Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

2013年02月

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

努力ノート!



英語学習に関する、英数学院独自のメソッドのひとつが「努力ノート」です。

064



英語の授業の冒頭に、必ずチェックさせて頂きます。





つまり、英数学院では、授業等で板書したりするノートと別に、もう一冊ノートを用意して頂きます。





努力ノートは、家庭学習用の「単語・英作文練習ノート」です。





宿題ですか?と 保護者の方から時々尋ねられますが、これは上限のない自主的なものなのです。





宿題でしたら、「2行練習」など命じると思いますが、単語の難しさや生徒の能力により、練習量は異なって当然であります(要領主義を肯定している訳ではありません)。





基本的には、「覚える」まで。具体的には単語でしたら「1秒以内にスムーズに書けるまで」、それは各生徒によってさまざまです。形式主義に陥らないよう単元ごとに小テストを行います。





042



毎回、このようなグラフをつけて、叱咤激励をします





他者と劣っていると感じて頂くのも、前回より足りなかったと思って頂くのも、生徒に任せます。最近は、入試傾向に沿って、英作文を練習させるよう指導しています。





頭でより、手で覚えようというのがフレーズです。それを分かりやすくしたのが、「努力ノートボード」です。





063





「まずは、写してでいいから書いてみよう」「3回目から途中で手が止まらないよう意識しよう」「見ないで書ける練習をしてみよう」という段階を踏んで、





例えば、中1生ではなかなか覚えづらい曜日などの単語を書けるよう、「努力ノート・ボード」が手助けしてくれます。





努力に関しては、ほとんど才能は要りません。定期的に表彰・プレゼントを贈呈して、子どもたちのモチベーションを高めます。





努力ノートは、英語に関わらず、「努力の天才に」という私どものメッセージです。たとえ、天才ではなくても、努力の天才になれる資格はすべての生徒にあります。





強制的に「この単語は3行練習してくるように」と全員に伝えて、それが本当に実になるでしょうか。





それは生徒の自主的な判断に委ねられています。自己管理ができるかという世界です。





時には部活動などで疲れて、鉛筆も手にとることができない日もあるでしょう。しかし、そんな時でも、他の生徒の努力が刺激になって、「次回は必ず!」という気持ちをもってほしいのです。





授業の時は、私どもは「英語は愉しく!」という原点は忘れないようにしたいです。異文化を理解しようとする作業ですから。





ご家庭内での努力を、強制ではなく自発的に促し、真の力に変える工夫が「努力ノート」です。少し早めに塾に来て、練習している生徒も見かけます。





異文化の言語に挑むには、(この島国では)強制では立ち向かえないというのが、私どもの結論なのです。

(これは小学生の国語学習段階で、多少踏みこませて頂きます)




その努力は、きっと他教科にも好影響を及ぼすものと確信いたしております。


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


数学の授業を受けました!




中学以来、久しぶりにS先生の授業を受けました。私です。



「授業の様子を撮影させてほしい」と頼んだところ、快諾して頂きました。名前と顔出しの許可はまだ頂いておりませんが…。

065


初めは、そそくさと撮影して退席しようと思いましたが(授業の邪魔になるといけないので)、





途中から、それすらもできない緊張感に包まれたことに気づき、ひたすら「風景」になることを心がけました(笑)。





今日は、中2数学「場合の数・確立」の授業です。私が中学時代苦手としていた単元でした。




S先生は説明を終え、問題を解かせると、生徒たちの様子を見に、巡回されます。



085



手が止まっている子を見つけると、すかさずアドヴァイスをします。時には、黒板に戻って、その子のために解りやすく説明してくれます。





ご覧の通り、これが英数学院の超少人数クラスです。





学力別に編成されていますが、それでも生徒により解く速さの差が出ます。終わった生徒を退屈させないよう、次から次へと解答やプリントが手渡されます。




その順番や、問題のレベルの上げ方に、長いキャリアを感じました。私は中学時代、「確立」を頭で考えようとしすぎたのだと反省しました(笑)。





問題・出題の意図を把握すること、しっかり樹形図を書くこと、さまざまなバリエーションの演習をこなすこと、出題の逆を考える余裕くらい持てば、きっとできたはずです。タイムスリップしたくなりました(汗)。


