Hiro's Work Presented by 英数学院


神奈川県川崎市中原区新城(南武線・武蔵新城駅)にある進学・学習塾 英数学院で働くHiro(長江広紀)の日常や、さまざまな地域事情・受験情報をお贈りします。
また、塾生・保護者の皆様、卒業生へのメッセージも綴ってまいります!


英数学院では、通ってくださるお子様を、一生涯努力する人間に育ててまいります。誰もが無限の可能性を秘めています。しかし、その可能性を開くには努力が不可欠です。「生涯努力の人を育ててまいりたい」と職員一同、学習指導の根底に置いております。
まだ気づいていない「無限の自己の可能性」という大海原に、怯むことなく航海せよ

英数学院 神奈川県川崎市中原区新城5-9-25 TEL 044-788-7556 受付 平日午後2時〜9時  日・祝日お休み 土曜日:不定休
公益社団法人・全国学習塾協会(JJA)、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)、全国学習塾協同組合(AJC)の正会員塾です。 

英数学院 http://www.eisugakuin.com は、超少人数クラス(10名以内)と個人指導(1:2)を併設する学習塾です。創立から51年を迎え、地域で最も老舗であり、小学3年生から中学3年生を対象に(個人指導には高校生も在籍)指導しております。高校受験、殊に公立高校進学を目指す生徒が数多く在籍しております。

英数学院では随時、無料体験を行っております(クラスは1ヶ月、個人指導は2時限)。小学生段階から、高校受験に矢印を向けた指導を行っており、数多くの進学実績を残してまいりました。集団個別方式の小学生英語クラス「のびジャン」や「かな理」(神奈川“入試対策講理科)も好評です。
目の前のことに全力で取り組む姿勢を育むことで、自らの使命を見いだし、将来社会で活躍できる人材の育成を目指します。

どうぞ私たちにお任せください!

神奈川県高校入試問題2017


全体的に易化。

と言えると思います。今回の入試問題。

まず、マークシート方式になったことで、記述問題が減り、択一問題が増えました。

受験生は解きやすかったのではないでしょうか。


私が担当している英語ですが、リスニングが若干難しかったようですが、3年間の学習内容を満遍なく網羅しており、英語力がそのまま点数に現れそうです。読解問題の中では、計算をして出す問題がややこしかったかもしれません。

国語は、論説文がやや難しいという感じです。漢字の書き取りが選択問題になっているなど、時代を感じさせました。


今日と明日で面接(特色検査)があると思います。切り替えて、頑張って欲しいです。

神奈川県公立入試2017 志願変更後の倍率2/8


新城 1.78 住吉 1.49 川崎北 1.23 多摩 1.63 生田 1.09 百合丘 1.11 生田東 1.06 菅 1.23 麻生 1.07
市立川崎 0.92 橘 1.30 高津 1.19 幸 1.19

川崎工科 1.06 向の丘工業 機械科 1.26 建設科 1.17 電気科 1.08 川崎総合科学 情報工学科 1.03 総合電気科 1.08 電子機械科 1.10 建設工学科 1.13 デザイン科 1.33

幸 ビジネス教養科 1.41 市立川崎 生活科学科 1.13 福祉科 1.00 川崎総合科学 科学科 1.41 橘 スポーツ科 1.67 国際科 1.92

県立川崎 1.34 大師 1.15 麻生総合 0.95
 

学年末対策講習!

002
今週土曜日11日は、中1・中2の学年末対策講習です。

また12日(日)は13:30〜17:00の間、自習室を開放いたします。
家で集中できない人は、勉強道具を持って塾に来て下さい。

さあ、頑張ろう!

倍率が発表されました! 神奈川県公立入試2017


新城高校が2倍を超える!(校長先生が変わっただけで、ここまで極端に変わるとは…)

主な倍率は、以下の通りです。

新城 2.02 住吉 1.53 川崎北 1.24 多摩 1.69 生田 0.96 百合丘 1.09 生田東 0.99 菅 1.30 麻生 1.01 市立川崎 0.66 橘 1.28 高津 1.18 幸 0.65

川崎工科 1.01 向の丘工業 機械科 1.54 建設科 1.09 電気科 1.05 川崎総合科学 情報工学科 1.03 総合電気科 1.05 電子機械科 1.15 建設工学科 1.08 デザイン科 1.33 科学科 1.49

幸 ビジネス教養科 1.63 市立川崎 生活科学科 1.15 福祉科 0.97 橘 スポーツ科 1.67 国際科 2.03

県立川崎 1.41 大師 1.05 麻生総合 0.83

自習室 奮闘篇7

003

Be patient! 火打ち石の童話より





patient(ペイシェント) [形]忍耐強い [名]患者





Be patient! 忍耐強くあれ。





みんな、「火打ち石」を知っているかな?





