Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

1か月



この一ヶ月間は、かなり仕事量の多い期間だったと思います。中1・中2の後期期末テストが、例年と異なり入試前にあったこともあり…。





さて、おかげさまで、このブログを一か月毎日更新するという目標を達成できました。(^−^)





英数学院の取り組みを知って頂こうと、私個人の活動を中心に書き綴ってまいりました。





ご覧になってくださる方がいてこそ、書けるものですね。時には拙い記事もありましたが





私は「忙しい」という言葉はあまり使いません。実際、時間がない場合もありますが、「情熱」がそれを凌駕します。





この一カ月、仕事ばかりしていたかというと、本も数冊読みましたし、映画も数本観ました。新聞も毎日読んでいますし、雑誌も読んでいます。





運動はあまりしていませんが(笑)、腹筋やストレッチは毎日していますよ





TVも観たいと思うものは見ています。録画して、かなり溜まっていますが(笑)、エネルギーを与えてくれたり、癒されたり、学ぶことも多いです。





友達とも友好を深めることを忘れないように、気をつけています。





睡眠時間もしっかりとっています。体が壊れないのは、そのおかげかも知れません。





仕事をして家に帰ってきて、また仕事して…という生活パターンを送るのもありですが、





常に成長したいという思いが強く、前にも書きましたが、子供たちを指導している以上、自分自身も日々成長しなければいけない、という強迫めいた観念があるのかもしれません。





基本的に、私は器用な人間ではありません。だから、努力を怠ると、子どもに見抜かれます。だから、どの授業でも予習は必ずします。






人それぞれキャパシティーが違いますので、「自分はこれだけできるから」と他人に強要するのはもっての外ですが、





こころを壊さずに、それをどれだけ広げられるか、というのが日々の挑戦です。難しくいうと「境涯革命」です。





こういう仕事をしているからこそ、できることなのかも知れません





もっと、もっと成長したいです




(今日こそ、本当にとりとめのない記事です





全員が志望校に合格していますように

ピンクシャツデー



いじめ防止を呼びかける目的の「ピンクシャツ・デー」が今年も2月29日(水)に実施され、賛同した学校、職場などの各団体は当日、ピンクの服を着て登校、通勤します





ピンクシャツ・デーは2007年にノバ・スコシアの高校生2人が始めた運動。ピンクのポロシャツを着ていたため、いじめの対象となった男子生徒の話がきっかけで、一斉にピンクのシャツを着ていじめ反対運動を起こそうと始まりました。





運動はカナダ全土、アメリカ、イギリスなどに広がり昨年は16万人以上がフェイスブックで参加を表明。ブリティッシュ・コロンビア州では2008年にキャンベル州知事が参加を発表、バンクーバーエリアでも多くの学校が参加する恒例行事となっています。






日本でも、この運動を広めようと、作家の中園直樹氏が中心となって、さまざまな呼びかけが行われています。



psd



私も、当日ピンクのシャツを着用する予定です。(o^∇^o)ノ





ピンクシャツ・デーは、「いじめ問題は学校だけでなく、職場、インターネット上にも存在する」とし、学校以外にも職場単位での参加も広く呼びかけています。






無理のない(逆にいじめの対象になる場合もあります)参加を、この場で私からも呼びかけたいと思います。






中園くん(急にため口ですが)は今日が誕生日です(学生時代からの友達で、分野こそ違いますが、いつも彼は僕を刺激させる存在です)。





英数学院の生徒に直接勧めることはしませんが、(中心者の努力を垣間見ている私にとっては)当日ピンクのシャツを着ている方を目にしましたら、おそらく少し涙目になります…。





