Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

来週は中学生の検査です



塾は、医療機関と少し似ています(病院、整体・接骨院…etc)。




どんな症状でお悩みですか?





お腹が痛くて、薬を飲んでも治りません。





いつ頃からですか? 食欲はありますか? と問診をさせて頂き、





原因がはっきりと分からない場合は「検査をしましょう」と勧め、それによって症状が分かれば、適切な治療を施せます。





症状は人それぞれです。重い症状の場合は時間がかかりますし…。





塾で行う「検査」はテストの異名です。





高得点を狙う生徒もいますが(笑)、学校で成果を発揮できればいい訳で、こちらとしては、現状何が理解できていないか、またすでに治癒していたと思っていた症状が再発していることを発見できる機会にもなります。





小学生は毎月行っていることは以前にも書きましたが、中学生は普段は簡単な小テスト(血液検査のような短時間で行えるもの)、身体全体を診るような大きな検査は年に数回行います。





しかしながら、点数が表示されるので、成果が出て歓喜する子もいれば、落胆する子もいるでしょう。





もちろん、発奮材料にできる子もいます。学校のテストでは同じ過ちをおかさないよう気をつけよう、と。逆に有頂天になってしまう子もいるかもしれません(稀ですが)。





今日まで、そのテストを作成する作業をしていました。





テストには、いろいろなメッセージを込めています。しかしながら、私の作る英語のテストは、まじめに努力している子が点数がたくさんとれるようにできています。





来週行われる試験も、いささか易しいです。ちょっと簡単すぎかな?と印刷してから後悔することはしばしばあります。





なので、高得点でも有頂天にならないでください(笑)。





司法試験に合格した方は、検事か裁判官か弁護士の道を選ばれると思いますが、私はある時期から「弁護士」の気持ちで子どもに相対しようと決めました。

(ある検事から、もっと難しくしろと脅迫されていますが(笑)、時期が時季ですので今回はスタンスを変えません)





裁判官になる時もたまにあります(笑)。





これは指導経験から導かれた結論ですが、英語は、一旦嫌いになってしまうと、元の状態に戻すのにとても時間がかかるのです。





一度のテストの結果によって、生涯憎みつづけるという悲劇も生まれかねません(笑)。





ところが、時代の潮流として、英語は多くの日本人にとって必須になってきました。





卒業生のその後を聞くと、英語が嫌いだった子ほど、社会に出る際に再び英語と向き合わなければならない…という宿命のような話をよく耳にします。





そう遠くない将来、英語は第二公用語になるでしょう。今の子ども達が健康で生きている間には必ず…。





新聞やニュースに触れていれば、ご承知の通り、そういう動きが各所で起きています。





「なぜ英語に真面目に取り組まないのか?」と、過去に子どもに尋ねたことがあります。





帰ってくる言葉は大体、このようなものです。





「日本人だから(英語を使う必要がない)」 だから「役に立たないから」。





本音は分かっていますが(笑)。





指導している当事者が切々と説いても、多くの場合耳に入りません(笑)。こう断言する子の多くは頑なです。





実際当たっていなくもないですし。日本語だけで生きていくことは可能です。





説教は嫌いなので、打つ手をこの辺で止めます(笑)。





注意事項は、同時に出る5段階評価が、昔行われていた「相対評価」ということです。知らない方は、googleで調べてください(笑)。





私が作ったテストの場合だと、80点をとっても、「3」や「2」になる可能性は充分にあります。あまりそこに一喜一憂してほしくありませんが、





あまりにも得点に見合わない場合には、全体のレベルが高いと考えてください(逆の場合では60点でも「4」になります)。





個人指導生の方は、希望者及び、担当講師の推薦する方のみ受けて頂きます。

春期講習の受付開始!