昔、人間は、石と石をぶつけて、火をおこしていた。





バーンと。




burn (バーン)燃える、燃やす





しかし、1回や2回ぶつけただけでは、なかなか火はおこらない。





今日は火がburnする童話を紹介します。






「石からうまれたもの」
レオナルド・ダヴィンチ作




ある石が、火打ち石に叩かれた。




石はとても驚いて、怒った(got angry)。




が、火打ち石は、笑ってこう答えた。




がまん、がまん、がまんが大切。これが がまんできたら、わたしは、あなたの からだから、すばらしい ものを ひき出して あげますよ






石は気を取り直して、忍耐(patience)に徹した。





カチッ! カチッ!






すると自分の中から、素晴らしい火が飛び出した。






バーン(burn)と。






すべての力は、君たちの中に秘められている。






その火を打ち出すものは、自分を鍛えてくれる困難である。






Be patient!  Never give up!





絶対にできる。






受験生の皆さんへ 後篇「勉強はたし算。ひたすら1を足していこう」

受験生へ贈るメッセージ(前回の続き)です。未来は、今この瞬間から皆さんの努力によって変えることができます。(^○^)/ 英数学院 長江広紀
-------------------------------------------------------------------------

・勉強の仕方について

よく聞かれるのですが、実は正解はないのです。それぞれ持っている能力も違えば、性格も異なります。一つだけ言えるのは、地道にコツコツと続けることです。
042才能とは後からついてくるもので、多くの人はそうやって身につけます。一見遠回りと思える作業が、近道であったりします。足し算で例えるなら、「+1」をどれだけ数多く積み上げられるか、です。一気に増やせる[かけ算]のような魔法は存在しません。
ですから、1日も早く受験勉強に取り組んでください。

教科ごとにノートを作ったり、色をつけて工夫したり、重要な部分に線を引いたり、暗記シートで覚えたり…。「目に見える」化して、一つ一つ達成感を生む工夫を考えてください。ただ「読むだけ」だと、形に見えないので、やりとげた感が薄く、逆に長続きしません。

もっと面倒くさくない方法ですか? 世の中の面倒なく出来てしまう多くは、あまり価値がありません。誰でも出来るからです(笑)。自分だけのノート、自分のやりかた、自分なりの長く続けられるコツを見つけましょう。ただし、時間は限られていますから、手遅れにならないうちに!

こうした作業は、将来の仕事のへ取り組み方につながります。例えその知識を必要とする機会がないとしても(そんなことは今分かるはずがありませんが)、一つも無駄ではないのです。全部、大切な財産になるはずです。


・目標を立てた瞬間、人間には必ず試練がやってきます

まずは目標を決めましょう。どの教科で何点取るのか。ただし、背伸びしすぎず、実際の入試問題を知り、頑張れば達成できる数値にしましょう。それを決めたら、受験日から逆算して、一つ一つ細かくやることを決めましょう。さらに1日1日のやることを具体的に決めましょう。人間は弱いので、決めないと惰性に流されてしまいます。「この日は○時〜○時まで、歴史の鎌倉時代を完璧にする」と決めた人は、簡単に誘惑には負けないでしょう。これが決めていない人なら、言わずもがなです。
004それ以外にも体調を崩したり、急用が出来たりと、目標を決めた瞬間に「それをさせないようとする何か」が生じます。こうした自分との闘いを通して、強くなっていってください。そのメンタルが、受験日当日の自信だったり、負けない気持ちに変わります。やりきっていない人は、必ず不安が生じます。

もし、悩みや相談があれば遠慮なく言ってください。泣きたい時があれば、いつでも一緒に泣きます。

過去は変えられませんが、未来は今この瞬間からあなたの努力次第でいくらでも変えられます。それを受験という経験で一人でも多くの人に知ってもらいたいです。受験生全員の健康と成長、大勝利を祈ります。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

受験生の皆さんへ 前篇「人間の脳は穴のいくつか空いたバケツです」(武蔵新城・英数学院)

