Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から52年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」「MORIMORI」(ネイティブによる映像授業)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

小学生の国語




迂闊にも風邪をひいてしまいましたポリポリ (・・*)ゞ。





さて、以前算数で紹介した生徒が、10月のテスト(国語)で高得点をとってくれました。(^○^)/




001




良い点数をとったり、前回よりも得点を伸ばしている子はたくさんいますが、なかなか撮影には応じてくれません…。





彼は小3から通ってくれ、読解力はどんどん力がついてきました。マイペースですが、今回のテストは苦手な漢字も(難しい字が多かったにも関わらず)努力し、何より答案に隙がありませんでした。





漢詩、短歌と俳句、説明文、誤字訂正、都道府県名など多彩な問題でしたが、しっかり見直しをした結果なのではないでしょうか。





国語力は時間がかかりますが、かかった時間だけしっかりとした土台となり、他教科への効果も大きいです。





脱「ゆとり」でもがいている中学生たちは、やはり根っこの「国語力」が弱い印象があります。





英数学院に通ってくれている小学生たちは、作文力もあります。恥じらいがない分、発想が豊かです。

021



中学へ上がって、部活で忙しくなる前に、どんどん「文章を書く力」を身につけさせたいと感じています。





昨年から改訂された小学生の国語の教科書は、とにかく語彙が以前に比べ豊富で高難度です。




日々の積み重ねが特に重要な科目であると思います。see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

多く経験すること




最近は、ホームページを「ウェブサイト」と呼ぶようになってきました。





今年度から改訂された英語の教科書にも“website”が出ており、私がよく使う「一太郎(10)」を使ってプリントを作成していたところ、websiteがスペルチェックにひっかかってしまいました(笑)。





windows7を搭載したPCにダウンロードしてある「一太郎2010」なら、大丈夫かもしれません。少なくとも、古い辞書には載っていない「新語」ではないでしょうか。もうwindows8登場ですが…。





英数学院のウェブサイトに、英数学院の指針の一つとして、「多く経験すること」とさせて頂いています。





抽象的な表現なので、個人的な見解を述べたいと思います。





私自身、若い頃、「経験とは何か?」と悩んだ時期がありました。



015

地方から都会に出てきた人のほうが経験があるのか?





職業をいくつもこなした方が経験豊富と言えるのか? 苦労=経験なのか?





「経験」が欲しかったのです。どうすれば経験を積めるのかを自問自答した時がありました。






経験は、「失敗」を未然に防ぐことができます。次の機会に対し、創意工夫ができます。心の中に強ささえ生み出します。






「子どもたちと学問においては」という前提でさせて頂きますが、ほぼ同じ年頃、時間、地域で生活する中で、






多く経験するとは、「意識して生活すること」と同義ではないでしょうか。






よく、一つの科目・単元を集中して取り組むと他の科目(の成績)が落ちてしまうというケースがあります。





やり過ぎたのか?(笑)、あるいはバランスが悪いのか等、さまざまな反省点が浮かび上がるかもしれません。





全く勉強しなかった場合はともかくとして、「やり過ぎ」は悪いとは思いません。好きな分野を徹底して学ぶことは、自身の限界にチャレンジしている訳ですから、逆に経験値は上がると考えています。


他教科への学習の壁も低くなるはずです。





意識して生活すれば、すべてが「経験」となり得ます。昨日と今日は同じではないからです。


017


出会う人、話したり耳にした内容、新たな問題、なぜ解けなかったのか。胸に抱いた悔しさや歓び。





昨日より今日、今日より明日と、成長したいという心こそ「経験」と呼べるのではないでしょうか。





一流といわれる人たちは、すべてにおいて、全身を耳にして、自ら吸収しています。





子どもたちを指導する我々こそが必要な要素であり、子どもたちに範を示していかねばならないと常に感じながら生活しています。(^○^)/

英検の合否発表




先に、お知らせです。11月3日は文化の日で、通常授業はおやすみとなります

(中間テスト対策を兼ねた川診対策講習はございます)



英検の合否は、本日夜以降、英数学院のウェブサイトにて、合格者をイニシャルにて発表いたします。



なお、3級以上合格の方は2次試験が別会場(未定)にて行われます。2次試験に合格して初めて英検の資格取得となります。




3級受検者が大勢おりますので、過去の問題例などのプリント等はお渡しできると思いますが、




時期が時期ですので、個別に対策は行えません。




2次の面接ですが、相手は日本人であり、コミュニケーションをとろうとする姿勢を評価されれば、多くの皆さんが合格できると確信しております。




特に3年生は、中間テストのほうが大切ですので、待ち時間なども有効に活用して(かなり待たされます)、試験対策を心がけてください。




別件ですが、アレルギーなどがない場合は、インフルエンザ予防接種を早めに!