3月29日〜4月4日の期間、春期特別講習を行います。





脱「ゆとり」がテーマの一つです。





なぜここまで大きなフォントで強調しているかというと(笑)、4月に教科書が届いてからその内容に驚き気づくようでは、一歩遅れをとることを懸念したからです。





といっても、現在の「ゆとり」でもまだ理解が難しい「課題」を、学校が休みで授業が止まっているこの時期に解消する場合は、大きなチャンスと捉えて頂ければと思います。





私個人の思いとしては、来て頂いた以上は、それに見合った成果を、つまり来ていない生徒が後悔するような授業をしたいです。





詳細は英数学院のHPでご確認ください。生徒の皆さんにはお知らせを配布しております。






春休みを部活と遊びで費やすか、有意義に過ごすかは自由です。






旅行に行く予定を立てている方もいるでしょう。是非、現地の空気やここには流れていない風を感じ、自分の中に吸収してきてください。






部活や芸術活動に専念する方は、この期間でしかできない課題克服に取り組んでください(春期講習は夕方から夜なので、両立も可能ですが)。





英数学院の講習は、在籍する生徒全員が受講しなければいけないという規則がありません。






部活で、遠征や合宿等で明らかに参加できない方からまで、費用は頂けません。


(もしかして、参加できなくても仕方なく費用を払わされている塾に通っている方がいらっしゃるのでしょうか?…)





強制にすれば、確かに全員の学力が上がり、こちらとしては嬉しいですが(笑)、各ご家庭の経済的事情もありますから、そういうことはしていません。





ただし自由には責任が伴います。





その部分は、生徒各々に判断して頂きます。テストの結果や通信簿をもらって、分かる課題もあるでしょう。
  




冒頭に大きく述べた通り、昨年までの春休みとは意味が異なることだけはご承知置きください




追伸

*参加者には何か特典を与えたいと考えているのですが…。上と相談してみます。おそらく、参加者の人数次第で変わってくると思いますけど(笑)。

「来て良かった」と思える工夫はしたいと思います。

小学生の学習がなぜ大事か



かつて、「何年生になったら、塾に通わせたらいいだろう?」とお友達に尋ねられたら、





「小6の後半でいいんじゃない」と気軽に答えていました。昔の話です。





現在、同じ質問をされたら、「早いに越したことはない」と答えるでしょう。





「学校がうるさい」「(小学生は昨年から脱「ゆとり」で)勉強が分からない」といった声を多く聞きます。





中学の途中から塾に入ってくる子もいます。しっかりと授業を受けている子は別として、勉強が分からないと訴えて入ってくる子に、





「どこが分からないの?」





まずは、通分と約分の簡単な問題を解かせてみると、できなかったりするんです。成績は「3」だそうです(5段階です)。





数学は算数の延長なので、残念ながら算数を飛ばして数学を教えても理解できないのです。





当然のことながら、多くの時間数が必要となってきます。クラス授業に入ってもついてくるのは難しいので、個別対応になってしまいます。





学校の内申が「絶対評価」になって久しいですが、多くの子は「4」です。





「相対評価」の頃は、テストで90点以上とっても「4」になることもあったので、そういう部分は評価すべき点ですが、





絶対評価は、教師の裁量に依る部分が大きく、あまり理解できていなくても、学習態度が良ければあまい成績をつけてしまいがちになることは否めません。




(まじめな子が評価されることは、賛成ですが)




逆に言うと、テストが良くても授業態度が悪いと、成績も下がったりします。





さて、塾の役割も変わってきていて、かつては学校とはライバルのような存在でしたが(笑)、現在は学校の勉強内容を補完するかのように、教師の方から塾を勧められるケースも増えています。