受験生の皆さんへ、メッセージを書きました。
伝えたいことはたくさんあります。長いので、抜粋を掲載いたします。(^○^)/

------------------------------------------------------------------

027個人的に受験は、人生の中で最も自分を鍛えられた経験の一つです。志望校合格という目標は勿論重要ですが、そこへ至る過程の中でどれだけ自身の壁や限界を打ち破れたか。そういった人間的成長こそ実は大事ではないか、その経験がこれからの人生で起こるさまざまな問題を乗り越え強さとなるのではないかと考えています。

・受験勉強について

学校の定期テストは範囲が決まっており、多くの人は試験範囲の発表から短期間で猛烈に取り組んだと思います。入試は小学校6年・中学3年間で学習したすべてが範囲であり、これまでの取り組み方とは変えなければならないのはお分かりでしょう。学習した内容がピンポイントで出る確率は少ないです。しかし、学んだことからしか答えは出せません。出来る限り多くの知識をインプット(読む、知る、考える)し、アウトプット(まとめる、書き出す、図や自分の言葉にする)するというサイクルを増やしましょう。


・人間は忘れる生き物です

皆さんは若いのであまり自覚していないと思います。例えて言うなら人間の脳は「穴がいくつか空いたバケツ」です。2時間学習してバケツをいっぱいにしたとしましょう。翌日には、バケツの中に入っていた水が少なくなっています。翌々日には、さらに水は減っているでしょう。なくなった水を常に補充しながら、さらに多くのバケツに水を入れていくことが勉強です。「反復」・「継続」こそ、膨大な範囲を定着させるのに必要な作業なのです。「1度やったから大丈夫」というのは妄想です(笑)。根気の要る作業ですが、これに尽きると思います。


see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

石虎将軍


一念の強さこそ、不可能を可能にします。今日はそんなエピソードをご紹介します。(^○^)/

--------------------------------------------------------------------------

昔、中国の漢の時代に李広(りこう)という人がいた。李広の父は幼少の時に亡くなっていた。

李広は成長して大きくなると、母に「人には皆、父がいるのに、なぜ自分にはいないのですか」と尋ねた。母は泣く泣く、「父が無くておまえが生まれるわけがない。父はおまえが小さい時、虎に食われた。今思っても哀れなことだ」と言って悲嘆の涙にくれてしまった。
李広はこれを聞いて一度は悲しみ、一度は怒って、「我、男と生まれた以上、父のあだを取らないわけにはいかない。敵(かたき)と共に同じ天を仰ぎたくない(必ず殺してやる)、ぜひとも復讐したい」と心に誓った。

042これより毎夜、虎のいそうな野辺に忍びでてチャンスを伺っていた。そして、ある日の夕暮れ、草むらをかすかに見渡すと一匹の虎がうずくまっていた。李広は大いに喜び、これこそ父の敵と矢を放った。すると手ごたえがあり、矢は突き刺さった。

李広は「あら嬉しや、日頃の念願が成就した」と喜んだが、近付いてみるとこれはどうしたことか、虎ではなく一つの大きな石であった。しかも矢は羽ぶくらを過ぎた所まで刺さっていた。李広は大いに驚き、我が弓勢が勝れているから矢じりが立ったのかと思ったが、あまりにも納得がいかなかったので、石が柔らかかったからかと思い、試しにもう一度矢を放ったが、矢じりが砕けて飛び散ってしまった。

さては初めの矢が立ったのは父の敵(かたき)の虎と思う念力が岩を通したのであろうと、大いに感嘆して帰宅したのであった。これより李広を石虎将軍と呼ぶようになった。

see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪

自習室 奮闘篇6


002

本日も、入試直前対策講習です。

風がかなり強いです。

どうか風邪などひかれませんように。

001

自習室では、今日も受験生たちが頑張っております。
プロフィール
livedoor 天気
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

モブログ
ギャラリー
  • 学年末対策講習!
  • 自習室 奮闘篇7
  • 受験生の皆さんへ 後篇「勉強はたし算。ひたすら1を足していこう」
  • 受験生の皆さんへ 後篇「勉強はたし算。ひたすら1を足していこう」
  • 受験生の皆さんへ 前篇「人間の脳は穴のいくつか空いたバケツです」(武蔵新城・英数学院)
  • 石虎将軍
最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
小学3年生からの公立高校受験に矢印を向けた地域密着型進学・学習塾。1対2の個別指導と1クラス10名以内の超少人数制クラス。最新の地域事情、教育情報、塾生へのメッセージをお送ります(^○^)/。
  • ライブドアブログ