都合で受けられない場合は、うがい手洗いの励行をお願いいたします(^−^)/。


卒業生の来訪




先日、卒業生が英数学院に大学進学の報告に来てくれました。(^○^)/




随分前ですが、偶々再会したとき、明大を目指しているという話を聞きました。





見事、AO入試で志望する学科に合格できたと報告に来てくれました。





AO入試は、一般的に小論文や面接等で入学できるシステムですが、彼の志望する学科は、数学と英語の筆記試験と面接があったそうです(理系です)。





指定校推薦の方向は考えなかったのか?と尋ねましたが、成績が足りなかったので、AOで挑戦して、ダメだった場合は一般受験で挑戦する予定だったそうです。





「何が評価されたんだと思う?」と尋ねると、高校時代のカリキュラムでの取り組みを、面接で評価されたのではないか、と語っていました。





高校時代に、すでにビジョンを決めていて、その内容を面接でアピールできたと話していました。





中学時代は、「ゲームをつくりたい」と言っていたのですが(笑)。環境や切磋琢磨する仲間の刺激が彼を変えたようです。





そんな彼も、予備校には通っていたようです。





少子化で、「全入時代」と言われる中、高校受験でパワーを使い果たしてしまった生徒は、進学後なかなか学業に身が入らない傾向にあります。





彼も「指定校推薦には成績が悪すぎた」と反省していましたが、高校時代に自分の学びたいことを取り組んだことが、今回の結果につながったのではないかと言っていました。





不景気で就職難が続く昨今ですが、早くから自分の目標を立て、予備校にも通いながら学んだ努力が実ったのではないでしょうか。





生命工学という、自分が志望した将来医療分野にも応用できる分野に進めたことに、すごく喜んでいました。




ちなみに、AOで不合格だったら、受験で再び同じ学科を受験するつもりだったと言っていました。





大卒でも雇用も厳しい中で、自分の得意分野をしっかり把握し、そのステップとして、最適の学舎を選べたことは本当に良かったですし、私どもも嬉しい限りです。





おそらく、入学後は研究漬けの毎日だと思いますが(笑)。





「ゲームを作りたい」と言っていた少年が、ここまで意識が変わったのも、やはり高校のカリキュラムの影響は大きかったのではないでしょうか。





それと、理系の学科でも、英語の試験があったというのが、時代の流れだなと感じました。





ちなみに彼は、中学時代理系科目は優秀でしたが、英語が不得意で(笑)、苦労しました。





彼も「ゲームを作る」から、現在の目標に辿り着いたように、目指すモノは変わってもいいと思います。





今、何を目指すのか。将来それが変わることは、往々にしてあることです。





生徒の皆さんには、漠然としたモノでも構わないので、何か目標を立てることで、学業に対するモチベーションも変わってくると思います。





とはいえ、「将来何をしたいか分からない」というお子さんは多いと思います。○○高校に入りたいという目標はあると思いますが、






現在、就職は受験より困難です。





まずは、一つ目の目標をクリアしましょう。一つの試練を乗り越えれば、また視野も広がります。





目をそらさずに、目前の壁を乗り越えてください。





社会は、世界は広いです。





「自分はずっと日本で生きていくんだ」という頑なな発想も取っ払って下さい。人生、何が起こるか分かりません。





今、学ぶのは、その可能性を無限大に広げる一つの作業です。





そのためには、一つ一つの課題に限界まで挑戦しないと、見えてこないものもあります。





自分に限界を決めないで下さい。





もし、苦しくなったら、相談に来て頂ければ、自分の経験でお話できることはお伝えします。





「川崎」在住の生徒は、特に視野が狭い傾向が多い気がします。





高校受験は、ライバルは神奈川県の同学年です。しかし、大学進学は、全国の学生(浪人生も含む)との熾烈な競争です。





いつから始めるか? 始めるのは、今でしょ!!(どこかの塾の講師の台詞みたいですが)(^○^)/

英検が行われました

001

13日、英検が行われました!




