Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から52年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」「MORIMORI」(ネイティブによる映像授業)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

よしの家



前にも書いたとおり、講師の仕事は遅いので、昼食も遅めです。





2:30を過ぎると、ほとんどのお店は閉まってしまいます。





そういう非常事態のときには、こちらで弁当を買います。




001




牛丼屋ではありません(笑)。バス通りにあります。





このお店を訪れると、時々同業者と会います。こういう時間に食事を求め彷徨うのは、塾講師しかいません





どうして時間帯だけで同業と推測しているかというと、領収書をもらっている場面を見たので、完全に同業者です(笑)。





二人分なのに、領収書をもらっているというのは、昼食代も会社もちなのでしょうか??





お勧めはハンバーグです










質問にお答えします! 中高一貫校




中高一貫校対策はしていますか?





していません。現状はする予定はございません。





川崎市内に平成26年度から、中高一貫校(公立)ができるそうですが(正確にいうと、既存の高校が中学を併設するそうです)、





受験(入学するための適性検査)の内容をすこし勉強したら、私立中受験以上に大変なことが判明しました。(-。−;)





それだけの価値がある学校にこれから成長されたら、再び検討したいと思いますが、





「楽譜を見て、演奏時間を答えなさい」や「音符に歌詞をつけなさい」のような勉強を指導できる人間もいないので(決してそこは音楽の学校ではありません)、






試験の内容が変わらない限り、やらないと思います。






目新しさや、高校受験を避けたいという安易な理由だけでしたら、お勧めできません。






また、いじめ等のお子様の成育環境を危惧されての場合でしたら、






公立の小・中学校もお住まいになっている地域にとらわれず選択できる状況ですので、さまざまなケースを想定されて、考慮なさることを希望します。






いくら難しくなるといっても、おそらく高校受験のほうが、10倍以上は楽です(笑)。教えるほうもですが、受ける立場にしてもです。


ご進学おめでとうございます(^○^)/

001

これは梅の花です。





進級する皆様も、新スタートをお祝いします




本日は





暴風雨のため、春期講習はお休みです(受講者には全員連絡差し上げました)。





私は、現在、会社でひとりぼっちで、雨風が止むのを待っています





厳しい寒さを耐えて咲いた花々も、この暴風で散ってしまうと思うと、





今年もう2度と開くことのない生命(いのち)を愛でる時間を作りたかったな…と





寂しさがこみ上げてきたり、です。

自習室の神 A

002

暗いのはフラッシュがたけなかったこともありますが、






この部屋(自習室)で勉強している子を邪魔したくなかったこともあります。





001




自習室の神はA〜Gくらいいます(笑)。彼はその中でも新米ですが、この時期(受験も終わり、春休み中)には珍しい光景なので、「自習室の神 A」に認定しました。






004003




最初で最後かも知れないからこれも撮っておこうとなり(笑)、






「でも、名前は写らないようにしよう」というと、「いいです」と消しゴムでわざわざ消して、きれいに清書してくれました。






しかし! 「自習室の神 A」の称号は、永遠のものではありません(笑)。BくんやCさんは、学校のある日も毎日のように来ています。





「継続は力なり」です






今日が何月何日かも、忘れないでくださいね(笑)。






注)自習室は、在塾生はいつでも使用できます(英数学院の営業時間内)。


分からない問題があれば、事務室にいる私どもに質問して頂いてもOKです。


Vクラス物語5




このシリーズは、そんなにネタはありません(笑)。今日もただのエピソードです。





実は、昨日、第5期生の子と再会したんです。コンビニで。





在塾生は大体名前と顔は分かるんですが、卒業してしまうと、子どもも成長して以前と変わってしまうし、





私が覚えていないことのほうが多いんです





「先生、僕のこと、覚えていますか?」





「…ちょっと待って。…○○君か!」





っていう感じです。あの、入試前日に手紙を送った子です(シリーズの3?)。





状況を聞いたら、明大を目指して、予備校に通っているそうです。






メディアなどでは、「明治は就職に強い」と言われているので、受験は少子化とはいえ大変だと思います。






しかし、彼の高校受験に比べれば…。一度、ああいう状況を乗り越えていると、やっぱり強いと思います。






やはり彼の代で、明大明治に一般で合格した子がいました。中3の夏の時点では、模試でも絶対無理的状況でしたが、






とにかく、明治に入りたいということなので、さすがにVクラスでは面倒を見きれないので、誘いませんでした(気弱)。






彼は、個人指導週6時限で合格しました。ストレートで明大に入れることを考えると、今振り返ると安いんですかね…。






私も英語の部分では、担当者と打ち合わせなどをして、少し協力させて頂きました。しかし、その年は本当に疲れました(笑)。






志望校に入れさせてあげるというのは、私どもの使命なので、全生命力と英知を注ぎ込む感じです。






とVクラスのことばかり書いていますが、Vクラスの授業も、小学生の授業も費やすパワーや時間は同じです。






小学生時代の下地がなければ、当然一般受験で明大明治には入れません。彼も小学生の時から通ってきてくれました。






だいたいVクラスは、一応進学コースですが、授業料は、他の科目と一緒です。






どんなに偏差値の高い学校に入学させても、理科や社会の授業料と同じです。分け隔てなく、どちらも手を抜くことはありません。






