Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

神奈川県新入試制度1<概要>



平成25年度から変わる、公立高校入試制度について、今回は概要だけお伝えします。





多くの方がご存じのように、これまでの前期・後期という2回の選抜方式が、一発試験になります。





これまでは、内申(中2後期と中3後期中間の仮内申)に重きを置いた形でしたが、新たな制度では、間違いなく「実力重視」になると思います。






「内申」の評価は、各地域・学校によってまちまちで、ある学校では「5」の生徒は、違う中学では「4」の実力であったり…。現在の内申は「授業態度」「提出物」など多くの要素を含んだ絶対評価なので、高校側はこれをあまりあてにしなくなります。




(もちろん、内申点が高いほうが、入試において有利なのは変わりませんが。)





これは、技能4教科が不得意な生徒には、追い風になるかもしれません。





新しい入試は、5教科各100点満点になり、いずれの科目も難度が高くなります。





その代わり、県内上位校で行われていた独自入試が廃止され、全公立高校を受ける生徒が同じ試験を受けます。





今まで50点満点で、いささか易しかったので、点差が付きづらいという難点が解消されます。






満点を目指す子もいれば、70点を目指す子も出てくる訳です。志望校と内申によって、です。






そして、これまで多くの高校で点数化されていた、部活動の実績などの特記事項がなくなります






これは、川崎市の地域性から鑑みて、子ども達に早急に変化を促すのは時間がかかりますが、川崎市は10、11月まで部活動を行っている全国でも特殊な地域です。






部活少年少女は、夏の全国大会への道が途絶えたら、切り替えないと、他の市町村の子には敵いません。

(私も部活に命をかけていたので気持ちは痛いほど分かりますが、県大会等に出場し川崎市外の友達に状況を聞けば、すぐに気づくはずです)






それほど、新たな入試問題は難しくなります。これまでの前期選抜のように、逃げることはできません。公立にあくまで入りたい生徒は。






内申と入試得点の割合は、各高校によってまちまちで、7月になるまで分かりません。






なお、面接も全生徒が受けることになります。こちらも評価の対象にはなりますが、この新制度にした意義を考えると、





内申と面接を重視する高校は、あまり多くないと推測されます。






新入試問題は、教科書だけを勉強しても高得点は難しいです。


(語弊があると思いますが、教科書の内容定着がまず重要であり、高得点を目指す上では、その上のプラスアルファが必要になってきます)




次回は、各教科ごとにどのような試験になるか、書いていきたいと思います!





なお、50点から100点満点になりますが、試験時間は50分のままです。これは、新しい入試問題を予想する上で役に立ちますが、どの教科にも「スピード」はやはり大切になってきます。





現在、中2の皆さんは、過去問はあまり役に立ちませんので、なるべく模擬テスト等を受けるべきです。

コンピューターチルドレン



英語のテストに、長文読解はつきものです。





長文は取っつきづらく、わからない単語が出てくると投げ出したくなる気持ちは理解できます(笑)。





ただし、長文読解は点数がたくさんとれるようになっています。配点が高く、我慢して読めば、答えの多くは文中にあることが分かります。実はラッキー問題であることが解ります。





もちろん試験は時間との戦いでもあるので、素直に熟読すると時間切れの可能性もあります。解き方や、長文の読み方の指導もしています。





それにもかかわらず、問題を読まないで解こうと、意固地になっている生徒がいます





選択肢も読みません。知らない単語が多くて「読めない」のではなく、読まないんです。





並べ替えや選択問題などはきちんと解きますが、長文だけ丸投げです。50点中10点をです。





今日も、あえて彼にあてて、間違えさせました。その解き方はいけないと暗に説いたつもりですが、反省の色はありません(クラス授業だったので、そういうやり方になりましたが、個人指導だったら違う方法を選べたと思います)。





