Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

2013年03月

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

本日から春期講習です




本日から、春期特別講習がスタートです!!





英数学院が他の塾と違うところ…。





一番分かりやすいのが、春・夏・冬に行われる特別講習です。





この地域の子たちは、部活動で忙しく、特に休み中は「遠征」など、普段より忙しい子もいます。





そして、各ご家庭において、経済面でも「参加は厳しい」という方も少なくありません。





休み中は学校の授業が止まっているので、復習の絶好のチャンスでもあります。





ですので、是非とも参加して欲しいという方には、声をかけさせて頂きますが、





基本的に「任意」なのです。





しかし! 参加して頂いた以上、参加しなかった生徒たちを後悔させるくらい、彼らの学力を上げることが、私どもが勇気を出して参加してくれた生徒たちに報いる使命です。





「差」がつくとしたら、この長期の休みの過ごし方にかかっています。





参加できない子も、気を抜かずに、大切に過ごしてください。





希望は、自身の中にあります。





それを伝えるのも、私どもの使命です。




私は、新小4、小5、中2を担当させて頂きます。宜しくお願い致します。(^▽^)/

英語は中1がすべてです



本日、新中2の英語を指導しました。





現在進行形を学習してから、かなり混乱している生徒がいましたので、





原点に戻って、指導をさせて頂き、何人かの生徒は多くの疑問が氷解したようで、





すっきりしたと言ってくれました。




春休みが明けると、新しい単元を習い始めるので、この休業期間は復習の絶好の機会です。





春期講習では、復習を中心に行いますが、新学年の良いスタートダッシュが切れるよう





お手伝いさせて頂きます。





授業後、英語で伸び悩んでいるA君と面談し、自身の課題を自覚しているようなので、学習のしかたについてもアドヴァイスをさせて頂きました。

063


中1の前半は、「書いて覚えること」が中心だったと思いますが、これからは、プラス「考えて書くこと」を意識するよう、単語だけでなく、文章を書く練習も心がけるようお話させて頂きました。否定文や疑問文などのヴァリエーションも増やしていきたいです