英検は、英語の資格の中でも伝統や権威においてとても強い資格なので、





中学生の時から、どんどん挑戦してもらいたいと思います。





就職の際には履歴書にも書けますから。





受検した生徒の皆さん、お疲れ様でした。次なる目標に向かって、気を緩めないで頑張ってください!!



泣いても笑っても後4ヶ月です!



気温の寒暖差が激しくなってまいりました。くれぐれも体調にはご留意ください。




ホームページに、学院長からのメッセージが掲載されています。是非ご覧になってください。




神奈川県の公立高校入試の日程もHPからプリントアウトできるようになっております。




2月15日です。面接は各校で異なり、当日行う学校もあれば、翌週に行う高校もあります。





面接対策については、追って、お知らせ致します。





3年生の目下の目標は後期中間テストだと思います。





多くの生徒が、ここに来て、部活動を引退しました。




夕方の時間帯を如何に有効に使えるかが、大きな鍵です。





英数学院には「自習室が完備」しております。家でなかなかはかどらない生徒の皆さん、是非活用してください。





後期中間テストの勉強はもう始めるべきです。特に地理・歴史など、忘れてしまった教科については、あまりにも範囲が広いため、今から始めるべきです





後期中間テストまでは、目標に向かって一つでも内申をあげる努力をして頂きたいですが、





同時に併願校も、基本的には実際に訪れ、第一志望と同様、大事に選択してください。複数の高校を受験されても構いません。





提出物は早めに終わらせること、主要5教科を早めに仕上げ、同じ割合の技能教科にどれだけ力を入れられるか、計画的に学習を進めてください




泣いても笑っても、後4ヶ月です! 一分一秒を大切に




追伸 模擬テスト、どんどん受けてください。

秋休みです!



10月8,9,10日は、秋休みでお休みさせて頂きます。





さて、英数学院のホームページがリニューアルされました! もうご覧になったでしょうか?





ここ最近は、その作業でかなり忙しい日々を過ごしていました。





まだ訂正・改善箇所はありますが、今後とも宜しくお願い致します。

質問にお答えします! 川崎診断テスト




11月上旬に市内の中学校で一斉に行われるこのテストに関して、どう対処すべきかというご相談を受けます。





担当教科の先生が「内申に反映する」ということであれば、対策は必要でしょうが、





「川診の点数をとる勉強」で終わらせるのではなく、





間近に迫った後期中間テスト、その後に控える入試対策を兼ねた学習ということであれば、これを機に大いに学んで欲しいと願っています。





例えば、社会という教科だけとってみても、忘れてしまっていた地理・歴史の復習をする絶好の機会と捉えれば、






川診を飛ばして、大事な後期中間テスト(中3は毎年地理も歴史も範囲となります)を迎えるよりは、






有意義な学習期間を設けるきっかけとなるのではないでしょうか。






今の状況で「仮想入試得点」という観点は、古いと言わざるを得ません(川診が入試を想定し、それに近い傾向になることは容易に想像できますが)。






正直に申しますと、教科によっては、高校入試より簡単すぎたり、逆に難しすぎたりと、単純に「仮想得点」として計算するのは危険だと思います。






良い点数でも慢心せず、悪い得点でもそこから課題を見つけるといった作業を怠らないで欲しいと思います。






学校の先生は、各校の平均点が出されるので、意識して勉強するよう子どもたちに伝えるでしょう。






しっかり状況を見極めて、冷静に、次へつながるように、地道に学んでください。






ちなみに、以前「川診の点数が(受験する)高校へ伝わる」という噂がありましたが、噂の範疇ではないでしょうか。





神奈川県の高校は、学区制はとうの昔に撤廃されています。皆さんが受験する高校には、皆さんは後から気づくと思いますが、川崎市外の生徒もたくさん受験するのです。





英数学院では、「川崎診断テスト対策講習」を任意参加で行いますが、あくまで学力の底上げと後期中間テスト対策を兼ねて行います。





モチベーションをあげる良い機会と捉えてください。愉しんで臨めるよう、しっかり自信をつけてください。

質問にお答えします! 資格は受験に役に立つのか





神奈川県の公立高校の、来年度の入試においてということで、




もちろん、新制度での入試は初めてですので、「有利」という塾や教材会社もあれば、「あまり意味がない」という意見もあります。





これまでは高校によっては点数化されていた各種検定の扱いですが、「国際化」などの特異な科を除けば、





神奈川県の教育委員会の発表では、点数化はしないと明記されています(ただし、危惧するのは、生徒の皆さんにお配りした評定・学力検査・面接の「面接で、資格の実績を考慮するのではないかという」心配です)。





