朕融愼魁瓮ラスについていけない子供たちが受けるというのは、違います。昨年、多摩、神奈川総合に合格した生徒は個人指導生です。分からない問題を直接持ってきたり、選択クラスを有効に活用したりして、これまで多くの進学校に合格してきました。

今年度は、選抜機会が一度という厳しい入試でしたが、全員志望校に合格しました



さて、現場で指導する講師の皆さんに「英数学院の個人指導」は他とどこが違うか?という質問をさせて頂きました。


A講師(理系)

英数学院の良さは「生徒との近さ」にあると僕は考えています。
長い期間にわたってこの地域全体の指導をしてきた英数学院の売りである「地域密着の指導」はもちろんのこと、個人指導では英数学院では最大でも2人の生徒しか同時にみることがないことが、生徒一人一人へのしっかりとした指導を可能にしています。このことで、生徒一人一人へ割り当てられる時間というのは相対的に大きくなります。授業内で生徒の心境面の話をできる時間が多く持て、生徒からの要望や悩みなどをより多く汲み取ることができます。そのために、他の塾と違い、生徒の状況に合った勉強やメンタル面でのサポートがより多くできます。僕は個人的にこうした生徒密着型の指導ができることを非常に嬉しく思っていて、他の近隣に構えている大手の塾よりも遥かに自信を持って生徒への受講をお勧めすることができます。



B講師(文系)

1…家庭的、居心地がいい、ホットできる雰囲気、どんな生徒さんもご指導します

2…全ての先生は優しい、丁寧な指導します

3…講師は生徒をお客様、として接してます

4…勉強を通して、精神的な自立を早くさせます

5…話せるだけで認めてあげる、褒める

6…文法はもちろん話せる英語も教える


こちらも、是非体験してみてください

教育改革を指揮する塾人


10月の第4週、読売新聞朝刊一面に、連日新たな教育施策が報じられました。



21日の見出しは「学テ成績公表解禁へ 文科省検討来年度から 市町村教委が判断」。



22日「大学入試 達成度テスト2段階に 再生会議提言方針 センター試験改革」。



23日「英語授業小3から 文科省方針20年度にも5・6年正式教科



26日「義務教育5歳から検討 再生会議 4・4・4制可能に」。




教育再生担当大臣を兼務されている、下村博文文部科学大臣は塾業界出身の議員として知られています(2020年東京オリンピック・パラリンピック担当大臣も兼務)。




前回の記事、塾の日シンポジウムでの会合でも、(下村大臣は出席予定でしたが、公務の為欠席)文部科学省生涯学習政策局社会教育課の坪田知広課長が、土曜日の教育活動の推進について、「地域社会や産業界と連携し体系的で継続的なプログラムを」と。

036



ゆとり教育から脱ゆとりになったものの、週休2日では、完全に消化できない(時間数不足は現場からも聞かれる声です)現状があります。




そこで、文科省は学校教育法施行規則の改正を行い、これまで以上に土曜授業への取り組みをしやすくするとともに、




質の高い土曜授業実施のための支援策や地域における学習やスポーツ、体験活動など様々な活動の促進のための支援策を講じ、子どもたちにとってより豊かで、有意義な土曜日授業の実現を目指す方向に動いています。




坪田氏は「いよいよ学校と塾が連携していく機会が来ました。一部の自治体では連携してはいけないという誤解もあるが、学校の授業ではできない発展的な学びの機会を塾に担っていただきたい」と話され、




「堂々と連携が図れるように文科省としても背中を押していきたいので、是非とも協力をお願したい」と我々学習塾関係者に呼びかけられました。




所轄大臣が塾出身であるからこその、柔軟な発想です。




実は、英数学院での経験からですが、学校と塾とは決して犬猿の仲という訳ではなく、例えば「学校の先生から勧められた」と入塾されるお子様もおられます。




子どもたちを取り巻くさまざまな問題に対し、私どもは、官・民を超えて、連携できるとさらにより良い地域社会貢献ができるのではと、考えております。




今後の、教育改革に要注目です。

OKK 私立中高相談会

003



声の教育社さんから入試動向についての講演の後、各校がブースを設けて、相談会が行われました。




私は、当日お手伝いで参加させて頂きました。




全22校。会場は、もの凄い熱気で、各先生方も、自らの学校について熱心に、時に情熱的に、アドヴァイスをしたり、親身に相談に応じてくれていたと思います。
009




1ヶ所で、多くの学校のお話が聞けるという非常に良い機会だったと思います。




英数学院からも、何名かの方が足を運んで頂き、感謝しています。




東京の私立については、私の知り合いの塾(東京)の先生方のほうが詳しいですから、何名かご紹介させて頂きました。
010




私立は、カラーがそれぞれ独自です。選択にあたっては、やはり自分の目で確かめて、自分に合った学校をしっかり選んで頂ければと存じます。




後は、来週の中間テスト(明日は川診もありますが)。一分一秒を大切に!!




当日の「ダイジェストムービー」はこちらから。音が出ますので、ご注意ください。



プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 中間テスト対策講習
  • 非中学受験の小学生のモチベーション
  • 進学報告会
  • 進学報告会
  • 学年末対策講習!
  • 自習室 奮闘篇7
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