脱「ゆとり」は、これまでより約300語必修単語が増えました。センテンスで覚えれば、文法も単語も一度に身に付く(一石二鳥)と思います。




しかし。不規則動詞は、今のうちに必死に覚えてください(^○^)/。後で、楽になります。




see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


本日3月20日は



春分の日ですが、通常通り授業があります




また、春期講習の締切でもあります。




ご留意の程。宜しくお願い致します(^○^)/。

高校入試2013 分析2 英語



共通選抜、新傾向の入試問題ということで、あらゆる対応をとってまいりましたが、





想定外といえたのは、以前書いた社会だけです。





この1年は、教育委員会の発表に一喜一憂しましたが、





英語に関していうと、英作文は想定外に易しく、代わりに他の問題で、受験者を困惑させたのではないでしょうか。
091




リスニングでは記述を求められたり、長文が2題出たり、少しテクニカルな文法問題が出題されたりしましたが、





前日の授業では、「今学習している問題とは異なる可能性が(大きく)あるから、決して動揺しないように。1教科終わったら、必ず息抜きをし、切り替えるように」。





と伝えておりました。というのも、英語が、受験科目で最初のテストだったからです。





「時間内に最後まで解くこと」をしっかり伝えました。どのような問題が出題されようとも。





「全部解けたか?」と心配しましたが、試験を終えた生徒たちからは、時間内に解けたという声を聴けて安心しました。





正直、凝り過ぎな問題だったと思います。あるレベルの高校進学を目指す子たちには、教科書だけを学んでいては





高得点は難しかったと思います。





前年と比べ、圧倒的に量が多かったです。





しかし、時間内に全力で解いてくれた子どもたちには、本当によくやったと褒めてあげたいです。





所感ですが、なまじ英語に精通している生徒には、困惑させる要素が多々あった問題だったように感じました。





やはり、従来の入試と独自入試の間をとった内容のように見受けられました。





長文は読むのではなく、見なさいと指導していますが、





すばやい情報処理能力は、求められているのかなと感じました。





これは個人的な予想ですが、来年の入試は、英作文はさらに難しくなるでしょう。





私どもは、すでにそういう気持ちで、新受験生を指導しております。





読解は、最終的には国語力です。読解問題は配点が高いです。





解き方も含め、新受験生には、模擬テスト等で、万全を期して頂きたいと思います。





他にも、並び替えが1語増えたり等いろいろありましたが、訓練を重ねていけば、支障はありません。





数百人が受験するので、記述などは「採点しやすいよう」になっているだろうと想定していましたが、





この点も、予想通りでした(万が一を考え、あらゆる問題に対応できるよう指導致しておりましたが)。





合否を大きく決めるのは、社会(受験者の社会への関心度)。そして、理科です。3年間の積み重ねです。



see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

勇気





昨日は、春期特別講習の広告が各新聞に折り込まれました。風が強い日でした。





手にされていない方で興味がございましたら、英数学院にも置いてありますので、





お時間のある時に、手にとって頂けると光栄です。


002

英数学院は、約半世紀!地域の塾として、今日まで歩んでまいりました。





歴史と伝統とは裏腹に、変わり続けてきた故に、現在があると、個人的に解釈しております。





幾度も新しい試みや変革を繰り返してきました。未来を担う子どもたちを思ってのことですが、





新しいことに取り組むことは、時に批判や中傷といった「痛み」を伴いました。理解を得られるまでに時間もかかりました。





実行に移すことは、「勇気」が必要です。





ですので、「勇気」の連続の47年間だったと思います。





同じやり方を繰り返すほうが楽です。実績を積めば積むほど…。多くの人は経験に裏打ちされた安易さに流されがちです。




001

視野を狭めないよう、同じような塾の方々とも交流を深めて、良い部分を見習いながら、成長してまいりました。





今もなお、成長の途上にあります。





ともあれ、私たちの最大の使命は、未来を担う人材の育成です。





そのためにも、私どもが成長しなければ、なりません。





塾ですので、「学問」というフィルターを通してではありますが、





第一義に、子どもたちの人間的成長を願っています。





変えることも、自身が変わることも、勇気です。





勇気は、誰にでもあります。ある人、ない人という境界はありません。出すか出さないかは、自分次第です。生きていくうえにおいて最も大事なことですよね。





今回の広告は、多くの方の勇気の源泉となるよう、授業や仕事の合間を縫って、作成致しました。





(私どものような小さな塾にとっては、費用面も含め、大きなリスクでもあります)





読んで頂いた方、並びに関係者の皆様にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。





今回のすべての文責は、私、長江広紀にあります。一枚のチラシでは、すべてを伝えきれず、いくつかは省略させて頂きました。




伝えきれなかった詳細については、このブログ等で伝えていけたらと存じます。ご質問やご意見がございましたら、何なりとご連絡ください。




広告をご覧になって、初めてお読みになる皆様、はじめまして!



自分以上の人材に! 旅は続きます




最近、多くの卒業生から、進学の報告を受けて、本当に嬉しいです。在塾時代を考えると、皆誰もがうらやむような大学に進学しており、




卒業後も、頑張ったんだなと、感心しております。




ここからは私の所感ですが、




指導させて頂く以上、生徒一人一人を、




自分以上の人材に!





という想いだけは、常に思っています。





学歴社会の時代は過ぎ、能力はもちろん人物本位の世の中になっております。





塾の使命も変わってまいりました。





当然のことながら、指導方針も変わってまいります。





高校進学後も、各自の力が存分に発揮できるよう、秘められた才能を発掘できるよう、





我々は、「修行」という言葉に近いですが、あらゆる可能性を最大限に「自ずから」発見できますよう、





鍛錬させて頂きます。




旅は、続きます。




see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪




本日からテストです




本日から、新中2・新中3生はテストです




先週まで、ずっとテスト作りをしておりました。




前学年のまとめとなっております。



001


英数学院では、中学生は年に4回テストを行っており、得点・塾内順位・塾内偏差値・相対評価をご家庭に郵送させて頂いております。




小学生同様、普段の授業を真剣に受けている生徒には、80点はとらせてあげたいと思っておりますが、




満点は、なかなか取れないように精巧に作られております




私の記憶が定かなら、ここ十年ほど、英語のテストで満点をとった子はいません。




テストが難しいのではなく、人間はミスをしますから、どこまで「満点をとりたい!」という強い意志があるかどうかだと思いますネ。




なお、個人指導生でも、範囲を終了している方は受けて頂くことも可能です。普段1:2ですので、自分がどの位置にいるかを把握する、絶好の機会です。




頑張ってください

春期特別講習のお知らせ




春期特別講習の受付が始まりました。




詳細は、英数学院
ホームページをご覧ください。(^○^)/




また、春期講習の広告が完成致しました。




春期講習広告”をクリックするとご覧頂けます。


017


英数学院で初めて受けて頂く方には、無料(別途教材費1,000円、個人指導は有料)で、行います。





実際の授業を受けて頂く絶好の機会ですので、奮ってお申し込みください(教材費1,000円を納入して頂くことで受付は完了です)。





英数学院では、3月から新学年の授業を行っておりますが、今回の講習を受けて頂けると、仮にその後入塾して頂く際も、学習の遅れをカバーできます。





前学年の復習、そして予習。小学生の国語は、テキストを用いて、さまざまな読解問題に挑戦して頂きます。





苦手な単元に的を絞って教わりたいというお子様は、個人指導が効果的です(広告では詳細が載っていないので、HPでご確認頂くかお問い合わせください)。




4月からのスタートダッシュをサポートします!!