もちろん、高い意識で、さらに学習内容の定着・応用を期待して、塾に来てくださる子がいるのも厳然たる事実です。





そして、ここにきて、脱「ゆとり」。さんざん書いてきたように、これまでの学校での授業時間では消化しきれないという状況が生まれてきています。





しかも、小学生から「英語」も導入されました。





学校で勉強するのと、塾で学ぶ状況は、大きく異なります。基本、愉しくという部分がないと続きませんが、ライバルもいますし、間近に中学生の状況に触れたり、





今の時期ですと、高校進学実績が掲示板に張られていたり…。気づかないうちに高い意識を身につけているのです。




なんか営業トークのようですが(笑)、「勉強が分からない」と子どもが訴えたときには、想定している以上にかなり厳しい状況になっていると考えて頂ければと思います。



黒板 001

算数の神



生徒を写すときは、前もって許可を頂くのですが、





多くの場合、





「肖像権の侵害だ!」「訴える!」と言われます(小学生から…)。





そんな中、「僕大丈夫だよ。お母さんも塾の様子が分かって喜ぶし」と言ってくれた生徒がいました。




004



彼は、クラスメートから「算数の神」と呼ばれています。





羨ましいですね。「神」などと呼ばれたこともない人間からしてみると(笑)。





多くの生徒は、得意科目と不得意科目があります。





私の指導経験なのですが、ある中学生の数学を個別でみていました。





普段英語を教えているときと明らかに違う様子に驚き、聞いてみました。





「得意科目は?」





「英語です」





「5?」





「4です」





私は、まずは英語を誰にも負けない教科「5」にするよう伝えました。そして、英語をさらに努力させました。





そうすれば、他の科目は自然と伸びてくるから、と。





その子はその通り実践し、大きく学力がつきました。もちろん数学もできるようになりました。





「4でいい」と思うか。「必ず5にする」と決意するか。大きな差となって表れます。





もちろん、現状が「3」でも「5」を目指して決意して勉強してみればいいと思います。





学問は、高い確率で努力が報われます。因果応報です。





社会に出れば、いくら努力しても報われないことがたくさんあります。そんなことを話しても、子どもには通じませんが…。





*「神」と呼ばれていなくても、ご希望があれば喜んでご紹介しますので

Vクラス物語4



今年もVクラス生が卒業しました。





おかげさまで、全員第一志望校へ合格を果たしました。






Vクラス生で、これまでに受験に失敗した生徒は皆無です。自慢ではなく、他の生徒よりも多くの時間勉強してもらっているのですから、こちらとしてもプライドがあります(笑)。






皆、安全圏の学校ばかり受験してくれる訳ではないので、冷や汗ですが、こちらもその分やりがいがあります。






現在は第8期生を指導しています。






前期・後期選抜制度の最中に創られたクラスなので、今年は指導方針も根幹から変えないといけません。






とはいえ、「課題図書」はこれまで通りです。






今月は、長年読み継がれているこちらの本を紹介しました。




時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)
時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫)
クチコミを見る




生徒に読んでもらう本は、必ず目を通します。検閲です(笑)。






この本も、実は映画しか観たことがなかったので、急いで読みました(-。-;)。短いですし、面白くて、何度も映画化される理由もわかりました。






去年もいましたが、今年も読書通がいて、毎回「課題図書」には悩まされます(笑)。






「時かけ」は、案の定、すでに読んでいたそうです(-。−;)。(そういう場合は、別の本を貸します。たまにその本さえも読まれていたりします)






読書習慣がついたら、徐々に大人向けの本も紹介していきたいと思っています。





といっても、文庫一冊で中学生に薦められる本を探すのは、かなり労作業です…。





しかし、おかげで国語は全員得意科目になっているので、1年継続すれば、本当に力がつきます

神奈川県新入試制度5 <社会>



今年の入試でも実感しましたが、社会で点数を計算できないと、合否も覚束ないです。





地理はすでに各学校で移行処置が行われているようです。





歴史は、現在配布されている教科書はそのまま使用ということなので、入試に範囲が直接反映されるのは、新1年生からではないかというのが推測です。





歴史が大幅にボリュームが膨らんだので(中3は歴史、近代史から始まります)、公民がどこまで範囲が広がるかはまだ勉強不足です





いずれにしても、教科書が手に入らないとコメントできません





歴史の教科書には顕著ですが、出版社によって、思想(史観)がかなり異なります。当然、教える人間にもよります。





歴史も昔と同じかというと、新資料の発見や時代による再評価によって、刻々と変化しています。






昔は政治史が中心でしたが、今は庶民の暮らしにもスポットが当てられています。






世界史も確実に増えます。私が今教えている教科書には、名誉革命やナポレオンも出てきません。「ゆとり教育」の産物です。♪(´ε` )