英数学院の生徒には公立志望の生徒が多いので、無理な受験は勧めません。資格にもよります。





英検ですが、年に3回しか開催していません。しかしながら、各種資格の中で最も伝統があり、将来就職の際にも大いに役に立ちます。次回は10月開催であり、スケジュール的に無理でなければ、受けてみても損はないと思います。





それは、〔簑蠅4択であること(マークシート。負担が少ない) ▲螢好縫鵐亜δ絞呼媛鬚侶盈になること 私立の併願高受験に際してはかなりの割合で考慮されること 等の理由です。





それと、約6割の正答で合格できるので、試験勉強もこれまで学習したことを中心に絞れば、勉強時間のロスも少なくて済むのではと思います。






懸案は2次試験です。日程的に、後期中間テスト前後であることです。1次試験の合格者は1年間の猶予期間がありますし、中間テストの勉強でそれどころでない場合は、直前でパスして、高校受験後に受けても、





資格を取ったという自信が一番重要だと思いますので、将来のことを考えても、悪くないと思います。






6割正答なら合格できるので、不謹慎ですが、習っていない4割は捨てて、既習事項をしっかり学ぶことができれば、学校の勉強にも役に立つと思います。あるいは、私立の一般受検においても。





志望校選択において、語学で勝負したいという生徒には、準2級を目指してもらいたいですが、これも先ほど申したとおり、計画的な学習を心がけて頂きたいです。





4割は捨てることができますから。





それと、昨年までの「ゆとり」時代と比べて、教科書内容の語彙数がかなり増えているので、以前ほどの負担はないと思います。





英検は、ゆとり時代も変わらず、問題の質を保ってきました。ですので、チャンスではあると思います。





資格は、将来履歴書に記入できますし、その実績は自己PRでもアピールできます。





よって、偏差値上位校を受ける生徒は、基本的に英検や漢検などのメジャーな資格は持っていると思ってください。





そして、私立の併願を受ける際の内申ですが、内申と面接だけで合格できる高校があり、子どもたちはそちらに流れがちですが、内申(評定)は各中学校の基準であり、格差はあるのです。





本当の実力を証明できるのは、資格等の第三者の評価であることを忘れないでください。





最後に、内申と面接だけで合否が決まることができる『併願』ですが、「合格できるのは当たり前」とは思わないでください。過去に、不合格になり、滑り止めなしで公立高校を受験した生徒がいます。





少子化で、私立各校も生徒を集めるのに躍起になっています。しかし、今度の公立入試は1回しかチャンスがありません。





不合格の場合、すでに合格している(私立)高校に入学しなければならないという文言も、教育委員会の発表で明記されています。





いわゆる滑り止めの高校も、実際に行ってみて、決めて欲しいです。時間が許す限り、なるべく多くです。





その際、英検などの資格があれば有利ということでしたら、10月は試験もなく、スケジュール的には余裕があるので、受検を検討してみてください。





10月に、英数学院で英検を実施しますが、9月15日が締め切りとなっております。





最終的に、高校生になったら、2級を目指して欲しいです。履歴書に記載できるのは、常識的に2級以上です。





そういうロングスパンで、ご家庭で相談なさってください。勿論、学校の学業が最優先です。




本日より授業再開です!

給水器


厳しい暑さが続きます。熱中症には充分気をつけて、こまめに水分補給をしてください。





今日から、通常授業が再開します。





夏休みも残りわずかです。





暑さもそうですが、自分に負けないことです。





目標は具体的に!





部活も、友情も、遊びも、そして学問も、すべて自分を磨くため





悔いのない夏休みを過ごせるよう、応援しています!!

プロフィール

Hiro

livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 夏期講習受付中です!
  • もうすぐ七夕ですね。
  • もうすぐ七夕ですね。
  • もうすぐ七夕ですね。
  • 自習室の鬼4
  • 自習室の鬼4
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