see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

英語ではなく「ことば」



新中学3年生には、「選択クラス」として、「英語・数学特訓クラス」というのを設けております。





週に2時限では演習時間が足りないため、個人指導生にも門戸を広げ、





苦手教科克服のために、1日多く来て頂いております。





私は、その「英語」クラスの授業を先日行いました。



066


中2では、不定詞・動名詞・比較・接続詞といった受験には必須な重要単元を学習する一方で、





子どもたちの中には、混乱し、基本があやふやになっている生徒もいるのではと考え、至ってシンプルな授業を第一回に行いました。





文章は、2種類しかないということです。





英語の「一般動詞」のなかには、動作と受け取りづらい「動詞」が数多く存在するので、





どういう感覚で、be動詞の文と混同しないようにするか、素早い判断の訓練を行いました。(^○^)/





そんななか、最も強調したのは、「この授業は英語の学習ではない、ことばの学習である」という点です。






「ことば」とは自分の気持ちや意見を伝える最強の「ツール」であること、





英語しか通じない相手だったらなおさら、





「英語を勉強する」という、視点を変えて欲しいと訴えました。





何のために学ぶのかという問いかけも行いました。




今の子どもたちの世代は、多くの企業で言語の能力を必要とされている時代であります。





003


勿論、私どもは、学校の内申を上げるため、全力でサポートします。




保護者様の一喜一憂は当然、塾として結果を出してお応えしなければなりません。





しかしながら、英語特訓クラスでは、通常の授業とは視点の異なる授業をさせて頂きました。





「コミュニケーション」の手段であること。努力ノートや英作文の練習は、その前提にあること。


055



私の最低限の仕事は、仮に英語を苦手にしていたり、嫌いになってしまった生徒がいたら、その視点を変えることだと感じ、その日の授業を終えました。





そのような心の一念を変えてあげるだけで、学ぶ姿勢も大きく変わってくると思います。





自分が変わること。大変難しいことです。




see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

英数学院は、徹底的に記述力を強化します!

064


前回の記事でも書きましたが、多くの教科で、記述力が明暗を分けました。今年から傾向の変わった入試問題です。




すでに昨年から取り組んでまいりましたが、今年から、「記述力」を本格的に磨きます。





すべての生徒に、さまざまな種類の文を書けるようになって頂きます!



英数学院は、大手のチェーン展開する塾、例えば本部からテキストに至るまで指示を仰ぎながら授業を行う大船とは異なり、




個人塾の利点として、小回りが利きます。機転が速い、瞬時の判断でいち早く行動に移せます。オリジナリティーもあります。




この取り組みは小学生段階から、始めます。もちろん、順序を踏んで行ってまいります。




以前にもお伝えしたとおり、通ってくださるほとんどの小学生は、非中学受験生です。




中学受験がないからこそ、できることがあります!




中受や大受がないからこそ、身軽に、全講師が目標を一にして、時間を有効に使い、的を絞って指導できます。




全生徒は、高校受験の全教科に必要とされる記述力を、英数学院で磨いて頂きます。できるだけ早い段階で、優れた言語感覚を身に付けて頂きます。

017


教科書や補習だけでは終わりません。全学年の矢印は高校受験に向けられています。




この「地域」で授業をしているという点も決して忘れません。地域の特性は長い経験で当然わきまえております。




だからこそ、「地域性」にいささかとらわれている子どもたちには、目を覚まして頂きます!!



これが、私たちのオリジナリティーであり、英数学院だからこそできる、真骨頂です。いえ、使命とも自覚しております。

(しかしながら、高校受験は一つのゴール地点でしかないことも、理解致しております)



つづく…(^−^)/

プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 中間テスト対策講習
  • 非中学受験の小学生のモチベーション
  • 進学報告会
  • 進学報告会
  • 学年末対策講習!
  • 自習室 奮闘篇7
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