呼び出して注意しても、ますます自己流を貫き通すでしょう(笑)。頑固です。痛い目に遭うしか、もう方法はないのです。





彼は現代っ子によくある環境で育っています。携帯電話をもち、自分で自由に使用できるパソコンも持っているらしく、夜遅くまでインターネットにふけっていました。






現在、情報が溢れ、答えが簡単に見つかる世の中です。googleで検索すれば(笑)。彼は、そういう時代の落とし子なのです。





試験間近なのに改めないのは、長文を捨ててもある程度の点数がとれる問題だからです。彼は英語は苦手な訳ではなく、学校の内申では4はとっています。






ゆとり教育及び現在の神奈川県公立高校入試問題は、残念ながら、そういう子が生まれ、それでも高得点がとれることを想定していません。






彼のような、いわゆる要領だけ良い子がたくさん大人になります。どんな社会になるか、想像がつきますか?






私は、基本的に、努力をしないで要領だけで取り組む子には、技術は伝えません。もちろん、彼らのことを思って、です。






情報の氾濫は、思春期の子に大切に育まれるべき「想像力」を失わせてしまうのです。他者の気持ちにすら、共感できなくなっていると気づくのは、大人になり、人間関係などの壁にぶつかった時でしょう。






新しい入試制度は、生まれて然るべきでした。コンピューターチルドレンの皆さんには申し訳ないですが、長文読解はなくならないでしょう(笑)。






楽をして得たものからは、本当の人生の歓喜は味わえないんです。






新しい学習指導要綱や入試は、今後ますます「面倒くさく」なります。





私が教育を語る資格があるかは分かりませんが、教育とはそういうものです。





この国の将来も、平和な世界も、誰もが幸せに暮らせる世の中になるのも、行き着くところは、すべて教育なのです。





今日も、そこに携わる人間として、改めて使命の重さを感じる1日でした。





インフルエンザに



「愛娘」がインフルエンザになってしまいました




003




うちの生徒も、かなり感染した子が増えています。





皆さん、体調管理に気をつけてください!

まだ励ましが足りない



面接で落とされる。





私は、学生時代、就職氷河期だったので、星の数くらい落とされましたが(笑)、星の数だけ落胆しました。





自分を否定されたと思ってしまうんです。自分はダメな人間なのではないか、と。





15歳の子どもたちには、本当につらいでしょう。





まだ俯いたままの生徒がいます。





どうか自分を卑下しないでください。





面接した相手が、君の素晴らしさを見抜けなかっただけです。





後期試験で見返してやりなさい!






前期選抜で、不合格にしたことを後悔させてやりなさい。





前期で合格した生徒が、後期で合格した生徒より上などと教えていませんよね?





君なら、この試練を乗り越えられる! これは、大成長のチャンスです。






努力は嘘をつかない





なんかのドラマで言っていましたよね。「神様は乗り越えられない試練を与えない」と。





限界は自分の心が決めるもの。





もし、君が誰よりも努力して、それでも報われなかったら、夜が明けるまで一緒に泣いてやる!





そのときは君よりも、たくさん泣くから!
 