オルゴール
オルゴール
クチコミを見る


神奈川県新入試制度4 <理科>



個人的に、一番難しい教科は理科だと思います。






2,3年前から、移行処置によって、生徒の皆さんはすでに「脱ゆとり」していますが、






学校の理科を教えている先生から聞きましたが、現在の時間数ではとてもじゃないが足りないそうです。






科学の進歩は著しく進んでいるので、私が学んでいた時代の「理科」とは別物ですね。






今年度からは、さらに、以下の内容が追加されます。






「熱の伝わり方」、「放射線の性質」、「プラスチックを区別する」






日本は、資源の少ない技術立国ですから、理科の幅広い学習は、時代の要請です。







また、昨年の未曾有の災害によって、知識の重要性は増し、日本中の意識ある子ども達が皆熱心に学んでいる状況です。






理科といっても、さまざまな分野がありますが、高齢化社会で需要が増すとみられる医療・福祉関係では、「生物」分野の学習は必須です。







これまで書いてきたことをまとめるとするならば、もう「文系」「理系」と分ける時代ではないのです。






特に理系教科においては、「才能」が重要と思われるかもしれませんが、数学はできても理科ができない子は多いです(笑)。






才能とは、実は「好きになること」のような気がします。それは出会いだったり、褒められた経験だったり、達成感を味わったり…。






好きになると、努力を惜しみませんから。今の子は、文系から理系にころっと変わる子、結構います。






昔のいわゆる「理系」は、得意の才能を武器に勝負し、自分の不得意分野(文系)に関しては我関せずという方が多かったと思いますが、






今、社会は、もっと柔軟な人材を求めているのではないでしょうか。






理系なのに、コミュニケーションができて、文章が上手な人がいたら…、こういう人、組織に欲しいと思いませんか?






個人的に「将来、絶対役に立たない教科」と思ってきた理科ですが、今はもっと勉強しておけばよかったと後悔しきりです。





尤も、私が教わった頃の理科の知識では、現代に太刀打ちするのは不可能ですが…。


Cavatina



受験生の皆さん、お疲れ様!






本日の朝刊に入っていた入試問題をみました。大体過去問の傾向通りの試験だったようですね。





(来年の受験生の皆さん、申し訳ありませんが、あまり参考になりません。気をつけてください





疲れた心を癒しませんか?







映画「ディアハンター」のメインテーマです。






ベトナム戦争に翻弄される青年たちを描いた作品です。正直、長いですし、中学生には難しい内容です。






クラシックギターの名曲です。いろいろな方が弾いていて、日本では、村治佳織さんが奏者として有名ですが、いかんせん気が短いのか、彼女の演奏は速いので(笑)、

(実際、生でこの曲を聴いたこともあります)





音質もよいこちらの演奏をアップしました。





夜遅くまで遊んで、ご家族を心配させたり、補導されないように(笑)、発表の日までは、文化的な生活で毎日を過ごしてくださいね

唯一人のためのコンサート



昨夜あまり眠れませんでした。





ある生徒のことが気になっていたからです。






彼女は、陸上100mを「11秒台」で走る少女です。関東大会では上位入賞し、なおかつ英検・漢検も取得。





今年で最後となる前期選抜試験で合格するには十分な実績がありました。





内申が少し足りないことを除けば…。





部活動が盛んな某高校に不合格になったと知ったとき、自分の見通しの甘さに苦虫をかみました。





彼女は再び塾で勉強を始めました。そして迎えた私立高校の試験(併願? 滑り止め?)。






プレッシャーからか、試験途中で退席。子どもの数が少ない現在では珍しい、不合格という結果になってしまったのです。





公立入試前日の今日、彼女は最後の授業がありました。





私は彼女を教えたことがありません。私が直接指導していない生徒は英数学院にはたくさんいますが、名前と顔はほぼ把握しています。資格取得状況や、先に述べた部活動等の実績も。