これまでは、歴史・地理・公民とはっきりと区分けされてきましたが、この3つは密接につながっており、入試でもこれらが織り交ぜられた問題が出てくるのではと思います。






3年生には、日々新聞やニュースに触れて、現在の社会問題についてどう感じているか、関心をもってほしいです。





過去に人間が犯した過ちや、現在の豊かな暮らしがどれだけの犠牲の上に成り立ってきたか。それを学ばずして、明るい未来もありません。





指導する現場として心配なのは、時間数が足りるか…と。

新年度スタート



本日から、新年度の授業が始まりました





昨日まで、その準備に追われていました





無事、混乱なく1日を終えることができ、ほっとしています






003





とはいえ、中学生はまだ前学年の内容をやっているので、無料体験学習大歓迎です!!(o^∇^o)ノ





進学報告会2012

012


皆さん、高校進学おめでとうございます(o^∇^o)ノ。






サプライズプレゼントで、新堀ギター音楽院の先生にギターの演奏をお願いして頂きました。





002




これは裏事情ですが、当日数時間前から、大丈夫、無理かも知れないと状況がコロコロ変わり(笑)、生徒を教室に集めてからも、時間通り来て頂けることを祈っていました。






無理をお願いして、演奏していただき、ありがとうございました。
(30分もいられないという状況の中、塾長は名刺交換をしていました





015





高校へ行っても頑張ってください!

進学報告会のお知らせ



2月27日(月)夜7:30〜進学報告会が行われます。





記念品を用意しています。また、サプライズもあります





すでに退会されている皆さんも、是非参加して頂けると幸いです。




これまで英数学院で学んできてくれたことに、感謝します。(o^∇^o)ノ

入試合格速報

001


まだ全員の結果を把握できていません。現在分かっている段階です。





残念ながら第一志望校を不合格になった生徒もいます。私の知る限り、1名。





現在は大勢の合格者より、その子のことで正直参っています





私は指導していないのですが、正直気にかけていました。前回も書きましたが、自分に自信のないタイプの子だったからです。周りの受験生が皆、自分より頭がよさそうという幻想を抱きそうなまじめな子です。





一週間くらい前から塾に来なくなりました。自分で勉強する為だと思いますが、それもあって





呼び出して指導することはできませんでした。前日に呼んでも、来なかったでしょう…。





入試で一人も落ちないということはなかなかありません。併願をしていたので入る高校はあるのですが、その学校が英検を取得している子が入るような学校ではないことが、とても悔やんでいます。





志望校の選択は本人の強い意志であり、こちらから変更を促してもなかなか変わりません。





一方、いわゆる「滑り止め」は、学校の先生が強大な権限を持っています(特にその子の学校は)。





過去にも「第一志望が不合格の場合、本当にその高校に入ることになってもいいのか?」と子どもにも保護者にも翻意を促したこともありましたが、





「学校の先生に言われたから」と、多くの場合変更がききません。教師にも、考えがあるのでしょうが。





そして、滑り止めの学校は、見学にも行かないで、安易に決めてしまう傾向もあります。時期的にも仕方ない面もありますが…。





早く気持ちを切り替えてくれたら嬉しいのですが…。





無理でしょう。私も無理です。





今度会ったら、なんて言葉をかければいいか、今夜はそればかり考えながら過ごします。





痛飲…。
プロフィール

Hiro

livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 英数学院の個別指導
  • 修学旅行のお土産をいただきました。
  • 小3算数を制する者は数学を制す →小3から高校受験に矢印→
  • 小3算数を制する者は数学を制す →小3から高校受験に矢印→
  • テストで高得点をとる方法
  • 覚えた内容をすぐ忘れてしまう場合の対処(勉強)法
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