いまを生きよう。

強い思いは才能を超える



この言葉は、私が尊敬する山口の講師Mr. Hondaの言葉です。





よく生徒から、「先生は、子どもの頃頭が良かったのか?」と尋ねられますが、否です。





嘘だと思われるかも知れませんが、本当です。





算数や数学の才能は、ほとんどありません(笑)。強いて言えば、「努力する才能」だけは少しあったかも知れません。





現在主に指導している英語も、実は大嫌いでした。中学に入った頃、小学生から英語を学んでいる生徒たちには全く敵わずというか、





毎回単語テストをするのですが、いつもクラスで最低点でした





私はふて腐れ、もしそのままの状態で中学時代を過ごしたら、どうなっていたことでしょう…。





ある日、先生にかなりきつい口調で、叱られたのです(当時は昭和時代です)。





私は、正直頭に来ました(笑)。クラス全員の前で罵倒されたので(繰り返しますが昭和時代)、見返してやろうと思ったのです。





その日から、教科書に載っている単語という単語はすべて練習しまくりました。





特に暗記力が優れていた訳でもありません。紙という紙に、一つの単語につき50〜100回は練習しました。これでもかというくらいに。





中学生は塾でも、学力の把握のため定期的にテストを行います。その日を目標に、影でこっそり勉強していたのです。





結果。私は英語のテストで満点。学年1位になりました。先生や同級生たちは、開いた口がふさがらないといった感じだったのをよく覚えています。






実に痛快でした(笑)。






「英語は努力次第で、こんなに力がつくんだ!」と初めて知ったのです。「努力が報われる」これはとても大切です。





単語が書けるだけでは、満点はとれませんが、かなりの高得点は望めます。文法事項に関しては、普段の授業を真摯に受けるだけで充分なのです。ここは、塾ですから。





それがきっかけとなり、大学でも英文学科に入りました。あのときの挫折と乗り越えた経験(たいしたことではありませんが)が、現在の指導に役に立っているのかも知れません。





普段、家庭で単語練習に集中できない子の気持ちも分かります。英語が嫌いになってしまった子の気持ちも理解できるかもしれません。


(現在、英語と日本語の違いを早期に理解してもらうために、小学国語のオリジナル教材の作成に力を注いでいます)





しかし、私の中学時代と現在の状況は大きく異なります。日本人の人口はどんどん減り、外国語の習得はこれからの社会を生きる上で、将来仕事をしていくために、多くの子ども達に不可欠です。






私ができるのは、激励です。勉強を教えるのは、講師と呼ばれる人なら誰にでもできます。





勉強は苦しいです。子ども達は「なぜ勉強しなければならないのか」という命題といつも向き合っています。





人それぞれ状況が異なるので、伝える言葉もさまざまです。手紙を書いたり、直に話したり…。





勉強は嫌いでいいと思います。好きなことばかりやって、生きている人って少ないですよね。理想ではありますが。





私も、苦手な事務作業や、経理関係など、仕事だからやらなければならないことをたくさんやっています。





でも、無駄なことは一つとしてないんです。






その時は分からなくても、そういう意識で取り組んでいくと、人間的に成長できると信じて、働いています。いや、生きています。





大げさではなく言いますが、私が教えている生徒の中に、当時の私より才能がない子は一人もいません。





私は、才能がない代わりに、強い思いで、努力を重ねました。部活動も積極的に取り組んでいました。川崎市では3位に入った程度ですが。





もし、それを「才能」とよぶなら、すべての子ども達に才能の扉は開かれています。






子どもの多くは親の言うことを素直に聞きませんから(笑)、私たちの使命は、とても重いです。





英数学院に来て頂いている以上、私は子どもたちを励まし続けます。すぐに忘れる子もいますが(笑)、何度でも激励します。





残りの壁は、子ども達の心に響くかどうかです。そして、実行に移せる「勇気」があるかどうかです。







講師=勉強を教える人。そうお考えの方々。もしそれが「自分の仕事」と自己の過去や知識にあぐらをかいている「講師」が跋扈しているとしたら、厳しい言い方ですが、私どもとは違う職種の人たちです。






 「強い思いは才能を超える」
 






もしかしたら、元々私には、子ども達を励ます才能さえなかったかもしれません。でも、強い思いだけで、今日までやってこれました。





技術やハートはもちろんですが、「どうやって励ませば、この子はやる気になってくれるか」…。まだまだ学ぶべきことはたくさんあります。



前期選抜合格速報

遅くなりました。公立高校前期選抜の合格者です。



001




現在、中1・中2も後期期末(学年末)テスト前です。

ここまでが限界でした。本日、英検の合格者発表もありまして…。すいません。




2月11日(土)、生徒の皆さんにお知らせをお配りした通り、中1・中2学年末テスト対策講習を行います。




参加は自由です。が、2年生は、今回のテストで高校入試の評価となる、後期内申が決まります!