さすがに性格までは分からないケースは多々ありますが、彼女の場合、お母様から状況を伺って、






このまま入試を迎えたら…と危惧しました。志望校に必要な内申が足りていないことも気がかりでした。彼女は人任せにはできないと考えたのです。






授業は夜からでしたが、学校が終わったらすぐ授業を始めて(個人指導)、早めに帰宅させてあげようと、学院長と相談し、保護者の方にもその旨を伝えました。






さまざまな要素を鑑みて、彼女には、数学の対策が必要と感じ、塾長に直接指導をお願いして頂きました。






現在の数学のテストは、ポイントをしっかり指導すれば、どんなに苦手でも20点はとれます(50点満点)。国語や英語より短時間で、得点の取り方を教えられます。






そして、もう一つ必要と感じたのは、メンタル対策でした。






彼女に会った講師からは「落ち込んでいる様子はなかった」と聞きましたが、自信をなくしているのは確かです。






そこで、荒療治を考えました。






音楽を聴かせようと。






それも、生で…。






思いついたら即行動に移りました。懇意にしている新堀ギター教室の先生に頼み、彼女のために演奏してほしいと頼みました。






実は、私はかつてそちらでギターを習っていたので、彼女の意思を確認しないまま、とりあえずご挨拶に行きました。




001



ギター教室の先生方も少し心配していました。英数学院と教室は目と鼻の先ですが、試験の前日に知らない場所に来て音楽を聴いても大丈夫だろうか、と。





私が演奏したらどうか? その方がいいのではとさえ、言われました(笑)。






それができないから、頼んでいるのです! 私には、残念ながらギターの才能はなく(手先が不器用)、というか音符アレルギーなのです(笑)。






が、私は一旦、自分の考えに疑問を抱きました。これはただ、私の自己満足なのではないか?、と。






彼女に無理強いはさせないことにしました。「もし、彼女が来たくないと言ったら申し訳ありませんが…」と教室の先生にお伝えし、後は塾長に任せました。私は彼女とあまり面識がないので、根回しだけすることに決めました。






どういう流れでそうなったのかは知りませんが、彼女は勉強が一段落すると、新堀ギターに一緒に行ってくれました。元生徒の私が案内して。






実は、ギター教室の先生方のスケジュールも空いていないと聞いていたのですが、奇跡的に、「生徒がインフルエンザで休みだから」と時間をとって頂きました。






もし、その言葉が狂言だったら、私は涙を流したに違いありません…。






クラシックギターの音色ほど、人の心を打つ音はありません。私はそれを経験し、誰かに聴かせたいと願って習い、今日彼女を連れてきたのです。私自身は挫折しました(笑)。






驚いたのは、彼女が音楽に詳しかったことです! 体育会の女の子だとばかり思っていましたが、過去にピアノを習っていたとのこと。ギターの先生と彼女の間で、音楽の専門用語がどんどん飛び交い、私の視線は宙を泳ぎました…





「『○○』っていう曲が好きなんですが、ギターで演奏できるんですか?」





そのとき、私は知ったのです。彼女の部活実績なら、私立の強豪校から引く手あまたです。特待生で迎え入れたい高校だってあるはずです。それなのに、彼女は公立にこだわっている。






陸上では好成績を収めながらも、高校では陸上ではない、新しいことに挑戦したいのだと知ったのです。勉強しているのも、新しい道を歩みたいと願っているからなのでは。






自分の浅はかな見方を反省しました。人とは、なんて深く、そして、多面的であるのか。彼女は、もう大人の階段を上り始めているのです。私はまたしても、勉強させてもらったのです。






演奏後、彼女は「いい気分転換になりました」と喜んでくれました。






しかし、それは私の台詞でした。今日までの超過密スケジュール。私はイライラし、これまで心ががさついていたことに気づいたのです。






帰ってきてから、暫し、放心状態になりました。このブログの記事名は、真実ではありません。







生のギターがここまで心に染みるとは。分かってはいましたが…。ギター教室まで足を運んでもらったのは、先生方を煩わせない為でもありますが、そこがクラシックギターの音響に配慮された空間だと知っていたからです。






たとえ、私が拙いギターを塾で演奏しても、ここまで心に響きません。






夜、ギターを貸していた妹に「もう使っていないなら、返してほしい」とメールしました。案の定、お飾りとなっていたようです(笑)。





ああ、また1年が過ぎていく。高校入試を迎えると毎年そんな気持ちになりますが、いかんせん3月から、新年度の授業が始まり、今年からの新しい教科書(脱ゆとり)に備えた準備で、そんな感傷は吹っ飛びます。






今日、なぜ自分がこのような、勉強を教える仕事と逸脱した行為をしたのか。それは、「本能」としか言えません。悔いを残したくない。この塾で学んでくれた以上、幸せにしたい。