Vクラスに入って、自意識過剰になってしまい、伸び悩む子が過去に出たことも事実です。






それは可哀想なことなので、普段と変わらない姿勢で学んでくれる子に、「お願いだから、1日多く来てくれない」と頼みます(笑)。





共に、崖っぷちの状況で戦った思い出は残りますが、そんな感傷は、春の強風でひとっ飛びです(笑)。





明大、頑張れ(⌒ー⌒)ノ~~~。

春期講習真っ最中です

002

風が強い日でした。




もしかしたら、花粉症になりかけです





あまりにも疲れが溜まっていたので、針を打ってもらいに行きました。





少しだけ痛かったですが、身体が楽になるなら、全然気になりませんでした。

ロボット教室



風邪ひきました(-。−;)。





昨日、子母口教室で月に2回行われている「ロボット教室」に顔を出してきました。





以下はその様子の一端です



004
003










作り終えて、時間をもてあましていた子がいたので、○×ゲーム大会をして盛り上がりました。(^○^)/

(勉強を教えている時にはしませんよ)


007
005


部活の選択について



中学に進学する際の部活動について、父兄の方ともよく話題に上るので、あくまでさまざまな生徒を見てきた個人的な見解を書きたいと思います。





特に、西中に進学する方は、勉強と部活の両立を危惧されています。





西中のいくつかのクラブは、全国レベルであり、そういった部は練習もハードで、体力が保たないうちは「帰ってきたらすぐ寝てしまう」という生活になってしまう可能性大です。






西中は、日本で一番人口が多い中学で、理由の一つとして越境入学する子が多いことが挙げられます。






その生徒たちの多くは、「強い部活に入り活躍したい」という理由です。チーム競技の場合、レギュラーになるのはとても難しいです。






ここからは、私個人の経験です。






私は小学生時代、剣道を習っていました。ただ、中学に入ったら「サッカーをやりたい」と思っていたのです。普通の中学です。






しかし、当時もサッカー部は人気で、サッカーは自信があったのですが(笑)、多くの同級生が入部するのを見て、剣道部に変えました。「レギュラーになる為」という理由なら、人気のない臭い競技でも我慢しました(笑)。






結果的には大正解でした。当時も前期選抜などなかったので、当然部活の実績は高校入試に反映されませんでしたが、それでも試合に出て活躍できることで、毎日が充実したものになったのです。






部活動の後、週に2回は道場で練習(2部練)。週2回は塾。大事なテストの時期は、プラス個人指導を苦手科目克服に充てましたが、






毎日変わらず家庭学習できたかといえば疑問ですが、部活・道場との両立は可能でした。






学校生活は、つらい時もあります。いじめ等で通いたくないという日もありました。






しかし、そんなときは、いつも自分を励ましていました。






「自分は、この学校で剣道なら誰にも負けない」と。






事実、いじめっ子で私に剣道で敵う相手はいなく(勉強でもいなかったと記憶していますが)、






部活での活躍は、いじめっ子たちにも聞こえてきたようで、少しはリスペクトもされたかも知れません(笑)。







ある日、友達が私の家に遊びに来たとき、部屋に掲げていた練習メニューを見て、仰天していました。






とにかくいろんな素振りや練習のメニューが○回とずらーっと並んでいたのです。腕立てやスクワットや縄跳びもありました。






これが勉強メニューだったら、もっと成績は上がっていたのでしょうが(笑)。






さて、その後の高校進学ですが、何を勘違いしたのか、剣道が一番強い学校を選んだのです。






道場の先生も「入ってもレギュラーにはなれない」と冷たく念を押されましたが、逆に「見返してやる」となりました。





しかし、上には上がいるのです。県内も、全国も…。






一応、3年間継続しましたが、「いくら練習してもレギュラーになれない」という環境は、私自身を屈折させました。






逆に「勉強を頑張ろう」と、割り切ることもできませんでした。すべてが悪循環です。不良の道にも進みかけました(笑)。





レギュラーが見えない練習は、きついだけの地獄でした。しかし、周りの目もあり、辞めることはできませんでした。部活内で友達もできましたし、人間関係も崩れるからです。






その時の同級生は今でも仲が良いですが。






以前も述べましたが、川崎市の中学校は、部活の引退が秋までと特殊であり、一部の優秀な子たちは「県選抜」などに選ばれ、12月くらいまで拘束される場合もあります。






今までは前期選抜で拾われましたが、来年度の入試からは、「部活実績入学」はありません。






高校で本当に全国を相手に戦いたいなら、私立の強豪校にスポーツ推薦で入るのが一番です(もちろん、そこでも過酷なレギュラー争いが待っていますが)。





私の経験上、スポーツ推薦で入ってきた子は、勉強しません(笑)。私も、正直なところ、彼らに巻き込まれました(笑)。





レギュラーの人数が決まっている競技は、学校によってはAチーム・Bチームなどで、できるだけ多くの子が公式戦に参加できるのが理想だと思いますが…。






好きで始めたクラブも、嫌いになる可能性は充分に考えられます。






実際、試合などで身につけた「勝負強さ」などは、入試にも役に立ちました。






参考になる部分だけ、ご承知置きください。














勇気



「財産をなくしたら、また働けばよい。名誉を失ったら、挽回すればよい。しかし、勇気を失えば、生まれてきた価値がない」 ゲーテ
プロフィール

Hiro

livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • ドラゴンENGLISH 18
  • ドラゴンENGLISH 18
  • ドラゴンENGLISH 18
  • ドラゴンENGLISH 18
  • ドラゴンENGLISH 18
  • ドラゴンENGLISH 18
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