092


「一斉授業」と呼ぶには、あまりにもきめ細やかです。





さて、何人かの生徒を同時に教えたことがある方ならお分かりになると思いますが、原則10名以下という人数は、授業にリズムが出ます。テンポが良く、聞いていても心地よく、それが次の授業時にも残像として残る理由の一つだと思います。





時間内に終わらなかった問題は、家でやっておくようにと解説を渡し、「もう少し、聞きたい」というちょっとした余韻を残して授業は終わりました。





完全に一生徒と化していましたが、同じ講師として、指導する分野こそ違えど、これほど刺激になったことは久しぶりです。




「次に教えるときは、もっと解りやすくしてみせる」という日常ですが、今日ほどそんな思いに掻きたてられた日はありません。





講師になって、初めて生で聴いたS先生の授業。写真でお分かりのように、この距離の近さは生で感じて頂いた方が迫力が数倍変わります。





個人指導もクラスも、英数学院の神髄は講師と生徒の「近さ」にあると思います





時折、生徒を指して答えさせますが、当てられた子たちの緊張ぶりは、よ〜く分かりました。




数学とは、緊張と弛緩の連続によって、刻みつけられる学問なのですね(^○^)/。



see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

質問があるのですが! 2



先日、個人指導の無料体験を受けて頂いた小学2年(新3年生)の方の算数の質問です。




現在、くもんに通われていて、そこで学んでいる文章題の式がたてられないとのことで、個人指導で指導させて頂きました。





あきらさんは、きのうお母さんから100円もらいました。
きょう、70円つかってしまったので、全部で280円になりました。

あきらさんは、はじめに何円もっていたでしょうか。



その子のプリントには、正解として、こういう式が書いてありました。


式) 70+280=350
  350ー100=250




まずは、くもんの式について、かみ砕いて説明しました。


この文章題は、とっつきにくいので、わかりやすく書き換えるとすると、



あきらさんは、はじめに何円かもっていました。(そこに)きのう、お母さんから100円もらいました。
きょう、70円つかってしまったので、のこりは280円になりました。

あきらさんがはじめにもっていたのは、何円でしょうか。



あきらさんは、はじめに何円かもっていた。
もし70円使わなかったら、全部で何円だっただろう。
その金額から、お母さんにもらった金額をひけば、はじめにもっていたお金がわかるのでは。



これを読んでいる皆さん、そんなことをしなくても、もっと簡単に解りやすくできるだろうと言いたいのはごもっともです。




私は、くもんについては存じ上げないのですが、やはりある「狙い」があってこういう指導をされているのだと思います。相手は2年生です。




そこで、3年生で教わる□をつかった式のやりかたも簡単に説明をしました。



□+100−70=280
□+30=280
□=280ー30
□=250    答え 250円




ご本人も、このほうが解りやすいと言っていました。




くもんのときは、確かめ算でつかってね、と伝えました。





保護者の方から、「くもんで解らない問題を、こちらに持ってきても構わないですか?」と尋ねられましたので、





もちろん構いませんとお答えしました。





個人指導でしたら、懇切丁寧に指導できると思います。





これは、式の立て方の違いの話ではなく、文章をどのように自分の中で解釈するかという話です。




私個人的には、言葉の綾で子どもを悩ませるのは好きではありません。英数学院でも、こういう意地悪な文章題はほとんどやりません(笑)。やったとしたら、ブーイング必至です(笑)。





「全部で」という表現は、「残ったのは」とすると思います





おそらくですが、指導した子は優秀でしたので、こういう問題にもチャレンジさせたのではないでしょうか。




「算数」に加え、国語力も大事だという結論でした。see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪


中学準備講座のお知らせ



来週の月曜日から、中学に進学する現6年生を対象に、中学準備講座を行います。




まだ、空きがございますので、





是非、お申し込みをお待ちしています。





午後5:40〜7:10、英語(プラス言語学習に必要な文法)と数学を行います。





英語は、私が指導する予定です。




021




詳しくは英数学院のホームページをご覧ください。




教材費1,000円のみ頂きます。




英語に関していうと、昨年から単語量がかなり増えていますので、中学に入ってからスムーズに馴染めるよう、多少の先取りが必要だと





この1年間に痛切に感じました。在塾生の6年生もすでに取り組んでいますので、





是非、この機会に!!(^_^)/~~

















Just The Way You Are



本日と明日、受験生は面接を迎えます。





2日間、面接の練習をさせて頂き、生徒の皆さんには、本番同様制服で臨んで頂きました。





彼らが話す内容も含めて、新鮮で、塾に来ている時間以外でも、たくさんのことを学び、感じ





成長しているんだなと、とても嬉しくなりました。





002




緊張すると思いますが、思いの丈をすべてぶつけて、





悔いのないよう、頑張ってください。





英数学院には、本当に素晴らしい子どもたちが通ってきてくれていたんだなと、





改めて感じました。




素顔のままで。(^_^)/~~

模擬面接実施中!



中1、中2は学年末テスト対策授業中です!




昨日、学力検査を終えた3年生は、模擬面接を行っております。




面接は、緊張します。「度肝試し」を何度も行い、生徒たちが悔いの残らぬよう、アピールができるようサポートしています。




決して繕う必要はないので、全身全霊を込めて、入学したいという意志が伝わるようアドバイスさせて頂いています。




頭で考えるより、トライを重ねることが大事です!!

本日、神奈川県公立入試!



空模様が心配ですが、ついに訪れました。





前後期選抜が廃止された、久しぶりの「一発」入試です。





一度の選抜機会なので、多くの受験生は不安との闘いが長かったと推察致します。





英数学院では、当日、しっかり自分の力を出し切れるよう、メンタル面のアドヴァイスもさせて頂きました





001


 

こちらは、1年前新しい入試制度の説明会を行った様子です。





光陰矢のごとしです。





当の生徒たちは例がないために、昨年の先輩たちと同じやり方を真似てはいけないと





折がある度に、また保護者面談でも、一生懸命お伝えしてきました。





英数学院でも、この1年間さまざまな改革を行いました。





クラス生に関しては、部活引退後の夕方の時間帯に授業を追加し(学費は据え置きのまま)、





演習時間の足りない数学や、国語の記述対策に時間を費やしました。




模擬テストの積極的な受検と、本番を想定した入試予想問題を用いた対策講習に力を注ぎ、場慣れ・ペース配分にも気を配りました。





学力検査が終わったら、すぐに面接対策です! 早い切り替えを!!




see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪



倍率が発表されました! 神奈川県公立高校



詳しくは、英数学院のウェブサイトで。(^○^)/



主な高校の倍率だけご紹介します。



新城 1,31倍

住吉 1,32倍

川崎北 1,40倍

多摩 1,46倍

生田(普通科) 1,06倍

百合ヶ丘 1,23倍

生田東 0,92倍

菅 0.96倍

麻生 0,96倍

橘 1,33倍

高津 1,16倍

市立川崎 0,96倍


等です。


本日は、1月14日並の大雪が予想されています。



授業の有無に関しては、英数学院のホームページにて随時更新しています。




英数学院のTwitter(@eisugakuin)もございますので、普段使用されている方は是非フォローをお願い致します。

願書提出



英数学院の3年生に聞いたところ、2月1日にほとんどの生徒が志望校に願書を提出に行くということです。




さて、1年前、このブログは、受験生のエールでいっぱいでした。いくつかは自身への鼓舞でもありました。




前期選抜があり、どういう根拠かは知りませんが、多くの生徒が、前期で合格できるとタカをくくって




後期選抜(筆記試験)に備えた学習を怠っていたからです。多くというのは言い過ぎですが、心のどこかで、前期で合格していたらいいなと考えて、真剣に勉強に身が入らない状況があったと思います。


011

今、受験の話題をあまり取り上げないのは、スマホの時代になり、学問の妨げにならないようにとの配慮も働いていますが、




私なんぞがブログで励まさなくても、全生徒が必死に一つの目標に挑戦しているからです。




そんなすべての受験生に、この言葉を贈ります。





強い想いは、才能を超える
プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 中間テスト対策講習
  • 非中学受験の小学生のモチベーション
  • 進学報告会
  • 進学報告会
  • 学年末対策講習!
  • 自習室 奮闘篇7
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