一か八かの賭であったことは確かです。全員の生徒に同じことは、とてもではありませんが、できません






多くの方にご協力を頂きました。この場を借りて、感謝します。






来年は、自分が…と書こうとしましたが、やはり才能がありません(笑)。しかし、この世に音楽があって良かったと思ったのは、真実です。





今日は、ぐっすり眠れるかもしれません。

高校入試前夜




この時期は、予想問題等で、調整です。





「コンピューターチルドレン」君が長文読解に取り組んでくれ、なんと全問正解! 高得点をマークしてくれました。





ある「おまじない」的なことはしましたが、なぜ彼が心を変えてくれたかは、秘密です(笑)。






入試本番で、実力をいかんなく発揮できる生徒もいれば、こちらも「なぜ?」と思うほど力を出し切れない生徒もいます。






「強気でいけ」と指導しますが、やはりそこには裏打ちされた「努力」が不可欠です。






本番で実力を出せない生徒の多くは、自信がないのです。





勉強を怠けてきた子どもに「自信をもて!」と伝えても、なかなか素直に入りません。





しかし、勉強以外で考えると、部活動に熱心に取り組んだり、家のお手伝いをしたり…。





何より、学校以外の「塾」に連日通ってきてくれました。他の友達がテレビを見たり、遊んでいるときに、学んできたのです。





寒い日も、疲れている日も…。





すべては、この日のためにやってきたのですから、うちの生徒に自信を持てない理由がない子はいません。





これくらいの逞しい楽観主義で、試験当日を迎えてほしいものです





自分自身の力を出し切った子どもは、全員「勝利者」です!

Vクラス物語2



進学コース・Vクラスを作った理由の一つは、「ゆとり教育」です。





この狭い世界だけで、こちらが満足して、生徒にも満足させていいのだろうか? という疑問がありました。





学校で教わる基礎が充分であるなら、もっと広い世界を見せてあげたいと思いました。





さて、第5期に参加してくれたメンバーには、初の試みとなる月一冊の「課題図書」に挑戦させました。






英語と数学の授業はありましたが、国語のVクラスがなかったので、読解力を補ってもらう目的と、






多感な時期を過ごしている彼らですが、あまり読書していないという実態を危惧したからです。





豊かな人間性を育んで貰いたいという願いも込めました。





「何でもいいから読みなさい」では、子ども達も途方にくれるでしょうから、全員こちらで指定した同じ本を読んでもらうことにしました。






できるだけ読みやすいものを選び、読書の歓びを知ってもらおうと思いました。






感想文の提出などはありません(笑)。なので、読んでいなくても私にはばれませんが(笑)、読んでいるか読んでいないかくらいは、子どもの顔を見れば分かります。






Vクラスは、日本一の質と、学費の安い進学クラスだと自負していますが(笑)、中には途中で去っていく子も出てきました。





2つのタイプがあり、一方は勉強についていけない子。英語の授業では、前回学習したことを小テストするので、自宅学習ができない子には苦痛になってくるのでしょう。






もう一方は、私どもが見下されて、他の塾に移るというパターンです。「ここにいたらダメになる」と思うのでしょうか。私から厳しく言わせて頂くならば、15歳の傲慢です。






後者のタイプの生徒の多くは、残念ながら、本を読んでいる形跡がありませんでした。顔色や機微を観察していれば、20年も指導していますから、大体分かります(笑)。






そういう事例が増えてからは、「才能」だけで良い成績を収めている生徒に関しては、Vクラスの参加は慎重に見極めるようにさせて頂きました。






不断の努力をしない生徒は、入試間近に努力を始め、才能?によって力がつくかもしれませんが、






結果的に、私どもの指導によって、人を見下すような子を生むことはしたくないのです。







これは自身への自戒でもあります。人と人を比べるという愚行は、しないという誓いでもあります。






子どもたちには「天才」より、「努力の天才」になって欲しいという願いです。他の生徒より多く学習する時間がある訳ですから、






学問だけでなく、人間学も同時に磨いて欲しいと思っています。






中学を卒業してからのほうが、たくさんの試練の連続です。未来への航海に際しても、荒波を越えていけるような訓練をとの思いで、濃密な時間を過ごしています。






この「課題図書」は、現在の第8期生まで脈々と受け継がれています。読書をする意味は「今は分からなくても後から分かるから、そう信じて、楽しんで挑戦してほしい」と、彼らが忙しいのを承知で伝えています。






その意義は、語るまでもないと存じます。(o^∇^o)ノ




002

神奈川県新入試制度3 <数学>



数学・理科はすでに移行処置で現在の中1,中2生の方は四苦八苦しています





数学の入試は、証明問題が、これまでの穴埋め選択から、自分で完全証明を書くという、





数学が得意な生徒にはやりがいのある骨のあるものになります。





苦手な子には、つらいですね





普段から、ノートを用意し、ワークに書き込むのではなく、全部写して証明を解いていきましょう。





数学が分からなくて、塾に入ってくる生徒は圧倒的に多く、皆さん証明で躓きます。





証明は、合同条件さえ覚えてしまえば、後は訓練するだけで、できるようになります!