多くの生徒の参加を待っています(o^∇^o)ノ。

Be patient! −火打ち石の童話−3




patient(ペイシェント) [形]忍耐強い [名]患者


意味は2つある。




Be patient! 忍耐強くあれ。





みんな、「火打ち石」を知っているかな?





昔、人間は、石と石をぶつけて、火をおこしていた。





バーンと。




burn (バーン)燃える、燃やす





しかし、1回や2回ぶつけただけでは、なかなか火はおこらない。





今日は火がburnする童話を紹介します。






「石からうまれたもの」
レオナルド・ダヴィンチ作




ある石が、火打ち石に叩かれた。




石はとても驚いて、怒った(got angry)。




が、火打ち石は、笑ってこう答えた。




がまん、がまん、がまんが大切。これが がまんできたら、わたしは、あなたの からだから、すばらしい ものを ひき出して あげますよ






石は気を取り直して、忍耐(patience)に徹した。





カチッ! カチッ!






すると自分の中から、素晴らしい火が飛び出した。






バーン(burn)と。






すべての力は、君たちの中に秘められている。






その火を打ち出すものは、自分を鍛えてくれる困難である。






Be patient!  Never give up!





絶対にできる。





Be a genius of effort, everyone.



Vクラス物語



昨日は、仕事の後、S先生と塾長と食事をしました。


(当然、私から誘うようなことはできません(笑))




受験生の皆さん、スイッチはそろそろ入りましたか?





S先生は、通称「あかねちゃん」といって、一応遠いような近いような親戚なのです!






話はだいぶ遡ります。この地域の中学生の多くは、多摩高校進学を目標としています(学区制も撤廃され、市外にもいい高校はたくさんあることは、いつも伝えていますが…)。






進学コースVクラスを開設したきっかけは、(もちろん、それまでも多摩高校へ進学した生徒は大勢いましたが)前期選抜で多摩高校へ入れさせてあげたいという理由もありました。






そこで、第1期のメンバーには英検を挑戦させました。






3級は取得して当然です。準2級を目指してもらったのです。






第1期のメンバーは皆、準2級に合格することができました。






しかし、前期選抜で多摩高校へ入ることは叶いませんでした(後期選抜で入学はできましたが、準2級は結局役に立ちませんでした)。






翌年、第2期のメンバーを募り、昨年の経験を生かし、彼らは早い段階で準2級を順調に取得できました。






しかし、「前期選抜で多摩高校に入らせてやりたい」という思いから、M君という生徒に目をつけたのです(笑)。






彼は、漢検2級、英検・数検準2級を早々に取得し、10月のスケジュールが空いていたのです。幸い、部活動も文化系で、放課後は他の子に比べれば時間がありました。






何より、素直で、吸収力が素晴らしく、彼なら不可能ではないと感じ、





「挑戦してみないか?」と英検2級チャレンジを促したのです。





当然、帰国子女でもありません。しかし、彼は受検に挑んでくれました!





しかし、高校卒業レベルの英語力をふだんのVクラスの授業で補うのはとうてい不可能。





そこで、あかねちゃんこと、S先生に個人指導で特訓をしてもらったのです。





勉強しているMr.Manabe





私も、最大限のフォローをしました。負担をかけてもいけません。しかし、彼は「多摩高校に入りたい」という強い気持ちと、努力で、なんと1次試験を合格してくれました!






問題は2次試験でした。英検は、1次と2次で合格しなければ、意味がありません。






私が面接官役となり、英語でさまざまな質問(社会的な問題となっている事象など)と受け答えを練習しました。






私が彼を見込んだのは、その純粋な目でした。面接といっても、相手は日本人です。M君は中学生でしたが、相手の心に響く何かを持っていたのです。





そして、遂に英検2級取得という偉業を成し遂げたのです!