神奈川県教育委員会のHPで、出題例が掲載されているので参考にしてほしいです。





三角形だけでなく、平行四辺形・もちろん相似、3年間で習った内容はすべて、おさらいする必要があります。





証明さえクリアすれば、おそらく他の教科よりも、最も過去問を参考にできる入試だと個人的に思います。





問題は、50分という試験時間でしょうか…。





100点満点なので、証明問題の配点はかなり高いでしょう。





面倒くさいからと「証明」を捨てたら、痛い目に遭います。





正面から立ち向かってください!





初めは分からなくても、力がついていけば、愉しくなります。「そんなの嘘だ!」と声をあげるお子さんもいるかもしれませんが、私も実際そうでした。






さて、どの教科も、中2内容が重要になってくる感じです。これまで同様、中3になってから勉強を始めるというのは、明らかに出遅れています。特に今年度からは





新しい学習指導要綱を学習するには、授業時間が足りないんです。





数学は、解らない問題を積極的に質問しましょう! 受け身で「今日は何を教えてくれるんですか?」ではなく。





常に前傾姿勢で取り組んでください





こんなことを勉強して、将来役に立つのか? と疑問を感じながら学んでいる子もいるかと思います。





私から言わせてもらうと、数学は脳の可能性(可動域)を広げる絶好の教科です

神奈川県新入試制度2 <国語>



教育関係者の度肝を抜いたのが、新しい入試に出題される国語の問題です。




1. 長文の要約・・・45字以上50字以内(文章表現能力が問われます)




2. グラフを読み取り、情報を読み取ったり、根拠や考えを述べる(百字以上百五十字以内)




文章を書く能力が中学生に求められるようになりました。





しかし、これは時代の要請です。現在、情報は多く、発信されるものの多くは言葉・文章です。





大学へ進学する際にも、これは必要になってきます(AO入試など)。





メールなどで馴染みはありますが、文章というのはとかく誤解を招きやすく、それ以外にも近年は非難中傷が文章によってされているのをよく目にします。





匿名による、「攻撃」が流行った時期もありましたね。





社会に出ても、文章力は必須です。プレゼンテーションをするにしても、言葉は人の心を動かす大きな手段です。





「理系だから(関係ない)」というのは、明らかに通用しない時代になってきています。





多くの教材会社は、首都圏や全国に展開しているので、神奈川県の入試(国語)に対応した教材は今のところ見当たりません。





これは各塾で、オリジナルの教材が必要であり、





端的に言ってしまえば、塾選びのポイントは、「どういう国語の指導をするのか」に絞ってしまっても過言ではないと思います。





数学や英語等は、指導にそれほど差はないんです。実際のところ…。






中学生にも重い十字架が背負わされる訳ですが、とにかく「今から」多くの書物に触れ、社会的事象に関心をもつ努力をしなければなりません。





原発についてどう思うか? シルバーシートについてどう思うか? 若い世代で投票率が低い選挙に対してどう思うか?





何かしら考えていると思いますが、それを文章に書き起こすという作業が必要です。しかも、中学生レベルの語彙で。





高い配点が予想されます。捨てるには、勿体ないです。





長期的視点で、今から取り組んでいかないといけないこと、11月から取り組むこと、入試前に訓練すること…。

(中学レベルの漢字などは、それこそ早めに終わらせないといけませんよね。古文もなくなることはあり得ませんし)




慌てずに、しっかりスケジュールを立てて、徐々にクリアしていけばいいと思います。





英数学院は、幸いにも、小学生クラスから国語の指導をしています(昨年から脱ゆとり教科書に改訂)。





教科書内容が基本ではありますが、当然、矢印は高校入試に向けられています。





小学校時代に、基礎は育んで頂いておりますので、ご心配はいりません





多くの文物を読むことです。書に触れている生徒には、結局敵いませんね。





小説もいいですが、作文はやはり「新聞」がいいお手本になります。





後、50分という試験時間は障壁になるでしょう。私個人的には、訓練次第です。





英数学院の取り組みは、企業秘密です(笑)。


入試情報説明会



本日、主に中3生の保護者さまを対象に、第1回新高校入試情報説明会が行われました。


003


次回は、満席のため、ご都合がつく方は、25日13:30の回に是非参加して頂ければと思います。





今日は、中3の入試対策や中1・中2後期期末(学年末)試験対策講習など、かなりハードな1日でした





受験生の皆さん、体調に気をつけて、当日に向けてしっかり「調整」をしてください


プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 後期中間テストが近づく
  • OKK私学相談会
  • 研修会
  • 塾の日シンポジウム
  • 英検開催!
  • 英検開催!
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