資格は完璧。内申も多摩高受験レベルに達していました。先に述べた通り、面接は誰が相手だろうとおそらく人の心に響く人間性をもっています。部活も部長をしていました。





しかしながら、前期選抜での多摩高校合格はなりませんでした…(後期で合格しましたが)。





彼から不合格を知らされたとき、にわかに信じられませんでした。と同時に、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。





その時から、「果たして前期選抜で合格することに拘ることは意味があるのだろうか」と自問自答し、Vクラスの在り方を見つめ直すきっかけになったのです。






Mくんが成し遂げたことはもちろん快挙ですが、S先生も伝説の講師です(笑)。






私も当時は若かったので、今再び同じ事はできないかもしれません。






しかし、前期・後期選抜制度に対しては、そのとき懐疑的な気持ちになったことは確かです。







さて、平成24年2月1日。第7期Vクラス生のMさんが、前期選抜で多摩高校に合格しました!






おめでとう!






もし、前期で不合格だったら、別の高校を受験すると言っていたので(多摩高校は独自入試なので)、そういう意味では本当に良かったです。






第1期や第2期のメンバーたちと同じことはしていません。授業内容も、負担になるような難しいことはなるべく指導しないよう心がけました。






彼女も、生徒会活動をしたり、資格取得にもどん欲でしたが、それは決して意中の高校に進学するためにやったのではなく、自身の向上のための、おそらく自発的な行動だったのでしょう。






その謙虚な姿が、高校側の心を動かしたのかもしれないし、塾以外での家庭学習など地道な努力の成果が実った結果かもしれません。






私の学生時代とは異なり、学歴社会はすでに崩壊しています。一流とよばれる大学に入っても、(不況の影響もあり)希望するところで就職できない人もいます。






学ぶこととは、あくまでも人間学を身につける一つの手段に過ぎないと改めて感じ、新たな入試制度に挑む第8期生たちには、また違ったアプローチで指導していこうと思っています。






何も知らずにS先生に教わっている皆さん、彼女はすごいんですよ





と、プレッシャーをかけてみたりして(笑)。




インフルエンザが猛威をふるっています



かなり流行っているようです。





うちの塾ですが、受験生には、副作用のない場合は必ず予防接種を受けるよう指導していましたので、






中学3年生は、今のところ被害がありません。






嫌な予感が実はしていましたので、昨年中に全教室に加湿器を設けました。





001






その効果もあってか、現在報告を受けている段階では、全生徒(約200人)中約5人くらいです。





おそらく、生徒が200人もいるのか?!っていう方に驚かれるかもしれません。





このような状況で、まだ5人程しか罹っていないという方が、奇跡的ですよ(笑)。





「新型インフルエンザ」の記憶がいまだに忘れられず、とにかく細心の注意を払っています。





油断大敵です。皆さん、うがいや手洗いを欠かさないでください。





私も、今からうがいをします…。


英語科研修会



昨日は、主に英語を担当する講師の方々を中心に、研修会を行いました。





例年の教科書改訂では、学年ごとに変わっていくのですが、今回は全学年が一斉に変わるので、指導上の注意点を話しました。





後は、新しい入試システムの話や塾のカリキュラム、その他の教科についてなど、時期が時期なので、1時間で話しました。
 




英語に関して言うと、文法は特に変わっていません。単語が約300増えるくらいです。





ただ、新しい高校入試では難度の高い英作文が出題されるので、英作文の練習を、初めは7語以上で、次は10語以上で、というふうに、工夫しながら、練習しなければなりません。






新入試では、20語以上の文を書けなければなりません。まずは基本練習ですね





あまりにも疲れが溜まっていたので、夜は久しぶりに外食しました。





004







私は、芋焼酎専門ですが(-。-;)、幸運なことに、探し求めていた幻のお酒と出会いました。





005






「赤兎馬」といって、普通は赤なのですが、紫は期間限定で、あまり出回っていません。





といっても、味音痴なのですが(笑)。赤より少し辛い感じでした





今度来るのは、3年生が志望校に合格できたときでしょうか。

プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 後期中間テストが近づく
  • OKK私学相談会
  • 研修会
  • 塾の日シンポジウム
  • 英検開催!
  • 英検開催!
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